Monumento

荻窪白山神社

shijia

2016/04/09

タグ: 神社 荻窪白山神社 歯の神様 杉並教育委員会 東京都 杉並区

案内板

auto-translate Ogi Kubo shichiken morning market
Formerly under the ogikubo village shrine is a shrine that is Italy bimicot (emergency only Nanami) is.
Under the ogikubo village in the middle ages that made the village Taha, is known from the Uesugi document 0/1451 (1451) and 0/1979 with before and after hōtoku era from 33-ogikubo-Sanchome stupa was discovered.
According to the origin of our civilization over the years (1469-1486) called retainers in the Kanto kanrei Uesugi Akisada Mamoru Yamada Kaga in the House five gongen shrine Bong Sai was to start, after Nakata clan flourished here at the DW Company was once known as the God of the teeth. Said reportedly told Nakata Kaga-no brother Hyogo severe toothache was worried about one night, due to your Oracle environment Hagi to meal as chopsticks mysteriously stopped tooth pain.
It is said the faith as God Heals also toothache is thick with people nearby heard the circumstances, and the number of worshippers. Now only that Hagi also once the precinct many wooded was, by now, DW North old pine tree root remains in the share.
It is said that Hagi was paid from the DW 0/1968 DW facelift of the old hold chopsticks a lot came out.
It is said the shrines dedicated to 0/1928 in building and numerous votive items, is also (bake 563 kilograms) more than 150 pieces, well o-Daiko "(149 cm in diameter) to drum okunitama shrine in Fuchu, Tokyo second.
0/1967 ring (8) line expansion honden, haiden, DW, tamagaki which increase, breaks, repairs and made many votive led to getting dressed today.

9/8 is a national holiday. 2/15/1981 Board of education of Suginami.

auto-translate 奥吉久保 shichiken 早市

以前荻洼村下靖国神社是靖国神社,这就是意大利 bimicot (紧急只有七海)。
根据荻洼村 · 塔哈的中世纪的村庄闻名从 0/1451 Uesugi 文档 (1451) 和 0/1979 年之前与之后从 33-荻洼-三丁目佛塔 hōtoku 时代被发现。
根据我们多年来 (1469年-1486) 文明的起源在房子五 gongen 神社奉世正要出发后中田家族在这里蓬勃发展在 DW, 叫固位体 Uesugi 秋定卫山田加贺关东管领
公司曾经被称为神的牙齿。 据报道说田英寿加贺号兄弟兵牙痛担心一晚上的事,因为您的 Oracle 环境萩餐筷子神秘地停止了牙齿疼痛。 据说它的信念作为上帝医治牙痛也是厚厚的人附近听到这种情况下和信徒数目。
现在只有那萩也曾经的分局许多树木繁茂的是,到目前为止,DW 北老松树树的根仍然是在共享中。 据说萩从 DW 支付 0/1968 DW 整容的筷子很多出来的老举行。
据说是献给 0/1928 年建设的圣地和众多的还愿项目,也是 (烘烤 563 公斤) 150 余件、 井 o 大光"(149 厘米的直径),二鼓 okunitama 在府中,东京的靖国神社。
0/1967 年环 (8) 线扩展特殊,海登,DW,玉垣的增加,休息时间,维修和作出许多还愿导致今天穿衣。
9/8 是全国性的节日。

1981/2/15 的杉并区教育委员会。

荻窪白山神社

 この神社 は旧下荻窪村の鎮守で、祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)です。
 下荻窪村が中世に村をつくったことたは、宝徳三年(一四五一)の上杉家文書や、昭和五十四年に荻窪三丁目三十三番から宝徳前後の年号をもつ板碑が発見されることからもしられます。
 当社の起源は、社伝によると文明年間(一四六九~一四八六)関東管領上杉顕定の家来中田加賀守が、屋敷内に五社権現社を奉齋したのにはじまり、後に中田一族が栄え、ここに社殿を立てたといわれます
 当社はかつて歯の神様 として知られていました。伝えられるところによると中田加賀守の弟兵庫が、激しい歯痛に悩んでいたある夜、御神託により境内の萩を箸として食事をすると不思議に歯の痛みが止まったという。この事情を聞いた近隣の人々は、歯痛もなおる神様として信仰厚く参拝者も多くなったといわれます。
 その萩もかつては境内に多く茂っていましたが、今では、社殿北側の老松の根本に一株残っているだけになりました。昭和四十三年の社殿改築の折には、古い社殿の長押から納められた萩の箸が、たくさん出てきたといわれます。
 社屋や数多い奉納品の中、昭和三年に奉納された神輿は百五十貫余(焼く五六三キログラム)もあり、まあ大太鼓(直径一四九センチメートル)は、府中の大国魂神社の太鼓につぐ都内第二の大きさであるといわれます。
 昭和四十二年環状八号線拡張にともなって本殿、拝殿、社殿、玉垣はどの増・改・修築や多くの奉納がなされ、今日の姿を得るに至りました。
 祭日は九月八日です。

昭和五十六年二月十五日   杉並教育委員会

テキスト化

shijia
2016-04-14 13:38 (675)
shijia

コメント・周辺画像

shijia shijia 8ヶ月

#<User:0x0000000c180e78>

shijia shijia 8ヶ月

#<User:0x0000000c5320a8> 荻窪白山神社 本殿

shijia shijia 8ヶ月

#<User:0x0000000c3d94b8>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 明治天皇 東京都 杉並区
shijia (2016/04/09)
タグ: 杉並区 天沼弁天池 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 大田黒元雄 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 井伏鱒二 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区