Monumento

大山燈籠

sanpocafe

2014/09/08

タグ: 大山 大山詣 御師 大山講 講 神奈川県 川崎市高津区

案内板

auto-translate Oyama Lantern
Oyama mountain located in Central Kanagawa Prefecture, 1,246 meters, annual rainfall of many, also known as it's raining mountain.
Afuri shrine is located at the Summit, commonly known as ooyama collectively, both fudoson's famous big temple on a hillside in from of old as gods of agriculture, thriving business, performing arts skills to the citizenry of agriculture and commerce in thick faith was.
Afuri shrine priests and the Oyama Temple, priests, such as the master, the master has a specific assigned area in the Kanto region, worked for the organization making Daisen faith missionary and groups of Oyama I patrol the villages.
Oyama faith became popular in mid Edo culture has developed, with visits climbing in Edo citizens organizing Oyama take many.
Stroke Street Oyama road from Edo, is on the subject of rakugo isehara indiscretions Oyama mountain shrine after straight out in Hiratsuka then visit landmarks such as Kamakura Enoshima Fujisawa Kanagawa than in Shinagawa, change to Edo was in Edo citizens serving as ooyama pilgrimage, three and four night sightseeing trip.
To Southwestern Bell sounds, sound far from night Oyama Kaido, futako-Juku and Mizoguchi accommodation tourists of Oyama visiting us.
Believed it always rained you praying for rain and old afuri shrine is worshipped as the God of agriculture, particularly drought followed as ooyama fact rain I wonder and rain fell, because of this in each village we organized groups of Oyama early followers every July to 26, mountain village specific location Oyama Lantern built 8/27 up everyday and night and lit a Votive candle.
Standing along the road of Daisen Daisen Lantern was also signpost Oyama anytime through the night. This lantern is built futago shrine before takatsu old village was, in the summer events at that time in life.

In made from Japanese cypress in the late Taisho era and reconstructed in the old light bulb with light, built in futago pass field, had been in oil, candle Lantern. The silhouette of this plate of one Oyama.

auto-translate 大山灯笼

大山山位于中央的神奈川县,1,246 米,年降雨量为很多人,也被称为山下雨。
Afuri 靖国神社坐落在首脑会议上,俗称 ooyama 集体,两南的著名大寺从老作为神的农业、 生意兴隆、 演艺技能对全体公民的农业在一个山坡上和商务在厚厚的信仰了。
Afuri 靖国神社祭司和大山寺,祭司,这样的大师,大师都有特定的分配在关东地区,面积为制作大仙信仰传教士和大山组该组织工作我巡逻的村庄。
大山的信仰成为了流行的中期江户文化发展,攀爬在江户的访问公民组织大山带很多。
中风街大山路从江户,rakugo 伊势原轻率大山山祠的主题直出平冢然后访问地标,如江之岛镰仓藤泽神奈川县比在品川,更改到江户在江户公民担任 ooyama 朝圣之旅后, 三个和四个晚上观光之旅。
向西南贝尔的声音、 声音不夜大山街渡、 二子补习和大山的沟口住宿游客拜访我们。
相信总是下雨了你求雨和旧 afuri 靖国神社作为农业之神的崇拜,尤其是干旱的跟随作为 ooyama 的事实雨我不知道,雨倒台了,这在每个村庄,我们有组织集团的早期追随者到 26,山村庄具体位置大山灯笼每年 7 月建成 8/27 每天都和夜和点燃蜡烛的大山。
站在路边的大仙大仙灯笼也是路标大山随时通过夜。
这盏灯是建双子神社前高津川老村庄,在夏天事件在当时在生活中。在晚大正时期由日本柏树和在旧灯泡的光与重建,建在双子密码字段,已在石油,蜡烛的灯笼。

此板的一个大山的轮廓。

大山燈籠

 大山 は神奈川県中央部にある山岳で標高1,246メートル、年間降雨量が多く雨降山の別名がある。
山頂に阿夫利神社があり、山腹に不動尊で有名な大山寺がある、両者を総称して一般に大山様と呼ばれ、古くから農業、商売繁盛、技能芸能の神仏として農工商の庶民に厚く信仰された。
 阿夫利神社の神官や大山寺の社僧を「 御師 」といった、御師は関東一円に特定の受持ち区域を持ち常々村々を巡回し大山信仰の布教と 大山講 の組織作りにつとめた。
 大山信仰がさかんになったのは江戸文化が発達した中期頃からで、江戸市民は多くの大山 を組織して集団で登山参拝した。
 落語の題材にもなっているように、江戸から大山街道を通り伊勢原に至り大山登山参拝後は一路平塚に出て、江の島 鎌倉 藤沢等の名所旧跡を見物し神奈川より舟で品川に渡り江戸に変える行程は、江戸市民が 大山詣 を兼ねた、三、四泊の観光慰安旅行であった。
 往来する大山詣での鈴の音は夜の大山街道に遠くからひびき、二子宿や溝口宿は大山詣の御客でにぎわった。
 古くから阿夫利神社は農業の神として信仰され、特に日照りが続くと大山様に雨乞いすればかならず雨が降ると信じられた、事実雨乞いすれば不思議と雨が降った、このため各村々には早くから大山講が組織され信者は毎年七月二十六日の山開きには村内一定の場所に大山燈籠を建て八月二十七日まで、連夜かかさず灯明をつけた。
 大山街道沿いに立つ大山燈籠は夜間通過する大山講中の道標ともなった。
 この燈籠は当時の夏の風物詩であった、旧高津村が二子神社前に建てた実物です。総桧造りで大正末期に再築されたもので電球で灯明した、その昔は二子の渡場に建てられ油、ローソクで灯明されていた。

※ このプレートのシルエットは大山を模したものです。

テキスト化

sanpocafe
2014-09-08 18:43 (754)
sanpocafe

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

sanpocafe (2014/09/08)
タグ: 多摩川 徒歩船 馬船 神奈川県 川崎市高津区
wawa (2017/04/09)
タグ: 神奈川県 川崎市高津区
sanpocafe (2014/09/08)
タグ: 大河ドラマ 石川五右衛門 神奈川県 川崎市高津区
kawa_sanpo (2015/04/12)
タグ: 新田義貞 足利基氏 新田義興 由良兵庫助 東京都 世田谷区