Monumento

歴史と文化を考えよう 江東区指定有形文化財(歴史資料) 横綱力士碑

hanacoco

2015/12/08

タグ: 江東区教育委員会 相撲 陣幕久五郎 勧進相撲 東京都 江東区

案内板

auto-translate Koto-ku designated tangible cultural property (article history) thinking about the history and culture yokozuna rikishi Memorial
HOPA jinmaku (jinnmaku) / Shiranui monument two Moon stone (jitsugetsuishi) endowed monument consolidation donated monument foundation stone fish but two stone pillars Foundation under the tamagaki
Tomioka 1-20-3 Tomioka hachimangu shrine
Convey the yokozuna rikishi Memorial is awarded the Grand Champion sumo wrestler and sumo wrestling history during the Edo period the last yokozuna 12 teen jinmaku kyūgorō Center and was built in 0/1900. Sumo has been popular since ancient times developed into kanjin (conducted for temples and shrines, repair) of the shogunate official recognition during the Edo period, as was held in Osaka, Kyoto, and Edo. Admitted for the first time kanjin Zumo in the Edo shogunate was the Tomioka Hachiman shrine 0/1684 (1684). Then year of meiwa (1764-71), counted 31 times to.
In that sense, the Tomioka hachimangu shrine is birthplace of the sumo-wrestling promoters.
Yokozuna rikishi Memorial celebrates the Majesty's jinmaku erected at the same time, Shiranui monument and surrounding stonework (fish but pillars and foundations under the tamagaki taishou era end.), as well as valuable cultural assets indicates the relationship between Sumo and area.
2/2004 Koto City Board of education

auto-translate 江东指定有形文化财产 (第条历史) 思考历史和文化的横纲力士纪念
鸿邦中 jinmaku (jinnmaku) / 不知火纪念碑两个月亮 (jitsugetsuishi) 赋予的纪念碑巩固捐赠的纪念碑基金会石头鱼但两根石柱基础下玉垣
富冈 1-20-3 富冈八幡宫
传达横纲力士纪念馆被授予冠军相扑选手和相扑历史江户时期最后一横纲 12 青少年 jinmaku kyūgorō 中心和始建于 0/1900年。
从古至今发展成 kanjin (为寺庙和神社,修复进行) 的幕府正式承认江户时期,由于举行在大阪、 京都、 江户,相扑已流行。 承认第一次 kanjin Zumo 在江户幕府为富冈八幡神社 0/1684年 (1684)。 然后明和 (1764年-71),年到计数 31 倍。 在这个意义上说,富冈八幡宫是相扑运动发起人的发源地。
横纲力士纪念庆祝陛下的 jinmaku 在同一时间,不知火纪念碑竖立和周边乃至宝贵的文化资产的石雕 (鱼但支柱和基础下玉垣太守时代结束。),指示相扑和地区之间的关系。
2/2004
江东市教育局

歴史と文化を考えよう 江東区指定有形文化財(歴史資料) 横綱力士碑
附 陣幕(じんまく)・不知火(しらぬい)顕彰碑二基 日月石(じつげついし)寄附碑 地固め寄附碑 土台石垣 魚かし石柱二本 土台下玉垣
富岡一ー二〇ー三 富岡八幡宮
 この横綱力士碑は、横綱の顕彰と相撲 の歴史を伝えるため、江戸時代最後の横綱第十二代陣幕久五郎 が中心となり、明治三十三年に建てられました。
 古くから庶民に親しまれてきた相撲は、江戸時代には幕府公認の勧進相撲(寺社修復などを目的に実施)へと発展し、大坂・京・江戸で興行として開催されました。幕府がはじめて江戸での勧進相撲を認めたのは、貞享元年(一六八四)の富岡八幡宮境内でした。その後、明和年間(一七六四~七一)には、本場所三十一回を数えました。その意味で、富岡八幡宮は江戸勧進相撲の発祥地といえます。
 威容を誇る横綱力士碑は、同時期に建てられた陣幕・不知火顕彰碑や周辺の石造物(魚かし石柱、土台下玉垣は大正末ごろ)とともに、相撲と地域のつながりを示す貴重な文化財です。
平成十六年二月
江東区教育委員会

テキスト化

tenma
2015-12-13 09:16 (467)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/12/08)
タグ: 陣幕久五郎 勧進相撲 明石志賀之助 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/08)
タグ: 江東区教育委員会 水盤 大田正義 藤原正義 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/08)
タグ: 伊能忠敬 東京都 江東区
sanpocafe (2014/11/22)
タグ: 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/08)
タグ: 東京都 江東区
kunitenten (2016/04/03)
タグ: 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: 東京都 江東区