Monumento

駿府九十六ヶ町のうち 新谷町(しんがいちょう)

kawa_sanpo

2015/12/27

タグ: 駿河記 静岡県 静岡市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Office of the 96 months town new tanimachi (shinngaichou)
About the origin of the town name, Suruga Chronicles for the geography of the Edo period, "Shintani said in-home indefinite because name under" and is written.
New tanimachi was small carding-House of representatives / shrine in Edo period.
Small carding shrine, Konya-Cho, originally I was enshrined in sunpu Castle co-existed in the to new tanimachi moved to 0/1631 (一六三一).
0/1675 (1675), moves from new to Konya-Cho, but afterwards new tanimachi shrine site megsaiwai of the Mikoshi small carding Festival,.
According to 0/1692 (1692), Shun WA town number home number and number sense books was at that time new tanimachi home number is eight, number 75, 0/1945, and was reformed to tenma-Cho and Miyuki-Cho, tanimachi new town no longer.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 办公室的 96 个月镇新谷町 (shinngaichou)
关于起源的小镇的名字,骏编年史地理学的江户时代,"Shintani 说居家无限期因为名称下"写成。
新谷町是代表的小梳房子 / 靖国神社在江户时代。
小梳神社,科尼亚町,最初我载于桑普移到 0/1631 (一六三一) 对新谷町中共同存在的城堡。
0/1675年 (1675 年),从移动新到科尼亚町,但之后新谷町神社网站 megsaiwai 的小梳节,神舆。
根据 0/1692年 (1692),顺洼镇数家数和数感书当时新谷町家的电话号码是八,数 75,
0/1945 年,和天马町和谷町新市镇不再鸠山幸町进行了改革。

駿府九十六ヶ町のうち 新谷町(しんがいちょう)
 町名の由来については、江戸時代の地誌『駿河記』に、「新谷氏の居宅ありしゆえに名づく」と記されています。
 新谷町には江戸時代の一時期、小梳(おぐし)神社がありました。
 現在、紺屋町に鎮座する小梳神社は、もともとっ駿府城三ノ丸内に祀られていましたが、寛永八年(一六三一)に新谷町へ移されます。
 延宝三年(一六七五)には、新谷町から紺屋町へ移転しますが、その後も小梳神社の祭礼には、新谷町の神社跡地へ、神輿の巡幸がありました。
 元禄五年(一六九二)の「駿府町数家数・人数覚帳」によると当時の新谷町の家数は八軒、人数は七十五人でした、
 昭和二十年、伝馬町と御幸町へ改編され、新谷町の町名はなくなりました。

テキスト化

tenma
2015-12-29 15:55 (323)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 勝海舟 徳川慶喜 西郷隆盛 山岡鉄太郎 鉄舟 静岡市教育委員会 有栖川宮熾仁親王 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
タグ: 伝馬町 静岡宿 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 徳川家康 平田篤胤 今川義元 駿府城 小梳神社 少将井宮 なをりその記 松平左近太夫 新庄道雄 静岡県 静岡市