Monumento

ocr-generated 平成二十一年二月

hanacoco

2015/12/26

タグ: ocr-generated 東京都 台東区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 平成二十一年二月
に指定されている。
うえのとうしょうぐう
前に並ぶ銅燈籠四十八基と合わせて国の重要文化財
初期の権現造りで、華麗荘厳を極めている。
貴重であることから、参道入口の石造明神鳥居、唐門
「唐門、透塀は社殿とともに構造、様式が優れており
台東区 教 育 委員会
権現造りという。社殿は都内でも代表的な江戸時代
手前より拝殿、幣殿、本殿からなり、その様式を
いるが、ほぼ当初の姿を今に伝える。社殿の構造は、
家光が大規模に造り替えたもので、数度の修理を経て
「現在の社殿は、慶安四年(一六五一)、三代将軍
家康を祭る神社を東照宮と呼ぶようになった。
正保二年(一六四五)に宮号宣下があり、それ以後
創建ともいう。もとは「東照社」と称していたが、
あるいは寛永四年(一六二七)、宮祠を造営したのが
を造った。これが上野東照宮の創建といわれている。
の中に、徳川家康を追慕し、家康を祭神とする宮祠
藤堂高虎(
一五五六~一六三〇)は上野山内の屋敷
上野東照宮(国指定重要文化財)
台東区上野公園九番
UENO TOSHOGU
Todo Takatora (1556 - 1630) constructed a shrine dedicated to Tokugawa Ieyasu on
the grounds of his residence on present-day Ueno Hill. This is said to be the beginnings
of Ueno Toshogu, One theory places the year of its construction at 1627. It was
originally called Toshosha, but was renamed Toshogu in 1645 when it was officially
recognized as a shrine dedicated to the founder of the Tokugawa Shogunate.
The current building was rebuilt in 1651 by lemitsu, the third Tokugawa Shogun. It
has gone through several renovations since then, but for the most part retains its
original form. The shrine follows the Gongen style of architecture, with separate
structures for pilgrims and for rituals, in addition to the main shrine building. Its
austere but exquisite features make it one of the most representative examples of early
Edo Congen architecture still standing in Tokyo.
Because of their historical value as well as superior form and structure, the
Storicat
e
in Tok
representine buila

テキスト化

monumento
2018-03-28 12:55 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 佐久間大膳亮勝之 東照宮 織田信長 佐久間盛次 柴田勝家 北条氏政 豊臣秀吉 徳川家康 燈籠 南禅寺 熱田神宮 日本三大燈籠 東京都 台東区
hanacoco (2015/12/26)
タグ: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2015/01/20)
タグ: 原子爆弾 1945年 東京上野東照宮 8月6日 8月9日 auto-translate 広島の火 平和の火 東京都 台東区
monumento (2014/03/18)
タグ: 釈迦如来 堀直寄 釈迦如来像 釈迦如来坐像 パゴダ 東京都 台東区