Monumento

長谷川文右エ門氏架橋の石桁

kawa_sanpo

2016/03/03

タグ: 小田原市教育委員会 神奈川県 小田原市

案内板

auto-translate Ishiketa tanigawa sentence right d Gate's bridge This area is traditionally called the "Soga-no-Sato" or "Soga-no-Sato', is historically known as the 'Soga story' stage.
But Kikukawa flowing through the Valley for steep hills, this is the 砂留 River, forge process, Yoshino River, River Hall, tsurugi River, swamp a Guanyin Mountain offers plenty of rains and flood water, sand and gravel to break the bridge very much and was concerned about people.
架kemashita Ishibashi fires Hasegawa statement man'emon where the village headman of the Soga [village at the beginning of the Meiji era, had a solid stone bridge and the save this grief forever, selflessly of themselves on these river reaches 20 or more points. Damage caused by heavy rain has fallen since it was broken most of the stone by the great earthquake of 0/1923 (1923).
Also and fixed bridge was built by a spate of road renovation, bridge deck was used for road construction stone, now no longer look in the current.
So, to save the two pieces and moved to the bridge deck that had been put Kobe Tenno's back of the river January, 0/1964 (1964). 1.
Length 8 cm
Width 45 cm
Height 27 cm 1.
M 2-10 cm in length
Width 45 cm
Height 19 cm Odawara City Board of education

auto-translate Ishiketa 谷川句子正确 d 大门口的桥

这一领域传统上称为"Soga 无佐藤"或"Soga-不-佐藤 ',历史上称为 Soga 故事阶段。 但菊流经山谷为陡峭的小山,这是砂留河,锻造过程,吉野的河流,河大厅,剑,沼泽观音山提供了大量的降雨和洪水,砂和砾石打破这座桥很多,是对人们的担心。
架kemashita 石桥触发长谷川语句 man'emon 在哪里 Soga 村长 [村庄在明治时代,开始了固体的石桥和保存这种悲痛永远,无私地自己对这些河上游 20 或更多点。
大雨造成损害以来被 0/1923 年大地震打破了大部分的石头 (1923 年)。 也和固定的桥由一连串的路改造工程,桥面用于道路建设石材,现在不再看在当前。
所以,要保存两件了,搬到桥面,已神户天王,河 1 月 0/1964年 (1964 年)。
1。 长度 8 厘米
宽 45 厘米
高 27 厘米
1。 M 2-10 厘米的长度
宽 45 厘米
高度 19 厘米
小田原市教委

長谷川文右エ門氏架橋の石桁

 この辺りは、昔から『曽我の郷』あるいは『曽我の里』と呼ばれ、『曽我物語』の舞台として歴史上有名です。しかし、この丘陵は傾斜が急なため、谷あいを流れる菊川、砂留川、鍛冶沢川、芳野川、殿沢川、劔沢川、観音沢などの渓流は、沢山の雨が降ると水が溢れ、砂礫を流して橋を壊すことが非常に多く、人々を悩ませていました。
 そこで、明治の初期、曽我谷津村の名主であった長谷川文右エ門という人が、堅固な石橋を築造して永くこの憂を救おうと決意し、自らの私財を投げ打ってこれらの川の上に、二十数カ所に及ぶ石橋を架けました。
 これ以降、大雨による被害は減りましたが、大正十二年(一九二三)の大震災によって石橋の大半が壊れてしまいました。また、その後の相次ぐ道路の改修工事によって橋は架け直され、橋桁は道路の工事石垣などに利用され、現在では確認できなくなりました。
 そこで、昭和三十九年(一九六四)一月、神戸天王社裏の殿沢川にかけられていたこの二枚橋桁を移設し、保存することにしました。
一.長さ 二メートル十八センチ
  幅  四十五センチ
  高さ 二十七センチ
一.長さ 二メートル十センチ
  幅  四十五センチ
  高さ 十九センチ
小田原市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-03-16 15:46 (525)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/03/03)
タグ: 遺跡 小田原市教育委員会 auto-translate 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/03)
タグ: 源頼朝 曽我物語 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 工藤祐経 auto-translate 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 曽我五郎 auto-translate 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 小田原市教育委員会 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 不動明王 曾我祐信 神奈川県 小田原市
hanacoco (2016/03/10)
タグ: 小田原市教育委員会 三角点 水準点 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/03/04)
タグ: 小田原市教育委員会 神奈川県 小田原市