Monumento

浦添市指定文化財 仲間樋川(フィージャー)(仲間の拝所群)

ogaworks

2015-07-01

案内板

auto-translate Subscript city designated historic monuments fellow hikawa (fieger) (fellow of the place of worship)
Fellow hikawa is one of the biggest in the city zone and has been valued as a fellow village village gar (joint well).
This is the holy water well and 'hikawa (fieger)"lead in the gutter so it naturally easy to water. Fellow hikawa gutter is a very honorable thing made the greater Ryukyu limestone.
1731 SHURI Royal Government compilation (making) the "Ryukyu Kingdom (kyuuki, Ryukyu), to the" middle spring (Middle-EUP (swings) to be hikawa and popularly said unto them who shall be) "of description (scripting), back in those days had already been hang gutter you can see. Is done with concrete in the 0/1935 a modern renovation (congregation), and the current figure. And still the water tank reservoir of drinking water for the water spouts out day and night, then washed, to "gmje" wo経(he)te end was built as up to bathe, wash crops and farming, horse riding, such as 'Umar Miss (irrigation reservoirs)". And. Overflow (afu) and water is made was nawashiroda (nashielder) into.
Importance of water use for drinking water, laundry, chores, irrigation (irrigation) water order is seen. Fellow hikawa without major damage in the battle of Okinawa, after World War II the aspirations of water for thousands of people in water collected in the camp of fellow makanaimashita.
Lots of people using the water until the Showa 40's popular water and then came. Nourishing the body zone of clean water, to faith for people believed to keep a special spiritual power (reiryoku) (sedzi) with.
As proof and put incense burner (pubescence) beside fellow hikawa gutter, has regional an important place of worship (haisho). Even today UMass lunar month may and June and village worship done in association during their annual events, such as solving prayer now in December (ugambthucy).
Also, whenever a child was born prior to each household to spread water from water (ubumidi) to get from wakamizu (wakamidi) on new year's day, 供emashita God of fire in the home and household Buddhist altars and accessories:-.

Fellow hikawa learns the relationship between people and water is an important cultural asset.
About the companion hikawa (fieger) Remains prior to the establishment of fellow hikawa, conducted excavations, the remains were 0/1935 renovation at the time. In urasoe City Board of education and urasoe City cultural asset Survey Board based on the results of the survey as a result of this appearance during a 10-year renovation.
However, for the maintenance of the water tank (1) past hikawa was configured in the gutter and reservoirs; (2) that destroys the landscape of water tank (3) into shape, since local residents in the past requesting contact with water cut off at the top of the water tank was.
12/2009 Urasoe City Board of education

auto-translate 下标市定古迹同胞冰川 (fieger) (院士崇拜的地方)
同胞冰川是一种最大的城区和作为同伴村村庄噶尔 (联合井) 的重视。
这是圣洁的水也和 ' 冰川 (fieger)"领导在阴沟里所以它自然地易于水。
同胞的冰川槽是件很光荣的事,取得更大的琉球石灰岩。 1731 首里皇家政府汇编 (制作)"琉球王国 (kyuuki,琉球),向"中间春天 (中间 EUP (波动) 是冰川,众人应通俗地说)"的说明 (脚本),在那些日子里的背已经挂阴沟里你可以看到。
与混凝土 0/1935 年做现代装修 (会众) 与现时的数字。 仍然罐储水箱饮用水为水喷出白天和黑夜,然后洗净,到"gmje"(他) 的 wo経 te 结束始建如沐浴、 洗作物和耕作,骑马,如 ' 欧麦尔小姐 (灌溉水库)"。 还有 溢出 (afu) 和水由成了 nawashiroda (nashielder)。 见过水用于饮用水、 洗衣、 家务、 灌溉 (灌溉) 水顺序的重要性。
同胞冰川没有重大损害在冲绳战役中二战后成千上万的人在水中营的同胞 makanaimashita 收集水的愿望。 很多人用的水,直到昭和 40 流行水,然后来了。
滋补身体区域的干净的水,诚信为人认为跟特殊的精神动力 (reiryoku) (sedzi)。 作为证明和放香燃烧 (短柔毛) 在同胞冰川阴沟里,旁边有区域崇拜 (haisho) 的重要场所。
即使在今天马萨诸塞农历月可能和 6 月和村庄崇拜做的协会在其年度事件,例如在 12 月 (ugambthucy) 现在解决祈祷期间。 此外,每当孩子出生前每个住户在家庭和家庭佛教祭坛和配件中传播从水 (ubumidi) 要从 wakamizu (wakamidi) 对新一年的一天,供emashita 火神水:-。
同胞冰川学到人与人之间的关系,水是一种重要的文化资产。

关于同伴冰川 (fieger)
仍然是事先建立的同胞冰川,进行挖掘,遗体当时 0/1935年翻新。 浦添市内间市教育委员会和浦添市内间市文化资产调查委员会基于由于这出现在 10 年整修期间调查的结果。 然而,水箱的维修 (1) 过去冰川被配置在天沟和储层; (2),破坏景观的水箱 (3) 成的形状,因为当地居民在与水接触的请求在水箱的顶部切断过去了。
2009 年 12 月
浦添市内间市教委

浦添市指定文化財 仲間樋川(フィージャー)(仲間の拝所群)
 仲間樋川は市内で最も大きな井泉のひとつで、仲間集落の村ガー(共同井戸)として大切にされてきました。
 「樋川(フィージャー)」とは湧き出る水を樋で導き、水を容易に汲み取れるようにした井泉のことです。
 仲間樋川の樋は大きな琉球石灰岩を削ってつくった大変立派なものです。1731年に首里王府が編纂(へんさん)した『琉球国旧記(りゅうきゅうこくきゅうき)』には「中間泉(中間邑(むら)に在(あ)り樋川と俗(ぞく)に曰(い)う)」の記述(きじゅつ)があり、その頃にはすでに樋が掛(か)けられていたことがわかります。
 昭和10年にはコンクリートを用いた近代的な改修(かいしゅう)が行なわれ、現在の姿となりました。昼夜湧き出る水は、貯水・飲水用の「水タンク」に溜(た)められ、次に洗濯などをする「平場」を経(へ)て、最後は農具や農作物の水洗い、馬の水浴びなどをする「ウマアミシ(溜め池)」に溜まるように造られました。そして。溢れ(あふ)れ出た水は苗代田(ナーシルダー)へ注(そそ)ぐようになっていました。大切な水を飲用水、洗濯用水、雑用水、灌漑(かんがい)用水の順に利用する工夫がみられます。
 仲間樋川は沖縄戦でも大きな被害を受けず、戦後は抱負な水量で仲間の収容所に集められた数千人の生活水をまかないました。その後、上水道が普及する昭和40年代まで水を利用するたくさんの人々で賑わいました。
 井泉の清浄な水は人の体を育て、健康を保つ特別な霊力(れいりょく)(セヂ)をもつと信じられ、人々の信仰対象にもなりました。その証として仲間樋川の樋の傍(かたわ)らには香炉(こうろ)が置(お)かれ、地域の大切な拝所(はいしょ)となっています。
 現在も旧暦五月・六月のウマチーや十二月の御願解き(ウガンブトゥキ)などの年中行事の際に、自治会で村拝みがおこなわれています。また、各家庭に水道が普及する以前は、子どもが生まれたときには産水(ウブミジ)をもらい、正月には若水(ワカミジ)を汲(く)んで家の火の神や仏壇(ぶつだん)に供えました。
 仲間樋川は人々と水との関わりを知る上で大切な文化財です。

仲間樋川(フィージャー)の整備について
 仲間樋川の整備に先立ち発掘調査を実施しましたが、残存する遺構は昭和10年改修時のものでした。この調査結果をふまえ浦添市教育委員会および浦添市文化財調査審議会で検討した結果、今回の整備は10年改修時の姿としました。ただし、水タンクの整備については、①過去の樋川が樋とため池で構成されていたこと、②水タンクが本来の景観を損ねていること、③地域の方々が過去のように水とのふれ合いをもとめていることなどから、水タンクの上部を切り取ったかたちのため池にしました。
平成21年12月吉日
浦添市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2016-01-13 10:45 (1178)
ogaworks

コメント・周辺画像

ogaworks ogaworks 11ヶ月

仲間樋川(フィージャー)(仲間の拝所群)

ogaworks ogaworks 11ヶ月

#<User:0x0000000d562388>

ogaworks ogaworks 11ヶ月

#<User:0x0000000d16f528>

ogaworks ogaworks 11ヶ月

#<User:0x0000000ddfa860>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2016/01/13)
タグ: 拝所 浦添市教育委員会 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/13)
タグ: 琉球国由来記 浦添市教育委員会 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/13)
ogaworks (2016/01/14)
タグ: おもろさうし auto-translate 沖縄県 浦添市
gotosheng (2016/07/13)
タグ: 琉球王国 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/14)
gotosheng (2016/06/18)
タグ: 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/14)
タグ: 浦添市教育委員会 伊波普猷 沖縄県 浦添市
ogaworks (2016/01/11)
タグ: 浦添市教育委員会 尚寧王 浦添グスク 沖縄県 浦添市