Monumento

ocr-generated 元新田氏の歴史と共の由未

osawagase

2014/09/15

タグ: ocr-generated 神奈川県 大和市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 元新田氏の歴史と共の由未
南朝え忠臣元新田氏の高下宗家は相洲葛間村の由緒ある旧家であった、元弘三年
三え三年鎌倉攻めを行った新田義貞公の流れを汲む当地の家族であった。現在の観音寺り
歴史は古く観音寺は当家の先祖が土地を守進し開基したと当家に伝えられている文
寺住基地とされている処は当家の先祖である新田古の基地でありその主てあ
る高下半左衛門に登記済てあるその墓地に正慶元年建武3年延文六年の三基の板か
あったこれは新田公が暴合攻めの時戦死を遂げた武士たちの基にあった供養碑である
武五年、延文三年の二重については新編相模国風土記稿に見えろものである。これが明治
元年十月盗難にあい観音寺よリ紛失は申し分けないと基土高下半左衛門あてにむ
話が残っているこの板碑と共にあった無名の板碑基と一部破損の基は寺水念の地下
全に預けてある現在の高下家先ホ正基地は明時代に高下氏の往昔は新田氏の先想の
性行く気高下氏に改名を致す若地今度先霊の為供養塔には新田院高等了空g士
そ正元年九月三日と刻まれている当家には東と云う屋号がある文墓地がテ処あった
は急幕府の北条氏を打ち破った義貞公はその後越前国福井県藤島の戦いに於て死
をやけられた義貞公の後の新田氏は足利幕府に所属し静かに余生を送っていたが時は
室町末期の頃である先祖が高野山に参詣し新田代祖霊供養のため高野より憎師を
れてキーを開担したと云うス代々の僧の墓は新田氏の意地を見守るが如くにキ的
側に小さくあった、天正年代頃以前は新田氏と僧の墓地のみであり共後に一般基地に
解決したのであるこれ以前の古いては当家の正慶建武英文の板碑かあるのみて
てこて先祖か高野槇を受けて新田氏の墓地に植え寺の名を引を求の寺とまもれ!
いたのであるこれで新番代の墓地がその損ので何時まであ
れが観音寺の始まりだと当家に伝えられているの樹の木は昭和五十年の秋まて
「枯木て巨大な姿で残り下間の古い歴史を誇る県の重要文化財として何時まであ
残して置きたかった高下宗本家の歴史を物語る貴重な存在であった

テキスト化

monumento
2018-03-28 16:36 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2018/01/07)
タグ: ocr-generated 神奈川県 大和市
hamanobakeneko (2018/03/31)
タグ: ocr-generated 神奈川県 横浜市
wawa (2017/05/31)
タグ: 矢倉沢往還 江戸 横浜市教育委員会 東海道五十三次 史跡 常夜燈 宿駅 大山街道 裏道 大山参詣 信仰の道 荏田 大石神社 境内 神奈川県 横浜市緑区
osawagase (2014/09/15)
タグ: ocr-generated 神奈川県 横浜市