Monumento

仁王門 目黒区指定有形文化財(建造物)

hanacoco

2015/12/30

タグ: 仁王像 仁王門 徳川綱吉 竹姫 目黒区教育委員会 1735 東京都 目黒区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kings gate Meguro-Ku, designated tangible cultural property (buildings)
Specify 2/12/1980

Meguro 5-24
This Deva Deva and was donated by Shogun tsunayoshi's daughter bamboo Princess 0/1735 (1735) which was erected in the are.
8.5 m (28 feet) longitudinal span 4.3 m (14 feet), high 9m(29.6 Shaku) MIMA House eight feet gate gabled buildings hongawara type copper plates (fukikae from thatched 0/1931) cylinder is a zelkova wood. 0/1735 higashiwaki between the NIO guardian statues of hohashi Iwami, back to jikokuten, Davolio for the zochoten image is enshrined in the sides between the front and both reportedly work of unkei. Also on the inside of the Center encompasses 2 beast God Kirin, back to the hippocampus in front of.
The Zodiac carved in the head kanjo 蟇股, shows the direction.
Feel the Verve has decorated each Rainbow beams, wooden nose, ancon, 蟇股 渦紋, Wakaba striated engraving, retains the character of the mid-Edo period architectural style of the kiwari, detail painting like features.
Are several repair and renovation during a long period of time, shaft, braided, detail painting like to change without saving first appearance.
3/1993
Meguro City Board of education
--- Tokugawa tsunayoshi

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 国王门目黑区,指定有形文化财产 (建筑物)
指定 1980/2/12
目黑 5-24

这 Deva Deva 和由幕府将军纲吉的女儿竹公主捐赠 0/1735年 (1735 年),建成的。
8.5 米 (28 英尺) 纵向跨度 4.3 米 (14 英尺),高 9 米 (29.6 释) MIMA 房子八尺门门式建筑 hongawara 型铜板块 (fukikae 从茅草 0/1931 年) 缸是榉木木材。
0/1735年东胁之间 NIO 监护人雕像的法桥石见,回到 jikokuten,李小明 zochoten 图像据报载之间的前后两面工作的运庆。 此外在中心里面包括 2 野兽神麒麟,回到前面的海马。 生肖雕刻在头昭和村蟇股,显示方向。
感觉神韵有装饰每个彩虹梁,木制的鼻子,肘,蟇股渦紋,若叶横纹肌雕刻,保留中期江户时期的建筑风格 kiwari,细节绘画像功能的字符。
有几个维修和翻修时间轴,编织,长时期细节绘画像更改而无需保存第一次出现。
1993 年 3 月
目黑市教委
---
德川纲吉

仁王門 目黒区指定有形文化財(建造物)
昭和55年2月12日指定
中目黒5-24

 この仁王門仁王像 とともに、享保20年(1735)の建立で、五代将軍綱吉の息女竹姫 が寄進されたものです。
 桁行8.5m(28尺)梁間4.3m(14尺)棟高9m(29.6尺)三間一戸八脚門切妻造本瓦型銅板葺(昭和6年茅葺よりふきかえ)円柱は欅材です。
 正面の両脇間に享保20年法橋石見作の仁王像、背面の東脇間に持国天、西脇間に増長天像が安置され、ともに運慶の作と伝えられています。また、中央間の内側には正面に麒麟、背面に海馬の二獣神を配しています。なお、頭貫上の蟇股には十二支が彫られ、方位を示しています。
 各虹梁、木鼻、肘木、蟇股に施された渦紋、若葉紋の彫りは力強さを感じさせ、木割、細部絵様等の建築様式の特徴は江戸中期の性格を留めています。
 長い年月の間に幾度か修理・改修されていますが、軸部、組物、細部絵様等に変化なく創建当初の姿を保存しています。
平成5年3月
目黒区教育委員会
---
徳川綱吉

テキスト化

tenma
2016-12-09 10:46 (445)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2019/02/04)
タグ: 仁王像 仁王門 有形文化財 綱吉 竹姫 享保 切妻造 運慶 十二支 目黒区教育委員会 蟇股 五代将軍 江戸中期 建築様式 木鼻 持国天 増長天 茅葺 麒麟 法橋石見作 海馬 獣神 虹梁 肘木 蚕股 東京都 目黒区
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 梵鐘 目黒区教育委員会 徳川家宣 東京都 目黒区
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 目黒区教育委員会 東京都 目黒区
kawa_sanpo (2017/07/02)
タグ: 目黒区教育委員会 東京都 目黒区