Monumento

享保七年銘 道標付庚申塔

sanpocafe

2014-09-13

タグ: 江戸時代 auto-translate 道標 庚申塔 道標付庚申塔 庚申 青面金剛 三猿 東京都 杉並区

案内板

auto-translate 0/1722 nameplate with a signpost koshin Tower.
Koshin Tower is as a signpost with koshin Tower, at the city's oldest, was built in the 0/1722 ( 1722 ). Koshin belief ' to live longer, koshin night wearing Shin spots to do some good, should be up all night ' that is started from the theory of Taoism in China.
It is spread to Japan, from medieval to syncretism with Buddhism or Shinto faith since the widespread among the common people.
Kongo in the Edo era, seen here as a deity based on evil, non-takami (mizaru), and no saying no ( )-silence (iwazaru) three wise monkeys, two chickens, chamfered, and built the stone pagodas, plague fleeing the village to pray for safety and security of that became popular.
Koshin Tower is as a signpost on the side ' than this right? of I wonder 三(MI) POO '-' left edge than this shall 三(MI) immediately ' and seems carved, once, had become a well head benzaiten believers Guide.
Also, koshin Tower is from the outset and built in this watershed, and listing of prior name, kugayama in early modern history or a road, said one important article.
From the above koshin tower was registered as tangible cultural property, Suginami-Ku.

Is the one in the future, such cultural heritage kept more to the defense.
1/1986 Suginami ward Education Board

auto-translate 0/1722年铭牌与路标 koshin 塔。

Koshin 塔是作为一个路标与 koshin 塔,在城市的最古老的始建于 0/1722年 1722年)。
Koshin 信仰 '活得更长,koshin 晚上穿着 Shin 点做些好事,应该会彻夜' 这一切起源于中国道教的理论。它是传播到日本,从中世纪到以来普遍百姓与佛教或道教信仰融合。
在江户时代,见到金刚在这里作为一个基于邪恶、 非高见 (mizaru) 和没有说没有) 沉默 (iwazaru) 三个智慧猴的神,两只鸡,斜切,并建石塔,困扰着逃离村庄,祈求安全和安全,这成为最受欢迎。
Koshin 塔是作为一个路标,一边 '比这项权利吗? 不知三(MI) 公安条例 》 '-' 左边缘,比这应三(MI) 立即' 似乎雕镂精美,有一次,已成为井口弁信徒指南。
此外,koshin 塔是从一开始就和建于这一分水岭,并事先名称的清单,在早期的现代历史或一条路,kugayama 说,一篇重要的文章。
从上述 koshin 塔被列为有形文化财产,杉并区。
是在将来,这种文化遗产,保留更多的防御。

1986 年 1 月
杉并区教育委员会

享保七年銘 道標付庚申塔

 この 庚申塔 は、 道標付庚申塔 として、区内で最も古く、享保七年(1722)に造立されたものです。
 庚申 信仰は「長生きするためには、庚申の夜は身を慎しみ、諸善を行い、徹夜をすべきである」という中国の道教説から始ったようです。それが日本に伝わってからは、中世以降仏教や神道の信仰と習合して、庶民の間にひろまりました。
 江戸時代 には、ここに見られるような 青面金剛 を本尊として邪気を踏まえ、不見(みざる)・不聞(きかざる)・不言(いわざる)の 三猿 、二鶏等が彫られるようになり、石塔を造立し、悪疫退散、村内安全等の祈願を行うことが盛んになりました。
 この庚申塔は、 道標 として側面に、「これよりみぎいのかしら三(み)ち」・「これよりひだりふちう三(み)ち」と刻まれ、かっては、井の頭弁才天信仰者の道しるべとなっていたように思われます。
 また、この庚申塔は、当初からこの分岐点に造立され、願主名も列記されており、近世における久我山の歴史や交通路を知るうえで、一つの重要な資料といえます。
 以上のことから、この庚申塔は、杉並区有形文化財として登録されました。
 今後とも、このような文化財を一層大切に守りつづけたいものです。

 昭和六十一年 一月
 杉並区教育委員会

テキスト化

sanpocafe
2014-09-14 01:21 (19)
sanpocafe
sanpocafe
2014-09-14 01:18 (533)
sanpocafe

コメント・周辺画像

sanpocafe sanpocafe 3年弱

#<User:0x007f1e7e524920> その「道標付庚申塔」です。正面は普通の庚申塔です。

sanpocafe sanpocafe 3年弱

#<User:0x007f1e7d54eff0> 側面に、案内板の通り道標が刻まれています。

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

sanpocafe (2014/12/08)
タグ: 甲州街道 杉並区教育委員会 街道 人見街道 井の頭通り 下総街道 脇街道 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/09/13)
タグ: 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2017/01/14)
タグ: 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2017/01/14)
タグ: 東京都 杉並区