Monumento

千代田区町名由来板 神田須田町二丁目

shijia

2016-04-18

タグ: 千代田区町名由来板 神田須田町二丁目 auto-translate 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Name derived from plate Kanda Chiyoda-ku Suda-Cho 2-Chome 0/1933 (1933) is the current Kanda Suda-Cho 2-Chome was born. After the great Kanto earthquake (1923) 0/1923 of the city of Tokyo was reorganized.
Is the area of the present town have been established, such as Motomachi Yanagihara, Yanagimachi, koyanagi-Cho, hiranaga Cho-Cho merged as part of the. 0/1945 (1945), after the great Kanto earthquake of 22 years of war or of the air raid, Tokyo is again burned down. Especially March 10th Tokyo air raids, the eastern half of Tokyo was burned almost.
Among them, Suda-Cho 2-Chome, unite the people of the town to fire one corner of the neighborhood could escape World War II. After World War II, Suda-Cho 2-Chome area, vendors peddle woolen cloth, such as subsistence and gather, said Japan's temporary prosperity Buri. The hustle and bustle, from the air raids over life, defended the town is main because people's efforts.
Residents love the city feeling remains the same after the war. From old people who like the Festival locality, but in this neighborhood, Kanda shrine and yanamori shrine and under our subservience, parishioners gathered live.
Sanja Festival toriokonai together in may, people still living in the Suda-Cho, Kanda residents are working with a traditional festival to liven things up. Of the Kanda Suda-Cho 2-Chome

auto-translate 名字来自板田千代田速达町 2 丁目
0/1933年 (1933 年) 是神田速达町 2 丁目出生的电流。 后大关东大地震 (1923) 0/1923年的东京市进行了改组。 是目前镇区已建立,例如元町杨原,Yanagimachi,小柳町 hiranaga Cho 町合并作为的一部分。
0/1945年 (1945 年) 后,关东大地震的 22 年的战争或空袭的东京再次烧毁。 特别是 3 月 10 日的东半部东京东京空袭被几乎烧毁。 其中,速达町 2 丁目,把镇火一人团结起来角附近能逃脱二次世界大战。
苏达町 2 丁目地区,二战后供应商兜售呢绒,如生存权和收集,说日本的临时繁荣武里。 喧嚣与纷扰,从空袭的生活,保卫城镇,主要是因为人们的努力。 居民爱的城市感觉战争结束后保持不变。
从旧人喜欢节日的地方,但在这附近,神田神社和梁守神社和下我们奉承,教友生活。 祭 toriokonai 在一起可能,人们仍然生活在速达町,神田居民正在与一个传统的节日助兴。
神田速达町 2 丁目的

千代田区町名由来板 神田須田町二丁目
 現在の神田須田町二丁目が生まれたのは、昭和八年(1933)のことです。大正十二年(1923)の関東大震災の後、東京の町は再編されました。その一環として元柳原町、柳町、小柳町、平永町などの町が合併され、いまの町の区域が定められたのです。
 関東大震災の二十二年後の昭和二十年(1945)、第二次大戦かの空襲によって東京はふたたび焼け野原となってしまいます。とくに三月十日の東京大空襲では、東京の東半分がほぼ焼き尽くされました。そんな中にあって、須田町二丁目は町の人々が一致団結し防火にあたったため、町内の一角は戦火をまぬがれることができました。
 戦後、須田町二丁目周辺は、ラシャの切り売りなどを生業とする業者が集まり、一時は日本一といわれるほどの繁盛ぶりを示しました。その賑わいも、空襲から命をかけて町を守ったに人々の努力があったからこそ生み出せたのです。町を愛する住民の気持ちは、戦後も変わりませんでした。
 昔から祭り好きの人たちが多い土地柄ですが、この界隈には、神田神社・柳森神社・下谷神社の氏子が集まり住んでいます。いまでもこの須田町にすむ人々は、三社の祭礼を五月にまとめてとりおこない、住民が一丸となって伝統ある神田の祭りを盛り上げています。
   神田須田町二丁目会

テキスト化

hanacoco
2016-04-21 08:21 (0)
hanacoco
shijia
2016-04-20 07:37 (556)
shijia
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/04/18)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/26)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/26)
タグ: 御神璽 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 千代田区教育委員会 橋 御府内備考 1892 神田川 和泉橋 藤堂和泉守 町名 1916 1927 帝都復興事業 東京都 千代田区