Monumento

お札まき

osawagase

2014/09/15

タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区

案内板

auto-translate Bill Maki
Yokohama city designated intangible folk cultural asset
Specify 11/1/1991
Preservation organizations Bill wind-up party
Held every July, 14 day
The time and place Totsuka-Ku, Totsuka-Cho 4189, Japan
Yasaka Shrine other neighborhood locations Bill reportedly firewood at the dances do 7/14 Yasaka Shrine's summer festival, began with the former revival of company.
And disappear over time, but this dance was done mid Edo period, Edo and Osaka in actively, is currently has is left told only to the Tokaido Totsuka-Juku. Dozen men has a sash over shemale 姉sannkaburi karage hem 渋uchiwa, wear a vote kazura is about as a result of people out. While and chanting dancers according sanshiki Furyu song circle, dance clockwise. Sanshiki in his left hand and end up dancing ' positive first place eight Yasaka Shrine's patron "and scatters of five colors were printed in 渋uchiwa. Vying for people picking up this way back, posted on the door of the home or altar.
Dancing throughout the town and end up dancing in the shrine, go back to the shrine.
Except misfortune spirit Furyu song lyrics wont escape killer that is thankfully Bill, kazutoyo steer clear of a disease from the Gion Festival, as holy spirit faith-based events can tell.
Distribute to feed people to the rips on the road to 御符 is currently not very unusual, is valuable as a private faith.
3/1992 Yokohama City Board of education

auto-translate 条例草案 Maki
横滨市指定无形民俗文化财
指定 1991/11/1
保护组织条例草案上发条的方
每 7 月 14 日举行
日本的时间和地点户塚町户塚町 4189
弥荣祠附近的其他位置
据说比尔木柴在舞蹈做 7/14 八坂神社夏季音乐节,始于公司的前复兴。消失随着时间推移,但是这种舞蹈都做中期江户时代,江户和大阪的积极,是目前已左告诉只到东海道户塚-补习。
数十名男子有腰带人妖姉sannkaburi karage 下摆渋uchiwa,投票卡是由于人的磨损。而根据 sanshiki Furyu 歌曲圈子的诵经舞者,按顺时针方向跳舞。Sanshiki 在他的左手和最后落得靠跳舞 ' 积极的第一名八坂神社守护神"和散射体的五种颜色打印在渋uchiwa 中。争夺人捡回来的这种方式,张贴在祭坛的家的门上。在整个城镇跳舞和最终在靖国神社中跳舞,回到靖国神社。
除了不幸精神 Furyu 首歌歌词不会是值得庆幸的是比尔,kazutoyo 的逃生杀手避开的一种疾病从祗园祭,圣灵基于信仰的事件可以看出。
分发养活人到御符的道路上撕裂目前并不是很不寻常,是有价值的私人信仰。
3/1992
横滨市教委

お札まき
横浜市指定無形民俗文化財
平成三年十一月一日指定
保存団体 お札まき連中
行われる 毎年七月十四日
時期及び場所 戸塚区戸塚町四一八九番地
       八坂神社他町内各所
 お札まきは、七月十四日の八坂神社の夏祭りに行う踊りで、同社の元禄再興とともに始まったと伝えられています。この踊りは、江戸時代中期、江戸や大阪で盛んに行われていましたが、やがて消滅し、現在は東海道の戸塚宿にだけ伝え残されています。
 男子十数人が姉さんかぶりに襷がけの女装をして裾をからげ、渋うちわを持ち、うち音頭取り一人はボテカズラをかぶります。音頭取りの風流歌に合わせて踊り手が唱和しながら輪になって右回りに踊ります。踊り終わると音頭取りが左手に持った「正一位八坂神社御守護」と刷られた五色の神札を渋うちわで撒き散らします。人々は争ってこれを拾って帰り、家の戸口や神棚に貼ります。神社境内で踊り終わると、町内各所で踊り、神社に戻ります。
 風流歌の歌詞に「ありがたいお札、さずかったものは、病をよける、コロリも逃げる」という文句があることから、祇園祭と同様な御霊信仰に基づく厄霊除けの行事であることがわかります。
 神札を路上に撒き散らして人々に拾わせる御符配りは、現在では極めて珍しく、民間信仰資料として貴重です。
平成四年三月
横浜市教育委員会

テキスト化

2014-09-17 10:28 (556)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 横浜市戸塚区