Monumento

銅鐘(どうしょう)

kawa_sanpo

2016/01/16

タグ: 館林市教育委員会 藤原重次 群馬県 館林市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Bell (doushou)
The date of designation given 0/1975 (1975) 3/6
The location-feather HOPA town 1691 Street Bo JI tatebayashi-Shi

The Edo era
Copper Bell is made the Smiths Fujiwara weight under outdoor life (Sano-Shi, Tochigi), donated three live birds transit village 0/1649 (1649) Kobayashi taro hidarimamol gate hidarimamol Kobayashi, Yasuda Makoto Fujiwara hope by helping people in the comfort of this world and the hereafter.
The size of the Bell diameter 69 cm, height 99 cm, copper Crown include 126 cm and subtidal patterns is clever array of breasts, 4 breasts 4 columns,.
Better represents the Hong Bell (oogane) during the Edo period, such as its appearance is generally slender, projecting out large pieces of nails wooden Bell House (shumokuza), where swells, no collar at the top of the feature.
A bronze Bell "Dai country on field State oura-gun sanuki Villa wings joint township will handle village-Dong mountain Maple Jinan Zen Temple perspective village-4 United States. helping new Bong casting 1 Bell GC for nisei comfort donor they who, vow wings joint township residents Kobayashi taro left Emon Kobayashi hikozaemon EDA sanuki Mamoru Fujiwara yasunobu Carpenter under field State Providence residents yokotsuka in Fujiwara heavy then before Eiheiji hinatayama-Phra RAM 9-snow 叟 teen 新添 Hiroyuki Keian 2 Katsumi ox February Kichijoji," and inscribed with the donor and casting nurses of name of, copper Bell casting and donors the reason read can.
Is the article tells of the tatebayashi territory in the early Edo period. Tatebayashi City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 贝尔 (doushou)
给出了 0/1975年的指定日期 (1975 年) 3/6
位置-羽毛鸿邦中镇 1691年街博济馆林石
江户时代

铜钟由史密斯一家藤原重量下户外生活 (佐野石、 栃木县),捐赠三活鸟过境村庄 0/1649年 (1649 年) 小林芋头 hidarimamol 门 hidarimamol 小林,Yasuda Makoto 藤原希望通过帮助人们在舒适的今生和来世。
钟直径 69 厘米,高 99 厘米,铜冠的包括 126 厘米和潮下带模式是聪明的乳房,4 乳房 4 列数组。
更好地代表 Hong 贝尔 (oogane) 在江户期间,如其外观是一般细长,投射出大块的地方钉木钟家 (shumokuza),膨胀,无领顶部的功能。
青铜钟"傣族国家联合乡镇将处理村东村山枫叶济南禅宗寺庙视角村庄 4 美国。 帮助新邦铸造他们誓言翅膀联合乡镇居民小林芋头离开 Emon 小林彦左卫门 EDA 赞岐守藤原泰信木匠下外地州普罗维登斯居民横冢在藤原重然后在参禅 hinatayama Phra RAM 9 雪叟青少年新添之前的第二代日裔安慰捐助 1 贝尔 GC 的字段状态大浦枪赞岐别墅翅膀上博之 Keian 2 胜美牛 2 月吉祥寺,"和刻有捐助国和铸造护士的名称,铜钟铸造和捐助者的原因读可以。
是这篇文章讲述了在江户初期馆领土。
馆林市教委

銅鐘(どうしょう)
一、指定年月日 昭和五十年(一九七五)三月六日指定
一、所在地 館林市羽附町一六九一番地普済寺
一、時代 江戸時代

 この銅鐘は、慶安二年(一六四九)羽継村に住む小林太郎左衛門、小林彦左衛門、藤原安信の三人が、近郊の人々の助力によって、現世と来世の安楽を願って下野天命(栃木県佐野市)の鋳物師藤原重次 に作らせ寄進したものです。
 鐘の大きさは、口径六九cm、銅の高さ九九cm、竜頭を含めると一二六cmになり、乳の配列は四乳四列、下帯の文様は巧妙です。
 その姿は、全体的に細長く、駒の爪が大きく外に突出し、撞木座(しゅもくざ)の部分がふくらみ、上部のツバが出ないなど、江戸時代の洪鐘(おおがね)の特徴を良く表しています。
 銅鐘には「大日本国上野州邑楽郡佐貫荘 羽継郷志柄村龍洞山普済禅寺 遠近村里 四衆以助力 新奉鋳一鐘 而為二世安楽寄進焉者也 本願羽継郷住人 小林太郎左衛門 小林彦左衛門 江田讃岐守藤原安信 大工下野州天命住人 横塚内藤原重次前永平当山九世月新雪叟代新添之慶安二巳丑二月吉祥日」と刻まれ、寄進者や鋳師の名の他、銅鐘を鋳造し寄進した理由を読み取る事ができます。
 江戸時代初期の館林領内の様子を伝える資料です。
館林市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-01-19 10:03 (528)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/01/16)
タグ: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
タグ: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
タグ: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
タグ: ocr-generated 群馬県 館林市