Monumento

金田一京助・春彦 旧居跡

hanacoco

2015/12/31

タグ: 文京区教育委員会 石川啄木 金田一京助 春彦 auto-translate 郷土愛をはぐくむ文化財 旧居跡 金田一春彦 東京都 文京区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kazuyuki Kyosuke, Haruhiko House ruins

HONGO 4-11 - 6
Kintaichi Kyosuke (linguist), was born in Iwate Prefecture Morioka 0/1882 (1882).
Graduated from University of Tokyo, Linguistics, from 0/1942 (1942) at the University as Professor Rubin, and later became a Professor, kokugakuin University. Start from studying at the University of Tokyo, involved in Ainu language, literature, and folklore studies, Hokkaido, Ainu settlements in Sakhalin (karafuto), through fieldwork and research in academic unravel the first Ainu, Ainu epic Ainu epic for the first time introduced to the world. Many books related to the Ainu is student of Northern culture in the Japan Islands.
Due to these many achievements, 0/1954 was awarded the order of cultural merit. Morioka junior high school age, were enrolled in the second second grade Ishikawa Takuboku. Takuboku Ishikawa after graduating from junior high school to Tokyo from Morioka, Kyosuke asked rapidly increased interest in literature.

Kyosuke is a supporter of Takuboku is, financially, mentally and exceptional aid in. The eldest son of Kyosuke Kindaichi Haruhiko (Japanese linguist) was born in the HONGO here 0/1913 (1913). Five years from 0/1920 (1920), near masago elementary school (now HONGO elementary school) to enrolled. Nowadays have interest in singing scales, it was triggered after 平家琵琶 and accent studies.
After graduating from the literature Department of Tokyo, Nagoya University, spearheaded the Professor, Tokyo University of foreign studies, Sophia University. For the first time demonstrated that research and accents all over the country, historically and systematically changing language accents. Through the compilation of numerous dictionaries related with popular research in General.

50th (Heisei 9) cultural achievement award, March 13, 2003, Tokyo honorary citizen.
-Love to nurture cultural properties-
Board of education of bunkyo-Ku

3/2004
--- Haruhiko Kindaichi

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 一以匡助的黑房子废墟
本乡 4-11-6

Kintaichi 匡助 (语言学家),生于岩手县盛冈 0/1882年 (1882 年)。
从 0/1942 年毕业于东京大学,语言学,(1942) 大学教授鲁宾,以及后来成为了一名教授,国学院大学。
从就读东京大学参与阿伊努人的语言、 文学和民俗研究,北海道阿伊努人定居点在萨哈林岛 (桦) 出发,通过实地考察和学术研究揭开第一的阿伊努人,阿伊努人史诗般的阿伊努人史诗第一次向世界推出。 有关阿伊努人的很多书籍是在日本群岛北方文化的学生。 由于这些很多的成就,0/1954年荣获文化等级顺序。
盛冈初中年龄,参加了第二个二年级石川界。 界石川到东京从盛冈从初中毕业后,匡助问文学兴趣迅速增加。 恭介是界的支持者,在经济上、 精神上和特殊援助。

恭介金田一黑 (日本语言学家) 的长子,生于本乡这里 0/1913年 (1913 年)。 从 0/1920 年的五年 (1920 年),在莽小学 (现在本乡小学) 到附近入学。 现时有唱歌尺度感兴趣,它被触发后平家琵琶和口音的研究。 从文学部的东京,名古屋大学,毕业后率先教授,东京外国语大学,索菲亚大学。
第一次展示研究和全国各地的口音,历史上和系统地改变语言口音。 通过与流行相关的众多词典编纂的研究一般。 第 50 (平成 9) 文化成就奖,2003 年 3 月 13 日,东京荣誉公民。

-爱培育文化属性-
文京教育理事会
3/2004

---
金田一黑

金田一京助・春彦 旧居跡
        本郷四丁目11-6

 金田一京助(言語学者)は、明治15年(1882)岩手県盛岡に生まれた。
 東京大学言語学科卒業後、昭和17年(1942)から同大学において教授として教鞭を執り、のちに国学院大学教授となった。
 東京大学在学中からアイヌ民族に関る言語、文学、民俗の研究を始め、北海道・サハリン(樺太)のアイヌ居住地を歴訪し、実地調査と研究により、アイヌ語を初めて学問的に解明し、アイヌの叙事詩ユーカラを世に初めて紹介した。アイヌに関る多くの著書は、日本列島における北方文化を学ぶ者の原点ともなっている。これら数々の功績により、昭和29年には、文化勲章が授与された。
 盛岡中学時代、2年下級に石川啄木 が在籍していた。啄木は中学を卒業後、盛岡から上京、京助を尋ね、急速に文学への関心を高めていった。京助は啄木の良き理解者であり、金銭的にも、精神的にも、類まれな援助者であった。

 金田一京助の長男、春彦(国語学者)は、大正2年(1913)ここ本郷の地で生まれた。大正9年(1920)からの5年間、近くの真砂小学校(現本郷小学校)に在籍。この頃唱歌の音階に関心を持ち、それが後の平家琵琶やアクセント研究のきっかけとなった。東京大学国文学科を卒業後、名古屋大学・東京外国語大学、上智大学などで教鞭を執った。
 全国各地のアクセントを調査研究し、国語アクセントが歴史的かつ体系的に変化することを初めて実証した。また、数多くの国語関係辞書等の編纂を通じて、その研究成果を一般に普及させた。第50回(平成9年度)文化功労者表彰受賞、平成13年度東京都名誉都民。

-郷土愛をはぐくむ文化財 -
文京区教育委員会
          平成16年3月

---
金田一春彦

テキスト化

hanacoco
2016-02-17 10:16 (11)
hanacoco
yuraichan
2016-01-09 16:41 (734)
yuraichan
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/12/31)
hanacoco (2015/12/31)
タグ: 文京区教育委員会 ふるさと景観賞 菊坂 鐙坂 本郷大地 右京山 文の京都市景観賞 auto-translate 坂 東京都 文京区
hanacoco (2016/01/01)
タグ: 樋口一葉 振袖火事 旧居跡 町屋 本妙寺 東京都 文京区
hanacoco (2015/12/31)
タグ: 文京区教育委員会 坂 坪内逍遥 小説神髄 当世書生気質 東京都 文京区