Monumento

天祖神社の由来

o_nagayoshi

2014/09/14

タグ: 東京都 新宿区

案内板

auto-translate Derived from the tenso shrine
Karita Amaterasu
Location of Shinjuku Waseda tsurumaki-Cho 530 Street
Heavenly Father and read 'amatsumiyao' and also, extremely precious God, is the Emperor 遠祖.
This shrine was built in the Kwangju Uprising that was moved to its present location from enoki-Cho, 0/1682 (1682 years) for now what is said. Was revered from the inhabitants, is said myogadani vineyard shinmei-because at that time was in this land one side myogadani field.
Was called shinmei shrine, shinmei shrine during the Edo period, Meiji era to be renewed and tenso Jinja, as 無格, and comes with the Akagi shrine, which was by the religious Corporation law, and religious corporations heaven shrine 0/1952 (1952 years).
DW, 0/1945 (1945 years) due to 5/25 war was destroyed entirely, but the shrine burnt down before facing the East kando, gramuf 4th toe, front pillars each six cylinders, transom to Futami views of Pudong gold engraving had told and the HIDARI jingoro made on both sides of the pillar, and male and female chicken sculpture.
0/1966 (1966 years) see the reconstruction of the main building we serve persons who revered the barrel after the Office, haiden, temizuya revive one after the other, to now.
Heaven God adoration society 0/2004

auto-translate 来自市北靖国神社
莎乐美式的卡天照大神
新宿早稻田鹤卷町 530 街的位置
天父,读 'amatsumiyao' 和极为珍贵的神,也是皇帝遠祖。
这座神殿始建于感动到其目前的位置,从 0/1682 (1682 年),现在说什么金针町光州起义。
从居民尊崇,是说茗荷谷葡萄园神明 — — 因为那时是在陆地一侧茗荷谷该域中。在江户时代、 明治时代须续期和市北神社,作为無格,被称为神明祠、 神明靖国神社并且带有赤城神社,是由宗教公司法和宗教公司天堂神社 0/1952 (1952 年)。
但靖国神社烧毁之前前面面对东小森,gramuf 第四趾,支柱每六个圆筒,横梁的浦东金雕刻二见意见告诉和 HIDARI 支柱,两侧作的甚吾郎和男性和女性的鸡肉雕塑完全毁坏了 DW,0/1945 年 (1945 年) 5/25 战争。
0/1966 年 (1966 年) 看到我们为人尊崇桶处后,海登的主建筑的重建,temizuya 恢复一个接一个,到现在。
天上的神崇拜社会
0/2004

天祖神社の由来
御祭神 天照皇大神
所在地 新宿区早稲田鶴巻町五三〇番地
 天祖とは「アマツミヤオ」とも読み、きわめて尊い神のことで、天皇の遠祖です。
 当神社の創建年代は詳らかではありませんが、天和二年(一六八二年)今の榎町から現在の地に遷座されたものと伝えられます。
 当時はこの地一面茗荷畑であったため、茗荷畑の神明宮と言われて住民から崇敬されていました。江戸時代には神明宮、神明神社と称していましたが、明治時代になり天祖神社と改められ、無格社として赤城神社の付属社となっていましたが、昭和二十七年(一九五二年)宗教法人法により、宗教法人「天祖神社」となりました。
 社殿等は昭和二十年(一九四五年)五月二十五日の戦災によりことごとく焼失しましたが、焼失前の社殿は、神門が東に面し、瓦葺四趾、前柱各六角柱、欄間に二見が浦の景色を金彫され、柱の両側に左甚五郎の作と言われた雌雄の鶏の彫刻がありました。
 昭和四十一年(一九六六年)崇敬者等の御奉仕により、本殿の再建を見たる後、社務所、拝殿、手水舎等次々に復興し現在に至っています。
 天祖神社崇敬会
 平成十六年

テキスト化

2014-09-15 23:25 (474)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kunitenten (2016/04/08)
タグ: 徳川家光 江戸砂子 馬術 江戸鹿子 東京都 新宿区
gotosheng (2016/09/24)
タグ: 夏目漱石 東京都 新宿区
komoro (2016/03/06)
タグ: 早稲田大学 校歌 auto-translate 東京都 新宿区
hanacoco (2015/01/18)
タグ: 新宿区教育委員会 梵鐘 江戸鋳物師 竜頭 撞座 平将門の乱 藤原秀郷 供出 auto-translate 登録有形文化財 東京都 新宿区