Monumento

白秋文学コース ⑦歌舞島

kawa_sanpo

2016/02/22

タグ: 北原白秋 白秋文学コース 神奈川県 三浦市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate White autumn literature course (7) music and dance island
But when the remains of the spring and to be

Kelp hoshiba dandelion flowers
White autumn Misaki's first play (0/1910 暮春) of this song was requested first own fall in one poem the fall of monument construction was planned.
But it was the song as first Pygmalion in Misaki important in kelp is not growing in the sea of Misaki, misleading 搗布 (advance), that did not happen in memoriam moninosukune, but.
Fall standing at the crossroads of life and keep the remains in his youth, is nostalgia and affection are kept in this song.
Fall 0/1913, Misaki sought a new House is 10 months too Misaki culture that walked on the
And Sagami Miura Misaki is grateful
So one year my house and so far
The revive spirit leave the joy of rebirth, I've went to Ogasawara.
Miura-Shi
--- Kitahara hakushu

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 白秋文学课程 (7) 音乐和舞蹈岛
但当遗体的春天,成为
海带星场蒲公英花

白色的秋天岬的第一次玩 (0/1910年暮春) 这首歌的要求第一自己落在一首诗的纪念碑建设秋天计划。
但正是这首歌作为第一皮格马利翁咲海带中重要的不长在岬海误导搗布 (前进),没有发生 in memoriam moninosukune,但。
落站在了人生的十字路口和保持在他的青年,是怀旧和感情都保存在这首歌。
秋天 0/1913 年,咲寻求新的房子是 10 个月太咲文化走上
相模三浦岬是感激
有一年我的房子和到目前为止
复兴精神离开重生的喜悦,我已经去了小笠原。
三浦石
---
北原 hakushu

白秋文学コース ⑦歌舞島
いつしかに春の名残りとなりにけり
昆布干場のたんぽぽの花

 白秋三崎初遊(明治四十三年暮春)の一首で、白秋歌碑建設の構想が企画されたとき白秋自身が最初に希望したのはこの歌だった。
 しかし三崎の海には昆布は生育しない、搗布(かじめ)を誤認したということで建碑は実現しなかったが、三崎における最初の会心の作として大事にした歌でした。
 白秋が人生の岐路に立ち、自らの青春にも名残りを留めようとする、郷愁と愛着がこの歌に秘められているからです。
 大正二年、三崎に新居を求めた白秋は、十ヶ月余り三崎の風土を歩きつづけ、
 相模のや 三浦三崎は ありがたく
 一年あまり 吾が居しところ
と、心霊を蘇らせ新生のよろこびを残して小笠原へと渡ったのでした。
三浦市
---
北原白秋

テキスト化

tenma
2016-03-01 14:05 (339)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/02/22)
タグ: 源頼朝 三浦義村 藤原頼経 神奈川県 三浦市
wawa (2018/10/09)
タグ: 渡船 みうらみさき海の駅 城ヶ島 マグロ 三浦野菜 神奈川県 三浦市
wawa (2018/10/09)
タグ: 関東ふれあいの道 城ヶ島 油壺 荒崎 神奈川県 三浦市
wawa (2018/10/09)
タグ: 京浜急行 首都圏自然歩道 関東ふれあいの道 自然歩道 油壺 三崎口駅 神奈川県 三浦市