Monumento

板橋宿平尾脇本陣豊田家

shijia

2016/03/14

タグ: 板橋宿 東京都 板橋区

案内板

auto-translate Bridge Inn beside Honjin Toyoda House The Toyoda family home tried the Hirao wholesaler of Itabashi-shuku, wakimoto team, village headman, and were calling themselves the city right Mamoru from generation to generation. 0/1590 (1590), in Kanto immigration of Tokugawa Ieyasu, who immigrated from the Mikawa country reported.
Family name wearing a sword the team was known as the entrance of Hirao. The Kato hauls tail of the haikai master 0/1821 (1821), at that time lived in the flat tail, Diary-style essay "our cloth" wrote. There are articles via the Nakasendo in Edo was heading to the box office, Persian camels are brought in the back yard at the time.
Float tail Hermitage keeps a sketch of camels and stormed the House that, but many people in the Edo area. From the end of Edo period in the head toward the end of Kihei next was tea master Sen and the issue of "Vice‑chairmanof" with.
Heisei 8 district registered tangible cultural property is centered on the collection lucky wakimoto team branding article bulk, conveys the appearance of the town had become a cultural salon.
Kondo 0/1868 (1868) captured in April, under total Nagareyama in new Government army, was imprisoned in the Toyoda family until being executed in the vicinity of Hirao milestone. 3/2007 was Itabashi City Board of education

auto-translate 在本阵丰田章男房子旁边的大桥店
丰田章男家试板桥珠玖、 胁本团队、 村长,东平尾批发商,称自己的市右卫一代又一代。 0/1590年 (1590),在关东的德川家康,从三河国家移民移民报告。 姓戴剑团队被称为东平尾的入口。
加藤拖拉海楷尾巴掌握 0/1821年 (1821 年),当时住在扁平的尾巴,日记体杂文"我们布"写了。 文章通过在江户 Nakasendo,驶向票房,当时的在后院里带来了波斯骆驼。 浮法尾巴冬宫保持骆驼素描和冲进房子,很多人在江户地区。
从结尾的江户时期基黑年底头下一步是与茶师傅森和"Vice‑chairmanof"的问题。 平成 8 区注册有形文化财产集中收集幸运胁本团队品牌条散装,传达出外观的小镇已经成为一个文化沙龙。
近藤 0/1868年 (1868 年) 四月下总流山在新政府军队, 抓获,正在执行附近东平尾里程碑直到被囚禁在丰田家族。
2007 年 3 月被板桥市教委

板橋宿平尾脇本陣豊田家
 豊田家は、板橋宿 の問屋・脇本陣、平尾の名主を努めた家であり、代々市右衛門を名乗っていました。天正18年(1590)、徳川家康の関東入国に際し、三河国より移住してきたと伝えられています。苗字帯刀を許され、平尾の玄関と呼ばれていました。
 文政4年(1821)、当時平尾に住んでいた俳諧師匠の加藤曳尾庵は、日記風随筆『我衣』を記しました。その中に、中山道を経由して江戸で興行に向かっていたペルシャ産のラクダが、当時の奥庭に引き入れられている記事があります。曳尾庵はラクダのスケッチとともに、江戸周辺の多くの人びとが、その姿を一目見ようと当家に押しかけた様子を記録しています。
 幕末から明治にかけての当主である喜平次は煎茶道に傾倒し、「鉄蕉」の号を持つ茶人でした。そのコレクショ運を中心とした「脇本陣豊田家資料一括」は平成8年度に区登録有形文化財となっており、文化サロンとなっていた宿場の姿を伝えています。
 慶応4年(1868)4月、下総流山で新政府軍に捕らえられた近藤勇は、平尾一里塚付近で処刑されるまでの間、この豊田家に幽閉されていました。
 平成19年3月 板橋区教育委員会

テキスト化

shijia
2016-03-14 22:00 (499)
shijia

コメント・周辺画像

shijia shijia 9ヶ月

#<User:0x0000000d54f3f0> 板橋宿平尾町脇本陣

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/03/13)
タグ: auto-translate 如意山観明寺 青面金剛像 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 板橋区教育委員会 天台宗 成田山新勝寺 柴左一 東京都 板橋区
hanacoco (2015/12/28)
タグ: 東京都 板橋区
hanacoco (2016/01/29)
タグ: 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 板橋区教育委員会 東上鉄道 千家尊賀 内田三左衛門 根津嘉一郎 東武東上線 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 1905 1923 電気軌道 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/07/18)
タグ: バーリントン 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 板橋宿 板橋区教育委員会 東京都 板橋区