Monumento

岩本山 常泉寺

cyberwonk

2014/09/15

タグ: 埼玉県 秩父市

案内板

auto-translate Iwamoto always fountain Temple
City designated historic Temple No.3 Deformation between one Dormer kohai MIMA a table, this temple is the extremely delicate as architectural sculpture.
Especially Dragon sculpture as this psychoactive cult shrimp Rainbow beam cage tombori of filigree is fine. Sculpture who is resident of Tamai near Kumagai IIDA Izumi, and are said in 0/1870, Chichibu Shrine precincts and reassembled there in the buildings of the late Edo period. The Buddha statue high, Holy Kannon bosatsu standing statue 一木造ri is the 97, three 糎, during the Muromachi period.
We have and pray longevity water wells and eye diseases around the Temple of 不睡, komochi stones legend. That said, this temple North arrow line is enshrined deity is a line based bodhisattva carved ten kings statue was enshrined in Bill Hall now. Ten or so worshippers Juo Chapel lies jodoshin, beat village voice and was very pleased and said that with regard to pilgrims for example like shoots thousands of soya from yaoi just near the city to shine light illuminate this area was surprised gathered ten kings Chapel, to where you 霊像 the arrow line is gone but majestically has said the figure sits surprise was arrow Rokko Hall yaoi long transfer to the firm enshrined in the auspicious.
This auspicious tells we built the 常泉 Temple here village headman Horiuchi House, was moved to the temple. 1/25/1965 Chichibu City Education Committee specification

auto-translate Iwamoto 总是喷泉寺
城市选定历史性寺 3 号
变形之间一个天窗其他的后辈 MIMA 一张桌子,这座寺庙是极其微妙作为建筑雕塑。尤其是龙雕塑作为此精神崇拜虾的花丝彩虹梁笼 tombori 很好。
是驻地附近熊谷饭田泉玉井说 0/1870 年,秩父神社辖区和是在江户末期建筑中那里重新组装的雕塑。佛像高,圣观音 bosatsu 站在雕像一木造ri 是 97,三个糎室町时期。我们已经和祈祷长寿水井和眼科疾病的不睡寺,周围子持石头的传说。
话虽如此,此寺北箭头线庄严的神是基于的菩萨雕刻十王雕像现在载比尔大厅里,一条线。十个左右善信嵇教堂谎言 jodoshin,击败乡村之声和当时很高兴,并说关于朝圣者例如喜欢大豆从 yaoi 城闪耀光芒,照亮这一领域感到惊讶只是附近的数千人聚集在十王小礼拜堂,到了霊像箭头线消失了,但庄严地说的身影坐惊喜那里箭头六甲大厅 yaoi 长转移到这家载吉祥的竹笋。这吉祥告诉我们修建了常泉寺这里村长堀内房子被移到寺庙。
1965/1/25 秩父市教育委员会规范

岩本山 常泉寺
市指定史跡 札所三番
 この札所は、三間四面、表に一間の大唐破風の向拝をふし、建築彫刻として繊細を極めています。特に竜の彫刻をほどこした向拝の海老虹梁のかごぼりの細工は実に見事です。
 彫士は熊谷近くの玉井の住人飯田和泉と云われているもので明治三年、秩父神社の薬師堂を移築したもので江戸後期の建築物であります。本尊は聖観世音菩薩立像一木造り、像高九七、三糎、室町時代の作です。札所の周囲には長命水の井戸、眼病を祈る不睡の石、子持石などの伝説を持っております。
 その昔、この堂より北の矢行地に本尊が安置され、今の札堂の地に行基菩薩彫刻の十王像が安置されていたと云う。巡礼客十人あまりこの十王堂に宿り誦経し、その声は里人の心を打ち非常に喜ばれたと云う、折しも近くにある矢追の地より数千の征矢を射る如く光明が輝きこの地を照らし里人は驚いて十王堂に集まり例の巡礼者をみると、いづこへか消えて矢行地にあるべき霊像が厳然と座している姿に驚き里人は矢行地の堂を矢追に移し永く当所に安置したと云う縁起があります。この縁起は当地の名主堀内家が常泉寺を建て、札所を移したことを物語っております。
昭和40年1月25日 秩父市教育委員会指定

テキスト化

2014-09-17 11:12 (514)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/09/20)
タグ: 秩父市 秩父鉄道 上武鉄道 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/10/12)
タグ: 聖観世音 神門寺 修験寺 森玄黄斎 大悲観世音 埼玉県 秩父市