Monumento

菊池寛 旧宅跡

hanacoco

2015/12/23

タグ: 豊島区教育委員会 菊池寛 文藝春秋 東京都 豊島区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Pond, old scars Kikuchi was born in Takamatsu-Shi, Kagawa in the 12/26 0/1888 (1888). Drama "my father home", has established itself in the literary world in works such as the novel the diary of 無名作 House, "Chu-direct Lord doings".
Efforts to nurture their first published magazine "Bungei shunshu. 0/1923 (1923), and 0/1935 (1935) founded the Akutagawa and Naoki Prize, said a leading figure in the literary world. Ryokan 0/1923, from here as lived near zoshigaya month Valley gold mine, but moved here to 0/1937 and spent the end of his life here.
Showa (d) 3/6/3 death.
"Faithless heart characterize things non-open minded 不知事.
(Real heart do not thing simpletranslator, if you're open minded rightly thing knowing), also known as kan's motto.
11/1999 Tokyo, Toshima City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 池塘,旧伤痕

菊池生于 12/26 0 香川县高松仕/1888年 (1888)。 戏剧"回家我的父亲",在确立了作品,如小说中的文学世界的無名作日记里的房子,"楚直接主行为"。 努力培养他们第一次出版的杂志"shunshu.0/1923年楸树 (1923 年),和 0/1935 年 (1935 年) 成立的芥川龙之介和直树奖,说文学世界的头面人物。
旅馆 0/1923 年,从这里作为住在附近 zoshigaya 月谷黄金矿山,但到 0/1937 年搬到这里,度过了他生命的最后在这里。 昭和 (d) 3/6/3 死亡。
"嗳心刻画事物非开放头脑不知事。
(真正的心做不的事情 simpletranslator,如果你正确地是开明的事知道),也称为菅直人的座右铭。
11/1999
东京都丰岛区市教育局

菊池寛 旧宅跡

 菊池寛 は、明治二一年(一八八八)一二月二六日に香川県高松市に生まれた。戯曲「父帰る」、小説「無名作家の日記」、「忠直卿行状記」などの作品で文壇の地位を確立した。その後、大正一二年(一九二三)に雑誌「文藝春秋」を創刊、昭和十年(一九三五)芥川賞・直木賞を創設するなど、後進の育成にも尽力し、文壇の大御所と言われた。
 寛は大正一二年以来、当地から程近い雑司ヶ谷金山に居住していたが、昭和一二年に当地に転居、晩年までここで過ごした。昭和ニ三年三月六日没。
 「不実心不成事 不虚心不知事」
(実心ならざれば事成さず、虚心ならざれば事知らず)は、寛の座右の銘として知られている。
平成十一年十一月
東京都豊島区教育委員会

テキスト化

tenma
2016-05-16 12:29 (314)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/01/17)
タグ: 1746 1334 柳下若狭 新篇武蔵風土記 東京都 文京区
kunitenten (2016/05/13)
タグ: 文京区教育委員会 坂 窪田空穂 大町桂月 auto-translate 東京都 文京区
gotosheng (2016/12/26)
タグ: 坂 東京都 文京区
gotosheng (2016/12/26)
タグ: 坂 東京都 豊島区