Monumento

県指定有形文化財(建造物)伊祖(いそ)の高御墓(たかうはか)

案内板

auto-translate Designated tangible cultural property (buildings) Italian father (its) high grave (takauhaka)
Specify 2/25/1972 Italian founder of grave is located in urasoe hills northeast of ITO ancestral village nearly extends from East to West of the limestone hillside on the north slope.
Popularly known as "takaufaca", also known as the tomb of the ancestors of King Yeongjo (r. 1260-99 years), ancestor of Lord (ijuyununushi). Tomb caves located in the hillside of rocks and the phase type area out the front (aikatadzu) in (also called turtle (kikkou) 乱re load) in which block the cliff (gaisou) tombs.
On typical of takaufaca scattered throughout the Prefecture, belong to the graves mouth widely and historically obsolete, a localised evolution of the Okinawa Tomb in Tomb are invaluable. Stone shrines (ishizushi) one and the earthenware coffins (kamekann) two is enshrined in the Tomb.
Near urasoe Kaizuka's (Kasumigaura tahini kaitsuka) rocks dwelling at the mound stage, and (better pay) as was available and considered.
0/1972, endangered by the construction of route 330 (bypass) of fate, but through the efforts of the conservation movement of the citizens and stakeholders was saved with urasoe mounds.
3/25/1986
Okinawa prefectural Board of education Urasoe City Board of education

auto-translate 指定有形文化财产 (建筑物) 意大利父亲 (其) 高的坟墓 (takauhaka)
指定 1972/2/25
意大利创始人的坟墓位于浦添市内间山 ITO 老家东北近延伸从东到西石灰石山坡上,北坡。 俗称为"takaufaca",也被称为国王英祖 (r.1260-99 年),祖先的墓的主 (ijuyununushi) 的祖先。
陵墓洞穴位于在山坡上的岩石和相类型区出前面 (aikatadzu) (也称为的龟 (kikkou) 乱re 负载) 的块中悬棺 (gaisou)。 对典型的 takaufaca 分散在整个地区,属于坟墓嘴广泛和历史上过时,冲绳墓墓在局部的进化是无价之宝。
石龛 (ishizushi) 一个和陶器棺材 (kamekann) 两载墓。 浦添市内间附近贝塚 (霞浦芝麻酱皆冢) 岩石住宅 (更好的报酬) 与丘阶段,正如可用和考虑。
浦添市内间堆保存时 0/1972 年,受到建设路线 330 (旁路) 的命运,但通过努力的保护运动的公民和利益相关者的危害。
1986/3/25
冲绳县教育委员会
浦添市内间市教委

県指定有形文化財(建造物)伊祖(いそ)の高御墓(たかうはか)
昭和四十七年二月二十五日指定
 伊祖の高御墓は、伊祖部落の北東をほぼ東西に延びる浦添丘陵の石灰岩の中腹北側斜面にある。俗に「タカウファカ」と呼ばれ、英祖王(在位一二六〇〜九九年)の父祖、恵祖世主(いじゅゆぬぬし)の墓として知られている。
 墓は岩の中腹にある洞穴を利用し、その前面を相型積(あいかたづ)み(亀甲(きっこう)乱(みだ)れ積(づ)みともいう)で積み重ねて塞(ふさ)いだ崖葬(がいそう)墓である。墓口が広く、歴史的に古い形式に属するもので、県内各地に散在するタカウファカの典型的なものであり、沖縄における墓の変遷を知る上で極めて貴重な墓である。
 墓内には石厨子(いしずし)一基と甕棺(かめかん)二基が安置されている。なお、近くには浦添貝塚(うらそえかいづか)があり、貝塚期には岩陰住居(がいいんじゅうきょ)として利用されたと考えられている。
 昭和四十七年、国道三三〇号(バイパス)建設工事によって存亡の危機にさらされたが、県民の保存運動、関係者の努力によって浦添貝塚とともに保存された。
昭和六十一年三月二十五日
沖縄県教育委員会
浦添市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2016-01-11 13:25 (506)
ogaworks

コメント・周辺画像

ogaworks ogaworks 11ヶ月

#<User:0x0000000de39c18>

ogaworks ogaworks 11ヶ月

#<User:0x0000000ddbab98>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2016/01/11)
タグ: 貝塚 沖縄県教育委員会 浦添市教育委員会 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/13)
タグ: 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/11)
ogaworks (2016/01/13)
タグ: 浦添市教育委員会 鍾乳洞 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/11)
タグ: 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/13)
タグ: おもろさうし auto-translate 沖縄県 浦添市
gotosheng (2016/07/13)
タグ: 琉球王国 沖縄県 浦添市
gotosheng (2016/06/18)
タグ: 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/11)