Monumento

貴船神社

osawagase

2014/09/09

タグ: 新編武蔵風土記稿 高龗神 豊多摩郡神社誌 杉並区教育委員会 東京都 杉並区

案内板

auto-translate Kibune shrine We are out of Sakai Izumi Kumano shrine is at the end.
Shinpen Musashi fudoki in the article wrote syoushi eastward to stand and lean ground further, and to the North of the village of Edo era.
Temple is said in the company of first annual 1264-75 details is not clear. Is high 龗 God. Said this God Dragon God of rain water in mountain and Valley or river the in1632-stop rainy in spiritual power.
The company is reportedly co of yamashiro province (now Kyoto), was worshipped as a God promised the fertility and dominate this water kibune shrine. And ponds within the villagers in1632 place but never once in any persistency tsyu, called "Mitarai Koike", and from the abundant spring water "Izumi" place names are derived from this pond said. Also water quality is very good and Yutaka Tama County shrine journal is ' village 往昔 Cono wells sake Springs show, saying of desire ' with tells the legend. This legend is handed down today, too.
But even this spring due to renovation of the Kanda River and surrounding land development is 0/1965 I have run dry.
Was our only syoushi "wooden thatched the frontage four Shaku, depth three shakus" in the Taisho era, backed by Izumi region people since ancient times, has reached today.
The main current shinmei shrine is built stone monument commemorating the dedication in the construction of the 0/1961.
The Festival is the 5/5.
3/1989 Suginami ward Education Board

auto-translate 贵船神社
我们现在没有 Sakai 泉熊野神社是在结束了。Shinpen 武藏 fudoki 在文章中的写道向东 syoushi 站和精益地面进一步,和北部的村庄,江户时代。
寺说在公司的第一次年度 1264年-75 的细节尚不清楚。
是高龗神。说此神龙神雨中的水山和谷或河 1632 年被停多雨的精神力量。本公司据说是 co 的山城省 (现在的京都),被崇拜作为神应许生育力和主宰这水贵船神社。
池塘内村民 1632 年被放置,但从来没有一次在任何持久性 tsyu,被称为"御手洗小池荣子",并从丰富的温泉水"泉"地名都源自说这个池塘。此外水质量是非常好和丰多摩县神社杂志是村庄往昔柯诺井的缘故泉秀,说的欲望的传说中。这个传说被传下来的今天,太。但即使这个春天的神田河和周边土地开发改造是 0/1965年我已经干涸。
是我们唯一的 syoushi"木制茅草临街四释宗,深度三 shakus"大正时代,从古至今,由泉地区人民支持达到了今天。
主要当前神明神社建石座纪念碑,纪念在施工中,0/1961 年奉献。
这个节日是 5/5。
3/1989
杉并区病房教育理事会

貴船神社
 当社は和泉熊野神社の境外末社です。『新編武蔵風土記稿』は江戸時代の当社の姿を「除地一段、村の北の方にあり、小祠を東向に立つ」と記しています。
 創建は社伝では文永年間(一二六四~七五)ともいわれますが、詳細は明らかではありません。
 祭神は高龗神 です。この神は山・谷あるいは川にすむ雨水をつかさどる竜神で、雨乞・止雨に霊力があるといわれています。当社はこの水を支配し豊饒を約束する神として信仰されていた、山城国(現京都府)の貴船神社の祭神を勧請したものと伝えられています。
 境内の池は“御手洗の小池”と呼ばれ、かつてはいかなる干天にも涸渇することがなく、村民の雨乞を行う場所であり、その豊富な湧水から“和泉”の地名は、この池に由来するともいわれています。また水質も大変良かったようで『豊多摩郡神社誌』は「里人は往昔此井より清酒を湧出せしなど云伝ふ」との伝説を伝えています。この伝説は今日も語りつがれています。しかし、この湧水も神田川の改修工事や周辺の宅地化にともない、昭和四十年頃以後は水が涸れてしまいました。
 当社は大正時代においても「木造萱葺、間口四尺、奥行三尺」という小祠にすぎませんでしたが、古くから和泉地域の人々の厚い信仰に支えられて今日に至っています。
 なお、現在の神明造りの本殿は昭和三十六年の造営で、落成を記念した石碑も建てられています。
 祭礼は五月五日です。
   平成元年三月
杉並区教育委員会

テキスト化

monumento
2014-09-09 10:45 (613)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/11/08)
タグ: 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2014/11/03)
タグ: auto-translate 縄文時代 向山遺跡 古墳時代 善福寺川 江戸時代の遺構 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2014/11/03)
タグ: 関東大震災 熊野神社 大屋津姫命 五十猛命 抓津姫命 妙法寺 新篇武蔵風土記稿 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/12/11)
タグ: 浄土宗 杉並区教育委員会 孔子 釜寺 念仏山東運寺 阿弥陀如来像 身代り地蔵尊 1573 一安上人 安寿と厨子王 鈴木伊兵衛 1701 祐梵上人 山椒太夫 1689 楷樹 1651 東京都 杉並区