Monumento

箱根駅伝 箱根駅伝の歴史

hanacoco

2016/03/18

タグ: 箱根駅伝 金栗四三 オリンピック 東京都 千代田区

案内板

auto-translate The history of root Hakone-ekiden relay road race Hakone ekiden was born in 1920 (0/1920). The founder 金栗 43 (1891-1983). Joined Japan's first Olympic marathon runner. 金栗 was a student of the Tokyo higher education (now Tsukuba University) in 1912 (0/1912), as a marathon of the first Japanese national team played in the Stockholm Olympics, although along the way over to abstain. It is a disgrace at that time and experience based on a seek competition for long distance runners hope to cultivate a world-class runner. Tokyo on 50 years celebration crowned & Tokai road relay foot race and relay in 1917 (0/1917), Japan's first sanjō ōhashi, Kyoto and Tokyo, Ueno shinobazuno-IKE Ikema in took place. Planned as a memorial event Expo opens in Ueno by Yomiuri Shimbun, Kyoto-Tokyo 516 km, divided into 23 sectors, for three days, day and night succeed ran, was a Grand Sash relay. It is this race joined the students of East-West major success, it became the "prototype" of the Hakone ekiden. Explaining the significance of establishing Hakone ekiden in colleges and schools, from 金栗 in this ekiden himself served as the anchor calls, Waseda University, Keio University, Meiji University, Tokyo higher normal as "four professional-school collegiate ekiden" was held in 1920 (0/1920).
Became the first Congress to be commemorated this is. Is the Hakone ekiden during World War II was forced to stop for five years because of the deteriorating situation, but handed to players ' hot feelings today.

auto-translate 历史上的根箱根公路接力赛的女子公路接力赛

箱根公路接力赛的女子生于 1920 年 (0/1920)。 创始人金栗 43 (1891年-1983)。 加入的日本第一个奥林匹克马拉松选手。 金栗是东京高等教育 (现筑波大学) 的学生,于 1912 年 (0/1912 年),作为第一次马拉松日本国家队发挥在斯德哥尔摩奥运会上,虽然一路走来投弃权票。 在那时间和经验的基础寻求竞争的长跑希望培养世界级跑步是一种耻辱。 东京上 50 年庆祝加冕和东海路中继赛跑和继电器在 1917 年 (0/1917 年),日本第一三条 ōhashi,京都和东京,上野 shinobazuno IKE 池在发生了。 作为世博会打开在上野由读卖新闻社,京都东京 516 公里,分为 23 部门,为三天,白天和黑夜成功跑,被盛大腰带继电器的纪念活动计划。 它是女子的这场比赛加入东-西取得重大成功的学生,它成为了"原型",箱根公路接力赛。 解释建立箱根的意义在学院和学校,从在此公路接力赛的女子自己充当锚金栗公路接力赛的女子来电,早稻田大学、 庆应义塾大学、 明治大学、 东京高师,在 1920 年举行了"四个专业学校大学生公路接力赛的女子"(0/1920)。 成为了第一次代表大会纪念这是。
是箱根公路接力赛的女子在二次世界大战期间被迫停止五年,由于日益恶化的局势,但今天交给球员的炽热的感情。

箱根駅伝 箱根駅伝の歴史

 箱根駅伝 は1920年(大正9年)に誕生しました。創設者は金栗四三(かなぐりしぞう)(1891~1983)。日本が初参加したオリンピック のマラソンランナーでした。1912年(明治45年)、東京高等師範(現筑波大)の学生だった金栗は、日本人初のマラソン代表としてストックホルム五輪に出場したものの、途中棄権に終わりました。その時の屈辱と経験をもとに、「世界に通用するランナーを育成したい」と、長距離ランナーのための大会を模索したのです。そうした中、1917年(大正6年)、日本で初めての駅伝となる「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」が、京都・三条大橋と東京・上野不忍池間で行われました。読売新聞社が上野で開く大博覧会の記念イベントとして企画され、京都-東京516キロを23区間に分け、3日間、昼夜兼行で走り継ぐ、壮大なたすきリレーでした。東西の学生らが参加したこのレースは大成功を収め、これが箱根駅伝の”原形”となったのです。この駅伝で自らアンカーを務めた金栗らは大学や師範学校、専門学校に箱根駅伝創設の意義を説いて呼びかけ、早稲田大、慶応義塾大、明治大、東京高等師範が応じ、1920年(大正9年)に「四大専門学校対抗駅伝競走」が行われました。これが記念すべき第1回大会となったのです。
戦時中は、情勢悪化のため5年間の中止を余儀なくされた箱根駅伝ですが、選手たちの熱い想いで今日まで受け継がれています。

テキスト化

tenma
2016-03-25 12:38 (620)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/03/18)
タグ: 箱根駅伝 東京都 千代田区
hanacoco (2015/02/16)
タグ: 発祥の地 日本歯科大学 東京都 千代田区
hanacoco (2016/03/18)
タグ: 千代田区教育委員会 神田明神 将門首塚の碑 神田山日輪寺 東京都 千代田区
hanacoco (2016/03/18)
タグ: 東京都教育委員会 平将門 天慶の乱 auto-translate 将門塚 東京都 千代田区
hanacoco (2016/03/18)
タグ: 平将門 藤原秀郷 桓武天皇 平良将 平貞盛 首塚 東京都 千代田区
hanacoco (2016/03/18)
タグ: 先代萩 伊達安芸 原田甲斐 伊達宗重 原田宗輔 東京都 千代田区
hanacoco (2016/03/18)
タグ: 将門塚 神田明神 平将門公 将軍塚例祭 神田祭 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 千代田区教育委員会 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 千代田区教育委員会 別本慶長江戸図 東京都 千代田区