Monumento

さかい橋

hamanobakeneko

2016/02/27

タグ: 西郷隆盛 頼山陽 高山彦九郎 月照 水俣市教育委員会 熊本県 水俣市

案内板

auto-translate Soft bridge Sakaigawa Hefei Satsuma border is a small mountain stream since ancient times over this river has numerous repeats the clan's safety and secrecy to protect the clan system age tightly sealed border river, slightly only this ground point of exchange between the two countries was in.
This bridge is witnessing technology unsurpassed higo masonry arch bridges of stone on the 0/1883 (1883). Making a cross this river also Rai Sanyo in Satsuma, such poetry.
"One Jun equinoctial civil State, rebellion Sha fukakusa sides fall-independent YUI-Hsi water some crotch discretionary flow" and high mountain Gen Kuro's 0/1792 (179 d) sings "heart live up here, because the way of its" think about when 3/5 over here.
Not across the bridge until this time stepping stone along that was across the River, hanging on after Satsuma rebellion (1877) 0/1877.
The RAI Sanyo evening late and can't pass through the barrier of NOMA, back to God, River, River God, farmers stayed up all night with his life.
The Satsuma road is also an important road of the Shimazu clan shougun, eiketsu Saigo of the Meiji Restoration, monk, illuminated or shogunate inspecting group angels of people passes through here.
3/1950 Minamata City Board of education

auto-translate 软桥

Sakaigawa 合肥萨摩边境是交流的小山中的小溪,在这条河流的远古时代以来许多重复氏族的安全和保密,保护密封的边界河,略只有这地面点的两国之间是交流的在氏族制度时代。 这座桥目睹无与伦比的技术肥圬工拱桥的石头在 0/1883 年 (1883 年)。
做成一个十字架,这条河也莱三洋在温州蜜柑,这样的诗歌。 "一君秋分民间状态,叛乱沙深草边秋天独立 YUI Hsi 水一些裆酌处流"和高山创 Kuro 0/1792 (179 d) 唱"心住在这里,因为的方式其"想什么时候过来的 3/5。
不过桥直到踏脚石沿,这次过这条河,挂后温州蜜柑叛乱 (1877) 0/1877年。
莱三洋晚晚上不能穿过野间的屏障,回神,河,河神,农民整夜都用自己的生命。
温州蜜柑路也是一条重要的岛津家族 shougun 路、 eiketsu 齐乡的明治维新,和尚,照亮或幕府检查组天使的人经过这里。
3/1950 年
水俣市教委

さかい橋

 肥薩国境の境川は小さな谷川であるが古来この川をめぐって幾多の抗争が繰り返され、藩制時代には藩の安全と秘密を守るため堅く閉ざした国境の川であるが、僅かにこの地のみが両国交流の地点であった。この橋は明治十六年(一八八三)に架けられた石造のアーチ橋で肥後石工の卓絶した技術を今に伝えている。
 頼山陽 もこの川を渡り薩摩に入っており、次のような詩を作っている。「一潤平分南北州、乱沙深草両辺秋 曽無所属唯渓水 幾股随意流」又、高山彦九郎 が寛政四年(一七九ニ)三月五日ここを越えるとき「ここ迄も送る心や玉鉾の道を守りの人をしそ思う」と歌っている。
 この時代までは橋は架かっておらず飛石伝いに川を渡っていたようで、明治十年(一八七七)西南戦争後に架けられている。
 なお、頼山陽は夕方おそくなり野間の関所を通ることが出来ずに、神之川に引き返し一夜を神之川の農家に泊ったと書き残している。
 又、この薩摩街道は島津藩の参勤交代の重要な道路でもあり、明治維新の英傑西郷隆盛、僧月照 あるいは、幕府の巡見使等多くの人々がここを通過している。
昭和二十五年三月
水俣市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-03-01 13:59 (486)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ