Monumento

善國寺の石虎

o_nagayoshi

2014/09/12

タグ: 東京都 新宿区

案内板

auto-translate Stone Tiger of Yoshikuni Temple
Shinjuku-ku, designated intangible cultural asset
Location, Shinjuku-ku Kagura Akasaka 5-Chome 36,
Specify the date of 11/6/2009. Made of andesite Tiger statue the statue high Agata (right) 82 cm, UN form (left) h 85 cm, including anvil stone and base of the both images together two meters exceeds.
Anvil stone front is relief, dynamic represents the appearance of the Tiger. Find, was dedicated to the 0/1848 ( 1848 ) was Yoshikuni temple area residents with the donor, Agata's anvil stone right side iwato-Cho 1-Chome, straw shop kagurazaka garnishes town, street and caretaker name engraved.
Mason is in haramachi Hirata Shiro right Mamoru gate and yokodera town Yaginuma length right Mamoru gate. Yoshikuni Temple emphasize the 'tiger' from bishamonten faith and considered by bishamonten faith from donors also stone-Tiger bi.
Also, Yoshikuni Temple in Edo period of bishamonten faith spread indicate the donor names were left on the anvil stone and place names. Stone Tiger is unusual even in Tokyo, only examples in the city.
Seen damaged by war, but rare statues, as well as regional cultural assets for.
Is Agata anvil stone front, ' non ' to the imprinted like a British survey in the first year of the Meiji era screen issue level point, few nationally has remained.
12/2009 Shinjuku City Board of education

auto-translate 义国寺的石头虎
新宿区,指定的无形文化资产
位置,新宿区神乐坂 5 丁目 36,
指定的日期 2009/11/6。
这座雕像由安山岩虎雕像高 Agata 82 厘米 (右图),超过了联合国形式 (左) h 85 厘米,包括石砧和基地的这两个在一起的图像两米。铁砧石前面是救济,动态代表着老虎的外观。
找到了专用 0/1848年 1848年) 是义国寺地区居民与捐助方、 右 Agata 的铁砧石边岩户町 1 丁目、 秸秆店神乐坂的装饰物.镇、 街及看守的名字刻。梅森是在钢架制造工程平田四郎右卫门和 yokodera 镇沼长度右卫门。
义国寺强调 '老虎' 从 bishamonten 的信念,并由捐助者也石虎 bi bishamonten 信审议。此外,在江户时代的 bishamonten 信仰传播义国寺表明捐助者的名字都留在石砧和地名。
石老虎是不寻常的甚至在东京,只在这座城市的例子。见过战争,但罕见的雕像,以及区域文化资产受损。
是 Agata 砧石前,'非' 的印迹在明治时代屏幕问题水平点的第一年的英国调查一样,很少国家一直保持。
2009 年 12 月
新宿市教委

善國寺の石虎
新宿区指定有形民俗文化財
所在地 新宿区神楽坂五丁目三十六番地
指定年月日 平成二十一年十一月六日
 安山岩製の虎の石像で、像高は阿形(右)が八十二センチ、吽形(左)は八十五センチで、台石・基壇部も含めた総高は、両像ともに二メートルをこえる。台石正面には浮彫があり、虎の姿を動的に表現している。
 嘉永元年(一八四八)に奉納されたもので、阿形の台石右面には、「岩戸町一丁目」「藁店」「神楽坂」「肴町」などの町名と世話人名が刻まれ、寄進者が善國寺周辺の住民であったことがわかる。石工は原町の平田四郎右衛門と横寺町の柳沼長右衛門である。
 善國寺は毘沙門天信仰から「虎」を重視し、石虎の造立も寄進者らの毘沙門天信仰によると考えられる。また、台石に残された寄進者名や地名は、江戸時代後期における善國寺の毘沙門天信仰の広がりを示している。
 石虎は都内でも珍しく、区内では唯一の作例である。戦災による傷みが見られるが、希少な石像であるとともに、地域にとっても貴重な文化財である。
 なお、阿形の台石正面にある「不」に似た刻印は、明治初年のイギリス式測量の几号水準点で、残存している数は全国的にも少ない。
 平成二十一年十二月
 新宿区教育委員会

テキスト化

2014-09-14 00:05 (515)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

o_nagayoshi (2014/09/12)
タグ: 東京都 新宿区
hanacoco (2016/02/23)
タグ: 横丁 東京都 新宿区
sanpocafe (2015/02/24)
タグ: auto-translate 坂 東京都 新宿区
o_nagayoshi (2014/09/12)
タグ: 東京都 新宿区