Monumento

石切橋の由来

o_nagayoshi

2014/09/14

タグ: 新選東京名所図会 東京都 新宿区

案内板

auto-translate Marble bridge origin
Is also called with its name from once lived near this bridge masonry and said that this bridge was built in the kanbun era (1661-73 years) early Edo period, not sure.
According to the records of the middle of the Meiji era, this bridge was a bridge wooden bridge for 8 and a half the length and width between 3 (approximately length 15 m, width 5 m high), at that time in the vicinity of this most wide, large.
Hits middle-class area near here, and up to 0/1965 call the Kanda River under the name Edogawa, this bridge is the original Edogawa bridge and called it. Photo ) and concentric Street stone bridge "Shinsengumi Tokyo-meisho' more

auto-translate 大理石桥起源
也称为与它的名字来自一次住在这座桥砌体附近,说这座桥始建于 kanbun 时代 (1661年 73 年) 初江户时代,不太清楚。
据明治时代中的记录,这座桥是 8 和半的长度和宽度之间 3 (大约长 15 米,宽 5 米高),在那次附近这最宽,大的木制桥梁。
中产阶层地区附近的在这里,和神田江户川名称下的小河叫起来 0/1965年的命中,这座桥是原始的江户川桥,取消它。
照片) 和同心街石大桥"剑客东京名所 ' 更多

石切橋の由来
 この橋は、江戸時代の初期、寛文年間(1661〜73年)に架けられたといわれ、かつてこの橋の周辺に石工が住んでいたことからその名がついたともいわれますが、定かではありません。
 明治時代中頃の記録によれば、この橋は長さ8間半、幅3間(およそ長さ15m、幅5m強)の木橋で、当時この付近では最も幅が広く大きい橋でした。
 中流域にあたるこの付近では、昭和40年位まで神田川を江戸川という名で呼んでおり、この橋も元は江戸川大橋と呼ばれていたそうです。
写真)同心町通りと石切橋「新選東京名所図会」より

テキスト化

monumento
2014-09-16 15:16 (252)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kunitenten (2016/08/07)
タグ: 文京区教育委員会 坂 永井荷風 服部権太夫 日和下駄 東京都 文京区
kago (2015/02/19)
sanpocafe (2014/09/13)
タグ: 東京都 新宿区
kunitenten (2016/08/07)
タグ: 文京区教育委員会 東京都 文京区