Monumento

三嶋暦師の館

osawagase

2014/09/15

タグ: 静岡県 三島市

案内板

auto-translate Nurses of Mishima calendar House Nurses of Mishima calendar House, of rare Japan calendar, Kawai's home was one.
This area was a zone of Mishima Taisha Shrine, but Mishima Taisha Shrine deep shake of the relationship between the one ancestor Kawai calendar nurses as from generation to generation Mishima calendar printing and selling conducted has been.
Also, until the ancient Observatory and the Tokugawa shogunate to edit calendar Kawai home on its own calendar and calculates the editing, printing and sales.
This is the barrier marks Jiang was in nirayama magistrate at the time, after the current building broke before the building by the Ansei earthquake (1854 years) Taichi Shiro hidarimamol gate, JURI was wood (current susono City) building was moved here.
Featured with happening gable roof terrace door, 10/18/2006 was registered in country registration tangible cultural property (building products).
Mishima calendar begins the Kamakura period or as was in the kana characters 摺ra considered it earlier in the calendar, the oldest in Japan, Mishima from, as well as Izu was sold widely in the Central Kanto.
We are published here in order to share as a local cultural heritage, and inherit a valuable history of the Mishima calendar in Mishima city.
Mishima city
Opening hours 9:30-pm at 4: 30 pm
Closed on every Monday (day national holidays if and the next day will) Admission free

auto-translate 三岛的护士月历的房子
三岛的护士月历的罕见日本日历的房子,河的家是其中之一。这区区三岛泰山靖国神社,但三岛寺深摇一个祖先 Kawai 日历护士从一代一代三岛日历印刷和销售之间的关系进行了。
此外,直到古观象台,德川幕府还可以编辑日历 Kawai 回家在其自己的日历和编辑、 印刷和销售来计算。
这是江泽民当时在韭山裁判官后当前建设大厦之前打破了由安赛尔地震 (1854 年) 太极 Shiro hidarimamol 门,, JURI 是的木头 (当前裾市) 建设了搬到这里的障碍标志。
2006/10/18 录得发生山墙屋顶露台门的特色,国家注册有形文化财产 (建筑产品)。
正如在日文假名字符摺ra 认为它早些时候在日历中,最古老的日本,从三岛,以及伊豆被卖广泛在中央关东或三岛日历开始镰仓时代。
我们都在这里发布,以便为当地的文化遗产,分享和继承三岛日历三岛市宝贵历史。
三岛市
开放时间 9:30-下午 4:30 下午
每周一闭馆 (天假日如果和第二天将)
免费入场

三嶋暦師の館
 三嶋暦師の館は、日本でも数少ない暦師の一人、河合氏の家でした。この地は三嶋大社の神領域でしたが、三嶋大社と関係の深い社家の一人河合氏の先祖が暦師として代々三嶋暦の印刷・販売を行なってきました。
 また、古くは天文台もあったと言われており、徳川幕府が暦を編集するようになるまでは、河合家が独自に暦を計算し、編集・印刷・販売を行ないました。
 現在の建物は、安政地震(一八五四年)によって前の建物が壊れた後に、当時の韮山代官であった江川太郎左衛門が、十里木(現裾野市)にあった関所跡の建物をここに移したものです。
 「起り破風」の屋根を持つ式台玄関に特色があり、平成十八年十月一八日に国の登録有形文化財(建造物)に登録されました。
 三嶋暦の始まりは、鎌倉時代かそれ以前であろうと考えられますが、仮名文字で摺られた暦としては、日本で最も古く、三島から発信され、伊豆はもとより関東を中心に広く販売されていました。
 三島市では、この三嶋暦の貴重な歴史を継承し、郷土の文化遺産として共有するために、ここに公開しております。
三島市
開館時間 午前9時30分~午後4時30分
休館日 毎週月曜日(その日が国民祝日の場合にはその翌日となります)
入場無料

テキスト化

2014-09-17 17:22 (519)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/12/26)
タグ: 静岡県 三島市
kawa_sanpo (2015/01/03)
タグ: 天然記念物 御神木 三嶋大社 金木犀 キンモクセイ auto-translate 樹木 老木 薄黄木犀 静岡県 三島市
hanacoco (2015/12/26)
タグ: 静岡県 三島市
kawa_sanpo (2015/01/03)
タグ: auto-translate 三嶋大社 静岡県 三島市