Monumento

国産飛行機発祥の地

sanpocafe

2011-07-06

タグ: 東京都 新宿区

案内板

auto-translate The domestic airplane birthplace
Shinjuku-ku, given history trail
34-Cho hotels location Shinjuku-ku, Nishi 5
Specify the date of 12/6/1985.
Hayashi rice shokai and 0/1867 1909-1910 domestic airplane first Hino No.1 machine manufactured by Hino storehouse bears captain ( after Japan Brewing Co., Ltd. ) is in ruins.
Watching the late Meiji era, airplane have made great strides in Europe Hino captain is focusing on its future, single-handedly all the literature of Britain, America and Germany and France refer to began for aircraft engine, and the plane's design and production, 2/1910 was completed in this area. Even more expressions in wing length 8 m, total length of three meters, movers (d) thrust as air-cooled eight-horsepower with a turnaround period of three months and spent 1900 yen.
Captain to Board themselves to this plane, conducted a test flight in the course.
11/1991 Tokyo, Shinjuku City Board of education

auto-translate 国内飞机诞生地
新宿区,给历史踪迹
34 町酒店位置新宿区,西 5
指定的日期 1985/12/6。
林水稻商会和 0/1867年 1909年-1910 年国内飞机第一次日野 1 号机由日野仓熊队长制造后日本酿造有限公司) 是一片废墟。
看着已故的明治时代,飞机在欧洲日野船长专注于它的未来,单枪匹马地英国,美国文学取得了巨大进展,德国和法国是指开始为飞机发动机和飞机的设计和生产 2/1910年建成这一领域。
在机翼长度 8 米,总长度的三米,搬运工 (d) 更多表达式作为空冷八匹马力与三个月的周转期内推力和花了 1900 日元。船长向委员会本身对这架飞机进行了一次测试飞行过程中的。
11/1991 号
东京新宿市教育局

国産飛行機発祥の地
新宿区指定史跡
所在地 新宿区西五軒町三十四番地
指定年月日 昭和六十年十二月六日
 明治四十二~四十三年(一九〇九~一九一〇)にかけて日野熊蔵大尉により最初の国産飛行機「日野式一号機」が製作された林田商会 (のち日本醸造機株式会社)跡地である。
 明治時代末期、飛行機が欧米各国で長足の進歩を遂げているのを見て日野大尉はその将来性に着目し、全くの独力で英・米・独・仏の文献を参考に飛行機用発動機、および飛行機の設計と製作に着手し、明治四十三年二月この地で完成した。
 一層式で翼長八メートル、全長三メートル、発動機はニ衝程空冷式八馬力を搭載し、完成まで三ヵ月の期間と約千九百円を費やした。大尉はこの飛行機に自ら搭乗して戸山ヶ原で試験飛行を実施した。
 平成三年十一月
 東京都新宿区教育委員会

テキスト化

2014-09-13 23:29 (349)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kago (2015/02/19)
o_nagayoshi (2014/09/14)
タグ: 新選東京名所図会 東京都 新宿区
kunitenten (2016/08/07)
タグ: 文京区教育委員会 坂 永井荷風 服部権太夫 日和下駄 東京都 文京区
kawa_sanpo (2016/06/12)
タグ: 東京都 文京区