Monumento

史跡鐙ヶ淵と観音堂

kawa_sanpo

2015/12/12

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Trail Stirrups Fuchi and Kannon-do
One, because the square here was similar to the Stirrup that form in river source leaves Fuchi since ancient times more and stirrup month is often referred to was. The through the cliff-top Temple first mountain, Hall said, people came. Gohonzon said snake Liu Ruyi wheel Avalokiteshvara and the hungry basket (s) in a rather unusual picture Buddha womb reportedly yokawa, mind control made at the request of the mid-Heian period.
Old children, new baby, miracle and that sprang up in women who. One said that there is old willow tree beside the Fuchi, touched the tree threw himself remember ourselves in the aspirations of the pure land. People it called fear and who takes willow, he stayed away from. After a cut by Holy monks and the statue of Gohonzon of Stirrups.
More (Stirrups Chapel stands for good luck) One said that if according to the legendary Tokugawa Ieyasu pray for victory for the Stirrups of Fuchi sank.
More (Stirrups Chapel stands for good luck)
One famous for brilliant journey 10th side Hall 19 tōkaidōchū hizakurige III in Stirrup month Fuchi song is written.
Here under the saddle Stirrup is Fuchi would
Given I also put and pass without Dedication of, Matsumoto Hiroshi, y., shimoyama Kaoru, shigeta Haruo and Maruko ya, parishioner caretaker everyone

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 雷马镫富池大和观音做

一,因为在这里的广场上类似于窗体在江源叶富池大因为古代更多和马镫月经常提到的马镫是。
通过崖顶寺的第一山,霍尔说,人来了。 本尊说蛇刘如意轮观音菩萨和饿篮 (s) 在一个相当不寻常的图片佛子宫据说与川,年年平安时代的要求而作出的精神控制。 岁儿童、 新宝贝,奇迹和那如雨后春笋在妇女的人。
一说扶乩旁边有棵老柳树感动了那棵树投自己记得自己在净土的愿望。 它叫做恐惧的人和谁以柳树,他呆在远离。 后被神圣的僧侣和本尊的马镫的雕像切穿。 更多 (好运马镫教堂站)
一个说︰ 是否根据传奇德川家康祈求富池大马镫的胜利就下沉了。 更多 (好运马镫教堂站)
一著名的辉煌旅程 10 侧厅 19 tōkaidōchū hizakurige 在马镫月富池大歌第三种是书面。
在这里下马鞍马镫是富池大将
给我也穿,没有通过
奉献,松本博,保华、 shimoyama 薰、 shigeta 春和丸子崖,教民看守每个人

史跡鐙ヶ淵と観音堂

一、此処の広場は、元葉梨川の渕でその形が馬具の鐙に似ていたので古来より鐙ヶ渕と呼称されていた。
一、崖上の観音堂は通称山之堂と言われ人々に親しまれて来た。御本尊は、蛇柳如意輪観世音菩薩と言いお腹篭りという珍らしい尊像で胎内仏は平安時代中期の名僧で恵心僧都の御作と伝えられる。昔から子宝、安産等に霊験あり婦人の参詣者が絶えなかったという。
一、昔、渕のかたわらに柳の大木が有りその木に触れたものは浄土往生の志を覚え渕に身を投げたという。人々はこれを「人取り柳」と呼び恐れて近づかなかった。後に聖僧により切り取られ一体の観音像として鐙堂の御本尊となる。(鐙堂略縁起より)
一、伝説に依れば徳川家康は戦勝祈願の為、愛用の鐙を渕に沈めたという。(鐙堂略縁起より)
一、弥次喜多道中で有名な十辺舎一九は東海道中膝栗毛三編の中で鐙ヶ渕の歌を詠んでいる。
ここもとは鞍のあぶみが渕なれば
踏んまたがりて通られもせず
奉納者・松本宏雄・下山 薫・重田春男・丸子丁子屋・檀家世話人一同

テキスト化

tenma
2017-01-27 10:01 (435)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/12/12)
タグ: 東海道 東海道中膝栗毛 旧東海道 auto-translate 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
タグ: 宿場 藤枝宿 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
タグ: 宗尊親王 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
タグ: ocr-generated 静岡県 藤枝市