Monumento

境川(さかいがわ)

hanacoco

2016/01/17

タグ: 浦安市教育委員会 auto-translate 千葉県 浦安市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate River (sakaigawa)
0/1958 (1958), as the amendments specify
0/1965 (1965), designated as class a river
Sakaigawa, River tributary, in the center of the city from the West to East flow, are pouring into Tokyo Bay.
Why sakaigawa was a small river of about 1.7 km long, but by sea reclamation project from the 0/1965 (1965), the length of the river is approximately 4.8 km 3 times.
People crowded on both sides of the sakaigawa in the Edo period, and had the House, on the north side with Horie village nekozane (nekozane) village, on the South side, each village evolved. Referred to as the water of the River through River until 0/1945, so beautiful.
People have use as living water, such as drinking water or cooking washing water of this river for a long time. Also, people had and subsistence fisheries, sakaigawa was playing an important role as the "gateway to the ocean".
Seafood has taken a once and ships close to 2,000 boats moored and unloaded to the sight there was seen here. But completely abandoned fishing rights to 0/1971 (1971) and finished the job they were disappearing.
Thus, sakaigawa landscape gradually fisherman faded look of the town.
1/2004 Urayasu City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 河 (sakaigawa)
0/1958年 (1958 年),作为修订指定
0/1965年 (1965 年),被指定为类一条河
Sakaigawa、 河支流,在城市中心的从西流向东,涌入东京湾。
为什么 sakaigawa 是一条小河约 1.7 公里长,但通过填海工程从 0/1965 年 (1965 年),这条河的长度是大约 4.8 公里 3 倍。
人在江户时代,在 sakaigawa 的两边拥挤和有房子,北侧与堀江贵文 nekozane (nekozane) 村庄,进化而来的每个村庄南一边。
被称为通过河河里的水直到 0/1945 年,如此美丽。 人作为生活用水,如饮用水或烹饪洗涤水,这条河长时间使用。
而且在此基础上,人,自给性渔业,sakaigawa 扮演重要的角色,作为"通往海洋"。 海鲜已采取一次和船只接近 2,000 船只停泊和卸到那里的景象在这里看到。
但是完全放弃了捕鱼权到 0/1971 年 (1971 年) 和完成这项工作,他们全部消失了。 因此,sakaigawa 景观逐渐褪色的渔夫看的小镇。
1/2004
浦安市教委

境川(さかいがわ)
昭和三十三年(一九五八)、準用河川として指定
昭和四十年(一九六五)、一級河川として指定
 境川は、江戸川の支流で、本市の中央を西から東へ流れ、東京湾に注いでいます。
 かっての境川は、長さ一・七㌖ほどの小さな川でしたが、昭和四十年(一九六五)からの海面埋立事業によって、川の長さも三倍の約四・八㌖になりました。
 江戸時代には、人々は境川の両岸に密集して民家をたて、北側が猫実(ねこざね)村、南側が堀江村として、それぞれ集落を発展させてきました。
 川の水は、昭和二十年代ごろまでは、川底が透けて見えるほど美しかったといいます。人々は、長い間この川の水を飲み水や炊事洗濯などの生活用水として利用してきました。
 また、漁業を生業としていた人々にとって、境川は「海への玄関口」として大切な役割を果していました。かつては、二千艘近くの船がびっしりと係留されており、とってきた魚介類を荷揚げする光景があちらこちらで見られました。
 しかし、昭和四十六年(一九七一)に漁業権が全面放棄されると、それらの船は役目を終えて姿を消していきました。こうして、境川の風景も次第に漁師町の面影を失っていきました。
平成十六年一月
浦安市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-01-25 14:15 (0)
tenma
tenma
2016-01-25 14:14 (515)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/01/17)
タグ: 浦安市教育委員会 大塚亮平 新井甚左衛門 千葉県 浦安市
hanacoco (2016/01/17)
タグ: 浦安市教育委員会 千葉県 浦安市
hanacoco (2016/01/17)
タグ: 浦安市教育委員会 千葉県 浦安市
hanacoco (2016/01/17)
タグ: 木花咲耶姫命 浦安市教育委員会 千葉県 浦安市