Monumento

聖神社 と 黒谷の獅子舞

shijia

2016/03/15

タグ: auto-translate 聖神社 黒谷の獅子舞 埼玉県 秩父市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Lion of the Holy Shrine and tomoka kurotani
Holy Shrine
Karita
Kanayama Mikoto (canayamahikonomicoto, 1/11/708)
Countries always Ritsumeikan (kuninotocotetynomicoto, 2/13/708)
Dainichi 孁 your life (oohirmemuthinomicoto, 2/13/708) (Goddess)
God Japan ban over Gen Zun (kamyamatoivalekhconomicoto, 2/13/708) (Emperor jimmu)

Yuan Ming gold life (genmjoucoggnenomicoto, 11/13/722) (emperor Yuan)
Our origin
Court was pleased to discover Wado celebrated mountains built a shrine enshrined to Kazuhiko Kanayama, celebration.
According to the holy shrine's record was built at 2/13/708, was moved to present location resulting Wado dedication Festival, 1 month after an MINO mountains back from holidays pile, worshipped as deities are gods above. DW has been since, through the rebuilding of 4 times now.
And as the 4/13/1964 Chichibu-Shi Naka-imamiya shrine main shrine worship as a sacred shrine was moved to the new shrine into a historic shrine dedicated to ōkuninushi Wado Izumo shrine Bong Hokusai came to be.
Consisting of one-span shrines 流re造ri shrine and stone worship power present Holy Shrine, Edo 0/1710 between Omiya village of large credit by construction and sculpture is a vibrant, just leave the traditions of the Momoyama period in Chichibu city designated tangible cultural asset is as 'holy shrine main shrine". Festival events is 8 times a year.

1/1 new year's day Festival, 2/23 worship, 4/13 Festival, July 13, 禦gi events, Wado Izumo Shrine Festival on November 3, offering corn Festival 12/13, 12/31 Shinto purification ceremony, involving 13, originally, there were celebrations of all.
Lion dance of tomoka kurotani
A kurotani tomoka kurotani area HIDARI jingoro a carved Crown Dai-Myojin in the Holy (Holy Shrine) to said beginning the dedication.
And teach the dance of the 15 species (15 yard in lion dance) 0/1755 (1755) invite teachers from Mikawa country (present-day Aichi Prefecture) Okazaki, Okazaki shimotsuma flow as said. There was notice to was the first year of the bunsei period, Chichibu district followed by drought, and the rain did had no effect, coming myoken-like (current Chichibu shrine) tomoka kurotani lion dance party from Chichibu magistrate's tents, rain 簓. Said so far, Crown dancing gourd mawashi 簓 at the beginning, cloudless blue sky and then rains falls to drew, since a kurotani, 'rain 簓' as now known.
Currently, designated Chichibu city-friendly sense of cultural. 1/11/2008 Holy Shrine.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 狮子的圣地和座畴谷

神圣的神殿
莎乐美式的卡
金山命 (canayamahikonomicoto,1/11/708)
国家总是立命之本 (kuninotocotetynomicoto,2/13/708)
大日孁你的生活 (oohirmemuthinomicoto,2/13/708) (女神)
在创尊 (kamyamatoivalekhconomicoto,2/13/708) 神日本禁止 (皇帝神武)
袁明金生活 (genmjoucoggnenomicoto,11/13/722) (皇帝元)

我们的起源
法院很高兴地发现和道流著名的山建神社载入到和彦金山,庆祝。
根据神圣的神殿纪录建在 2/13/708,被搬到了现在位置产生和道流奉献节日,美浓山从假期桩,敬拜神是天上的神祉回来后 1 个月。
DW 以来,通过重建现在的 4 倍。 作为 1964/4/13 秩父市中区-imamiya 祠主要圣地朝拜,如 ōkuninushi 和道流出云神社邦葛饰北斋来的历史性供奉到新神社搬进一个神圣的圣地。
组成的单跨圣地流re造ri 神社和石崇拜电源目前圣地,江户 0/1710年之间大宫村的建设大型信贷和雕塑是一家朝气蓬勃,只是把传统的桃山时代留在秩父市指定有形文化资产是作为 ' 神圣的神殿主要神社"。
节庆活动是每 8 年次。 1/1 元旦节,崇拜 2/23,4/13 节,7 月 13 日,禦gi 事件,和道流出云神社在 11 月 3 日,提供玉米节 12/13,12/31 日本神道净化仪式,涉及 13 人,最初的所有庆祝活动。

舞狮子的座畴谷
畴谷座畴谷地区 HIDARI 甚吾郎雕刻冠戴-明神在圣洁 (圣地) 到说开始奉献。
教舞的 15 种 (舞狮 15 码) 0/1755年 (1755) 邀请老师从三河国 (今爱知县) Okazaki,Okazaki 下妻流,正如所说。
通知是悲情期间,秩父区其次是干旱,第一年,雨没有没有影响,来妙见样 (当前秩父神社) 座畴谷狮子从裁判官秩父的帐篷,雨簓校园舞会。 说到目前为止,皇冠跳舞葫芦裆部簓开头,晴朗无云的蓝天,然后雨落以来畴谷,提请 '雨簓' 作为目前已知。 目前,指定秩父市友好意义上的文化。
2008/1/11 的圣地。

聖神社黒谷の獅子舞

聖神社
 御祭神
 金山彦命(カナヤマヒコノミコト・和銅元年一月十一日)
 国常立命(クニノトコタチノミコト・和銅元年二月十三日)
 大日孁貴命(オオヒルメムチノミコト・和銅元年二月十三日)(天照大神)
 神日本磐余彦尊(カムヤマトイワレヒコノミコト・和銅元年二月十三日)(神武天皇)
 元明金命(ゲンミョウコガネノミコト・養老六年十一月一三日)(元明天皇)

 御由来
 和銅の発見献上を喜ばれた朝廷は、祝山にお宮を建て金山彦命を祀り祝典を上げました。
 聖神社の社記によれば創建は和銅元年二月十三日で、和銅奉献の祝祭が終って一か月後には、祝山から蓑山を背にした現在地へ移され前記の神々をご祭神として祀りました。
 社殿は以来、四回の建替えを経て現在に至っています。そして昭和三十九年四月十三日秩父市中町今宮神社の本殿拝殿を聖神社として移築されたことに伴い、新社殿に旧本殿を移し大国主命を祀る和銅出雲神社として奉斎されることになりました。
 一間社流れ造りの本殿と入母屋造りの礼拝電からなる現聖神社々殿は、江戸中期宝永六、七年にかけて大宮郷の工匠大曾根与兵衛の建立になり、彫刻は桃山期の遺風をわずかに残し活気に満ちたもので「聖神社の社殿」として秩父市指定有形文化財になってます。
 祭行事は年八回です。一月一日の元旦祭、二月二十三日の祈年祭、四月十三日の例大祭、七月十三日禦ぎの行事、十一月三日の和銅出雲神社大祭、十二月十三日の献穀祭、十二月三十一日の大祓式で、元々は十三日絡む日にすべての祭事が行われていました。

黒谷の獅子舞
 黒谷の獅子舞は左甚五郎が黒谷の地に立ち寄り、竜頭を刻んで聖大明神に(聖神社)に奉納したことに始まると言われています。
 宝暦五年(一七五五)三河国(現在の愛知県)岡崎から師匠を招き十五種(獅子舞でいう十五庭)の舞を伝授され、岡崎下妻流を名乗ったと言われています。
 文政初年の頃、秩父地方に日照りが続き、いろいろと雨乞いの手を尽くしたが効果がなく、秩父代官の御陣屋から黒谷獅子舞連中に妙見様(現秩父神社)に来て雨乞いの簓をするようお達しがありました。さっそく、竜頭を先頭に瓢箪廻しの簓を舞ったところ、雲一つない青空から、大雨が滝のように振り出したと言われ、それ以来黒谷の獅子舞は、「雨乞いの簓」と呼ばれるようになりました。現在、秩父市向け意味族文化財に指定されています。
 平成二十年一月十一日 聖神社

テキスト化

shijia
2016-03-15 20:47 (4)
shijia
shijia
2016-03-15 20:45 (1010)
shijia

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/03/15)
タグ: 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 埼玉県 秩父市
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 埼玉県 秩父市