Monumento

川口市指定有形文化財 歴史資料 道標(地蔵菩薩)

kawa_sanpo

2016/01/12

タグ: 川口市教育委員会 埼玉県 川口市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mouth city designated tangible cultural asset history article signpost (Ksitigarbha)
Specify 平成 25 年 3 月 26 日
This tower, jizo bodhisattva Tower serving as a sacred path of sunlight a signpost, originally can infer that is set up on the roadside of the sacred path. Andesite is material, composed of columnar principal of jizo bosatsu statue in boat-shaped at the top of the rectangle with base.
On the front "bong 3-dimensional jizo bodhisattva turned on PPS in Tower II comfort, (I prefer peas in a pod Tsuji elephant bosatsu information whether about China as well as thank you cheng'an rakusho)" and by local snowy town owner who has been built in 0/1737 (1737), and carved.
Inscription of the signpost is in front of the Sun sacred path South and Edo show the way to the village "South Edo book subject road", North and sacred path on the left side, and show the way to iwatsuki-Juku-iwatsuki Castle "North said with road", indicating the route went east from the sacred path on the right side, through akayama senju road and sunshine road to Edo-Asakusa gate "East Edo Granny kusamichi", but each is inscribed.
This tower is a valuable cultural heritage as an important highway in the Edo era was in sunlight feudal and akayama senju road signpost. Kawaguchi City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 口市指定有形文化资产历史文章路标 (地藏王菩萨)
指定 2013/3/28
原来这座塔,地藏菩萨塔担任阳光神圣之路的路标,可以推断出那设置在路边的神圣的路径。
安山岩是由组成的柱状校长 bosatsu 藏菩萨的材料在船形顶部的矩形与基地。 在前面"邦 3 维地藏菩萨打开 PPS 在塔二安慰,(我喜欢豌豆在荚辻大象 bosatsu 信息关于中国一样谢谢你成安县 rakusho)"和由当地雪城业主 0/1737 年建成 (1737) 和雕刻。
铭文的路标是前太阳神圣之道南江户带路到村庄"南江户书籍主题之路",北和神圣路径在左边,和带路到槻补习槻城堡"北说与路",指示路线去东从神圣路径右侧,通过赤山千住道和阳光道江户浅草门"东江户奶奶 kusamichi",但每个题写的。
这座塔是一份珍贵的文化遗产作为重要的高速公路,在江户时代是在阳光下封建和赤山千住道路路标。
川口市教委

川口市指定有形文化財 歴史資料 道標(地蔵菩薩)
平成25年3月28日指定
 本塔は、日光御成道の道標を兼ねた地蔵菩薩塔で、もとは御成道の路傍に設置されていたことが推測できます。
 材質は安山岩で、上部の舟型の地蔵菩薩立像、四角柱状の主体部と台座により構成されています。正面中央には「奉造立地蔵菩薩幷道中安内塔 二世安楽所(ほうぞうりつじぞうぼさつならびにどうちゅうあんないとう にせいあんらくしょ)」と刻まれており、地元石神町の施主6人によって、元文2年(1737)に造立されました。
 道標の銘文は、正面に日光御成道を南下し江戸本郷への道筋を示す「南江戸ほんがう道」、左側面に御成道を北上し岩槻宿・岩槻城への道筋を示す「北いわつき道」、右側面には、御成道から東へ進み、赤山街道千住道と日光道中を通って江戸浅草御門に通じる道筋を示す「東江戸あさ草道」が、それぞれ刻まれています。
 本塔は、江戸時代の重要幹線道路であった日光御成道と赤山街道千住道の道標として貴重な文化財です。
川口市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-01-12 23:46 (443)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/01/12)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2016/01/12)
タグ: 川口市教育委員会 auto-translate 川口市指定天然記念物 コウヤマキ 樹木 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/11/01)
タグ: 石井栄助 川口市観光協会 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/11/01)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川口市