Monumento

浦島太郎伝説関係資料

cyberwonk

2014/09/15

タグ: auto-translate 横浜市教育委員会 江戸名所図会 浦島太郎 金川砂子 神奈川県 横浜市神奈川区

案内板

auto-translate Island legends related materials
Yokohama city local intangible cultural asset
Registered 11/1/1995
Owner religious corporations, lucky Temple
Address, Kanagawa-Ku, Kanagawa honcho 18-2
Registered article Buddha urashima perceiver (restored fukuju-ji Temple storehouse) one building
Urashima and his son Tower (formerly restored fukuju-ji Temple in) one
Urashima Temple monument (restored fukuju-ji Temple formerly in) one
Owner religious Corporation of Lotus Temple
Head Office Kanagawa District 7 town 21 Street
Registration material of memorial tower three

Honor monument OTA only Assistant made one Is considered urashima taro legend with Yokohama city, Kanagawa also comes to luck was told to watch the Fu shou-ji Temple, the temple is burnt 0/1868 (1868), good luck for more information cannot be validated.
However, it can be found in the literature, such as Edo meisho Zue "Jinchuan sunako's description of dependent origination. After emigrating in Tango province (present Kyoto Northern) in aspect State Miura resident urashima Tayu, according to them was taro. When taro was 20-year-old too, from Jiang Cheng Dragon Palace, live there. Unavoidably visited the parents down to phase in their home country, without anyone knowing and after three years went to Jiang Cheng, was three hundred years ago and died and was buried in Musashi province shirahata in the know. Never disappointed this taro is riding a tortoise from Kanagawa Beach returned to the Dragon Palace, back again.
So people made the object of worship, enshrined as urashima deity, that is.
See Kofuku-ji had been urashima densetsu article is obsolete to the temple and of deep, lucky Temple (Kamakura), has moved to the area in the late Taisho era of Shou JI was Nichiren-ji Temple (Kanagawa-Ku, seven islands 21-Cho).
Urashima Temple monument engraved with urashima Temple will be moved to Chongqing luck SA urashima's brought along with the casket from the Dragon Palace urashima taro in the turtle-shaped pedestal, Tower of urashima and his father, along with the legend of urashima today is a reminder. Yokohama City Board of education

auto-translate 岛的传说有关的材料
横滨市本地无形文化资产
注册 1995/11/1
业主宗教立案法团,福寺
地址,神奈川县神奈川县本町 18-2
注册的条佛浦岛感受 (恢复福重吉寺库) 一楼
浦岛和他的儿子塔 (以前恢复福十寺) 之一
浦岛庙纪念碑 (恢复福十寺前身在) 一
莲花寺宗教公司所有者
头办公室神奈川县区 7 镇 21 街
登记材料的纪念塔三
荣誉纪念碑 OTA 唯一助理作之一

被认为是浦岛太郎传说与横滨市神奈川县也来到运气被告知要看傅寿寺,寺烧 0/1868年 (1868 年),无法验证的详细信息的好运气。 然而,它可以发现在文献中,如江户名所李雪"金川 sunako 描述的缘起。
在国家三浦方面 (目前京都北部) 的探戈省移民后驻地浦岛大禹,据他们说是芋头。 芋头是什么时候 20 岁太,离江郑龙皇宫,住在那里。 不可避免地参观父母到相在自己的国家,没有任何人知道,进入江城三年后,是三百多年前和死了,葬在武藏省 shirahata 知道。 永远不会失望这芋头骑龟从神奈川县海滩再次返回到龙宫回来。 所以人们做崇拜,奉为浦岛神,那就是的对象。
看到兴福寺曾浦岛传说篇文章是过时的到庙里,深,福寺 (镰仓) 已移动到该地区在晚大正时代的守纪是日莲寺 (神奈川县町,七个岛屿 21)。
浦岛庙纪念碑刻与浦岛庙将搬到重庆运气 SA 浦岛带来棺材从龙宫浦岛太郎在龟状底座、 浦岛塔和他的父亲,以及浦岛传说的今天是一个提醒。
横滨市教委

浦島太郎伝説関係資料
横浜市地域有形民俗文化財
平成七年十一月一日登録
所有者 宗教法人 慶運寺
所在地 神奈川区神奈川本町一八番地二
登録資料 本尊浦島観世音(旧観福寿寺蔵)一躯
     浦島父子搭(旧観福寿寺旧在)一基
     浦島寺碑(旧観福寿寺旧在)一基
所有者 宗教法人蓮法寺
所在地 神奈川区七島町二一番地
登録資料 伝供養塔 三基
     顕彰歌碑 太田唯助作 一基

 横浜市神奈川区にも伝わる浦島太郎 伝説は、観福寿寺に伝えられていた縁起書に由来すると考えられますが、同寺は慶応四年(一八六八)に焼失したため、縁起の詳細については確認できません。しかし、『江戸名所図会』『金川砂子』などの文献には縁起に関する記述がみられます。
 それらによると、相州三浦の住人浦島太夫が丹後国(現在の京都府北部)に移住した後、太郎が生まれた。太郎が二〇歳余りの頃、澄の江の浦から龍宮にいたり、そこで暮らすこととなった。三年の後、澄の江の浦へ帰ってみると、里人に知る人もなく、やむなく本国の相州へ下り父母を訪ねたところ、三百余年前に死去しており、武蔵国白幡の峯に葬られたことを知る。これに落胆した太郎は、神奈川の浜辺より亀に乗って龍宮へ戻り、再び帰ることはなかった。そこで人々は神体をつくり浦島大明神として祀った、という内容です。
 この浦島伝説が伝わっていた観福寺の資料は、同寺とゆかりの深い慶運寺(本寺)と、大正末期に観福寿寺が所在した地に移転してきた蓮法寺(神奈川区七島町二一番地)に残されています。
 慶運寺に移された浦島観世音は、浦島太郎が龍宮から玉手箱とともに持ち帰ったとされるもので、亀の形をした台座の上に「浦島寺」と刻まれた浦島寺碑や浦島父子塔とともに、浦島伝説を今日に伝えるものです。
横浜市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2016-12-14 11:10 (5)
ogaworks
2014-09-16 12:55 (745)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 横浜市神奈川区
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 横浜市神奈川区
wawa (2017/05/22)
タグ: 高札場 神奈川宿 本陣 東海道五十三次 金川砂子 法度 掟 神奈川県 横浜市神奈川区
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 横浜市神奈川区