Monumento

ocr-generated |

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated |

稲荷木

むかし、行徳から市川に向うには、今日の行徳橋
あたりから稲荷木の覚林寺前を通り、稲荷神社から
この地に出て、江戸川沿いに大和田・大洲・市川南
を経て国道十四号線(時代によって上総道・佐倉道・
千葉街道とも呼ばれた。)に出、市川に至ったもの
です。
伝えによると、慶長年間(一五九六~一六一五)
伊奈備前守忠次が徳川家康の命によって、上総通の
改修にあたったい、新たに八幡と行徳を結ぶ八幡
新道をつくって、その分岐点に松を植えたのが、こ
の一本松』の由来ということです。
この松も京葉道路ができると、排気ガスの影響な
どによって死を
早め、昭和四十八
年に伐採されまし
た。(伐採時の樹
今約百八十年)
がカ十五年六月十日
市川市教育委員会

テキスト化

monumento
2018-03-28 12:43 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/02/12)
タグ: ocr-generated 東京都 江戸川区
kawa_sanpo (2018/02/12)
タグ: ocr-generated 東京都 江戸川区
kawa_sanpo (2018/02/12)
タグ: ocr-generated 東京都 江戸川区
kawa_sanpo (2018/02/12)
タグ: ocr-generated 東京都 江戸川区