Monumento

取手ゆかりの人びと

kawa_sanpo

2016/04/20

タグ: 徳川家康 正岡子規 小林一茶 高村光雲 高村光太郎 坂口安吾 小川芋銭 本多重次 三河三奉行 広瀬誠一郎 観覚光音禅師 四国八十八箇所 新四国相馬霊場八十八箇所 沢近嶺 村田春海 宮崎仁十郎 菊池幽芳 淀橋太郎 福田昌健 智恵子抄 平塚らいてう 茨城県 取手市

案内板

auto-translate Get connected with people

Toride City Board of education 3/2003
This multiplex:
0/1529 (1529) and 0/1596 (1596) Tokugawa Ieyasu in and achievements on the battlefield becomes one of the Mikawa 3 magistrate. And "Buddha-, demon work left, and chihenn Amano, Jing" is called. "Just a quick note beware of fire cries and immortals, horse 肥yase" of the authors of the letter concise and to the point. Handle spent his later years at the INO. 7/16 death. Stupa Tomb Prefecture historic site and accommodation units. Temple is a temple of the Aoyagi.
The temple, reportedly also relics, such as body armor.

(Photo y. Jiang Honda owned by Mr.)
Kobayashi Issa
0/1763 (1763)-0/1827 (1827) Haiku poet. Born in Shinano-machi, Nagano Prefecture. Went out to Edo at the age of 15, follow the path to the haiku. Visiting the moriya 9 times over 14 years (1817) from 0/1810 (1810), and many stay at West Temple, nunokawa reaching even foot.
In poem soma to 88 Shikoku surroundings of the shimofusa and deserted, long Temple precincts a brush of the Ogawa usen monument is standing.

(The photo Nagano Prefecture Shinano town 1 tea Museum collection)
SEI-Ichiro Hirose
0/1837 (1837)-0/1890 (1890) Born in Takai village under the village headman's House.
Ibaraki Prefectural Assembly Senator of North soma-gun, Kita soma-gun length and ・make efforts to renovate Hill dam and flood control projects. And established a silk mill (co-Sha), standard-bearer of the encouragement of new industry and 2 industrial Expo to sell silk. Tone Canal company established in 0/1887 (1887). Died of sickness in 3/18 to build the Edogawa River and the tone Canal, ceremony that just around the corner.
Tombs are located as Temple.

(Photo Hirose Masayuki's collection)
Optical sound Zen priest watch
0/1711 (1712)-0/1783 (1783) Born in Nagano Prefecture. During the 13-year-old went out to Edo and later started a business in toride-shuku. Faith mind thick, long Temple priest illusion Temple priest Kannon (Turbo-do) of a spiritually ・make efforts to a deep friendship. Priesthood and light sound and around the shrines, up to 88 Shikoku soma. Long Temple is the most, and no. 5 and 88-temple city Sung Kyung locations, of temple there is.

12/17 death and was buried 5 fudasho posthumously.
Sawachika Ridge
0/1788 (1788)-0/1838 (1838) Uge tanizawa, merchant House selling groceries in the handle in trade yubaba's. Given his was called from generation to generation. Kokugaku scholars Murata spring sea discipleship on the 20-year-old in the Edo period After return to handle, while academic and Waka. Burned in the large fire of the handle property of the 0/1837 (1837), had written manuscripts and books collected all. Sinking the frustration also authored works only "spring dreams German story", and died on August 22, next year. Graves is in prayer.

Only sheer is the handle of the Edo period scholar and man of culture.
Ogawa usen
0/1868 (1868)-0/1938 (1938) Painter. Born into a family of ushiku clan. Kappa are especially famous as a unique style. As well as Association and Miyazaki Jiro ten brothers. Jin juro is a meeting around usen, usen learn to handle people. Jin juro is out Ogawa usen teacher view tombstone, Takamura Kotaro to become long Temple precincts.

Minoru Niro 10th child was married to Kotaro's niece Haruko.
Yu Yu Hakusho Yoshiaki Kikuchi
0/1870 (1870) and 0/1947 (1947) The leading newspaper novels and domestic fiction. Masterpiece in "is sin" and "乳姉妹". After graduating from Ibaraki Daiichi junior high school (now Mito one) handle higher primary school serve teachers. Sugiura engaged deeply in love with until later in the marriage. Before moved to Osaka Osaka daily newspaper reporter and two long Temple kannondo (Turbo-do) the flow of the majestic tone generous farewell for a while beforeI'm.
Sakaguchi s.
0/1906 (1906)-0/1955 (1955) The writer lived in the postwar period, in works such as the 'theory of corruption', 'idiot'. 0/1939 (1939) from May to October next year for about 8 months until January to handle live. Fubuki Monogatari 0/1938 (1938) depicting himself half a month, was in the depths of despair to the unpopular. Several anime and manga to be seen.

Yodobashi taro the Ango and had a deep friendship with playwright / Director handle spent the later years, has died here.
Masaoka Shiki
0/1867 (1867)-0/1902 (1902) Haiku writer and poet. Cause the reformation of haiku. Mito journey Tokyo, pulls out from the Western-style house is seen in the most flourishing city and is written. Suigetsu activities were mainly formed from the INO village bomun hospital priest Fukuda, Takeshi (Imura's issue), Shiki and "ink drops of 1' written 'hototogis'.
This Association had joined Ogawa usen also.

(Photo Ehime prefectural Matsuyama municipal Shiki Memorial Museum)
Kotaro Takamura
0/1883 (1883)-0/1956 (1956) He studied at Meiji sculptures greats, Takamura Koun, the Tokyo Fine Arts School (Tokyo geidai). From the romantic era and his wife Chieko sang married life and struggle as a poet, "Chieko-sho' is famous for. Care of the circumference of the body of this wisdom is, Haruko's niece. 0/1945 (1945), Haruko to marry Miyazaki Minoru pulls on the introduction of Kotaro. And intimate Minoru father Jin juro and Kotaro, Kotaro that handle several times.
Quote "beauty of tone is the beauty of the space," to leave.

(Photo North Taichi "collection)
Hiratsuka and shall be
0/1886 (1886)-0/1971 (1971) Women activists. 'Ao' publication of 0/1911 (1911). Dean's message is "the former Hajime woman was in Sun" massive dumping. Drawing on the cover of 'ao', later became wife of Kotaro Takamura, Chieko Naganuma. From 0/1942 (1942) up to 22 years (1947), small living in Toda wells between sentences. Short speech control, thought control, supplies and food were living in during the war.
Is the purpose of the exercise is implemented as a postwar life carry women's movement and the peace movement. (Photo otsuki Shoten collection)

auto-translate 取得与人
取手市教委 3/2003

此多路复用 ︰
0/1529年 (1529) 和 0/1596 年 (1596)
德川家康在和在战场上取得的成就已成为三河 3 裁判官之一。 "佛,恶魔工作离开,和 chihenn 天野之弥,井"称为。 "只是一个快速的注意到要提防火灾的哭声和神仙、 马肥yase"作者的这封信简明扼要和点。 句柄晚年 INO 在度过。 7/16 死亡。 舍利塔墓自治州历史网站和住宿单位。 寺是一座寺庙的青柳。 寺庙,据说还文物,如身体装甲。
(照片 y.江本田拥有先生)。

小林伊萨
0/1763年 (1763年)-0/1827年 (1827)
俳句诗人。 在长野县信浓町出生。 走出到江户在 15 岁的时候,按照路径的俳句。 前往李莉 9 倍超过 14 年 (1817 年) 从 0/1810年 (1810 年),和很多人住在西大寺,布河达到甚至脚。 在诗 soma 到 88 四国环境下总和空无一人,长的寺庙专用区站刷小川机上纪念碑。
(照片长野县信浓川镇 1 茶博物馆收藏)

SEI 一郎广濑
0/1837年 (1837年)-0/1890年 (1890)
出生在 Takai 村落下了村长的家。 茨城县大会参议员北 soma 枪、 北 soma 枪长度和 ・make 为翻新山大坝和洪水控制项目所作的努力。
并建立丝绸厂 (co-Sha),鼓励新产业和 2 工业博览会卖丝绸的旗手。 口气运河公司建立 0/1887 年 (1887 年)。 在 3/18 打造江户川河和口气运河,仪式,就在附近死于疾病。 陵墓位于寺。
(照片广濑雅之集合)

光声禅祭司手表
0/1711年 (1712年)-0/1783年 (1783)
在长野县出生。 在 13 岁期间出去到江户和后来在茨城珠玖做起了生意。 信仰心厚、 长寺祭司幻觉寺祭司观音 (涡轮-do) 的精神上的 ・make 努力到了深厚的友谊。 祭司和光声和周围上神龛,达 88 四国 soma。 长寺庙最多,并号 5 和 88 寺市宋庆地点,有庙。 12/17 死亡和死后被埋 5 fudasho。

Sawachika 岭
0/1788年 (1788年)-0/1838 年 (1838 年)
长 tanizawa,商人房子卖杂货贸易千与千寻的手柄。 鉴于他被称为一代又一代。 国学学者村田春海门徒在江户时期 20 岁 后返回来处理,而学术和瓦卡。 在大型的 0/1837年的 handle 属性火中焚烧 (1837 年),所写的手稿和书籍收集到的全部。 下沉的挫折也创作作品唯一"春天的梦德国故事",和死于 8 月 22 日下, 一年。 坟墓是在祈祷。 唯一纯粹是江户时期学者的句柄和修养的人。

小川机上
0/1868年 (1868年)-0/1938年 (1938 年)
画家。 出生在一个家庭的牛玖氏族。 Kappa 尤其是作为一种独特的风格著称。 以及协会和宫崎次郎的十个兄弟。 金十郎是会议围绕机上、 机上学会处理人。 金十郎是小川机上老师认为墓碑,高村光太郎成为长寺庙专用区。 太郎的侄女春子稔 Niro 10 孩子结了婚。

昱 Hakusho 嘉明菊池
0/1870年 (1870) 和 0/1947 年 (1947 年)
领先的报纸小说和国内的小说。 杰作的"罪"和"乳姉妹"。 从茨城县第一初中 (现在水户之一) 句柄高小学毕业后担任教师。 联合断流从事深深地爱上了直到后来在婚姻中。 之前移动到大阪大阪每日报社记者和两个长寺都会 (涡轮-do) 流的威严的口吻慷慨告别了一会儿才我是

坂口 s。
0/1906年 (1906年)-0/1955年 (1955 年)
作家住在战后时期的作品,如腐败的理论,白痴。 0/1939年 (1939 年) 五月至十月明年约 8 个月,至一月来处理生活。 Fubuki 物语 0/1938年 (1938) 描绘自己半个月,是在绝望的深渊到不受欢迎。 几个动漫和漫画将被看见。 淀桥芋头 Ango 和有了深厚的友谊,与剧作家 / 主任柄花后数年,已死在这里。

子规
0/1867年 (1867年)-0/1902 年 (1902 年)
俳句的作家和诗人。 导致改革的俳句。 水户旅程东京,掏出从西方风格的房子里被最繁华的都市,写。 水月活动主要由 INO 乡村普门医院牧师福田,金城武 (龙东的问题)、 志和"墨水滴 1' 写 'hototogis'。 这种关联也加入了小川机。
(相片爱媛县松山市志纪念博物馆)

高村光太郎
0/1883 年 (1883年)-0/1956 年 (1956 年)
他就读于明治雕塑伟人,高村浩运,东京美术学校 (东京 geidai)。 从浪漫时代和他的妻子千惠子唱了婚后的生活和斗争作为一个诗人,"千惠 sho' 而闻名。 照顾身体的这种智慧的周长是,春子的侄女。 0/1945年 (1945 年),春子嫁给宫崎稔拉光太郎引种。 和亲密稔父亲金十郎和光太郎、 处理多次的光太郎。 引用"美的口气是美丽的空间,"离开。
(照片北太极"集合)

平冢和应
0/1886年 (1886年)-0/1971 年 (1971 年)
妇女活动家。 0/1911 年的 Ao 出版物 (1911 年)。 院长的消息是"前肇女子当时太阳"大规模抛售。 绘制的 ao 封面上,后来成为高村光太郎,长沼千惠的妻子。 从 0/1942 年 (1942) 达 22 年 (1947 年),小生活在户田井之间的句子。 短的语音控制,思想控制,用品和食物都生活在战争期间。 就是练习的目的的实现作为战后生活进行妇女运动和和平运动。
(照片大 Shoten 集合)

取手ゆかりの人びと
取手市教育委員会 平成15年3月

本多重次
享禄2年(1529)〜慶長元年(1596)
 徳川家康 につかえ戦場で数々の功績をあげ、三河三奉行 の一人ともなる。「仏高力、鬼作左、とちへんなしの天野康景」と呼ばれる。「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな馬肥やせ」の簡潔にして要領を得た手紙の作者。晩年は取手ですごし井野で没する。命日は7月16日。墓の五輪塔は台宿にあり、県の史跡に指定。菩提寺は青柳の本願寺。同寺には、甲冑などの遺品も伝えられている。
(写真 本多裕江氏所蔵)

小林一茶
宝暦13年(1763)〜文政10年(1827)
 俳人。長野県信濃町に生まれる。15歳で江戸に出て、俳人への道を歩む。文化7年(1810)から14年(1817)にかけて、9回守谷を訪ね、西林寺に多く滞在し、布川にも足を伸ばしている。「下総の 四国廻りや 閑古鳥」は、相馬霊場八十八箇所を詠んだ句で、長禅寺境内に小川芋銭 の筆になる句碑がたっている。
(写真 長野県信濃町一茶記念館所蔵)

広瀬誠一郎
天保8年(1837)〜明治23年(1890)
 下高井村の名主の家に生まれる。初代の北相馬郡選出の茨城県会議員、北相馬郡長となり、治水事業や岡堰の改修に力をつくす。
 製糸工場(共成社)を設立し、第2回勧業博覧会に生糸を出品、殖産興業の旗手となる。明治20年(1887)には利根運河会社を設立。利根川と江戸川を結ぶ利根運河を開削するが、竣工式を目前にした3月18日に病没した。墓は高源寺にある。
(写真 広瀬誠之氏所蔵)

観覚光音禅師
宝永8年(1712)〜天明3年(1783)
 長野県出身。13歳の時に江戸に出て、後に取手宿で商売をはじめる。信仰心に厚く、長禅寺住職の幻堂和尚と交友が深く、観音堂(さざえ堂)の再興に力をつくす。出家して光音と号し、四国八十八箇所 を巡り、新四国相馬霊場八十八箇所 を開く。長禅寺には一番・五番・八十八番の札所があり、市内には宋慶ヶ所、の札所がある。命日は12月17日で、死後五番札所に葬られた。

沢近嶺
天明8年(1788)〜天保9年(1838)
 本姓は谷沢、家は取手宿内で食料雑貨を販売する商家で屋号は油屋。代々与兵衛を称していた。20歳の時、江戸で国学者村田春海 の弟子となる。後に取手宿にもどり、家業を営みながら学問や和歌に励む。天保8年(1837)の取手宿の大火事で、書きためていた原稿や収集した蔵書をすべて焼失。失意に沈むも唯一の著作「春夢独談」を執筆して、翌年8月22日死去。墓は念仏院にある。江戸時代の取手が生んだ唯一孤高の学者・文化人。

小川芋銭
慶応4年(1868)~昭和13年(1938)
 日本画家。牛久藩士の家に生まれる。独特の画風で、河童の画は特に有名。宮崎仁十郎 とは兄弟同様のつきあい。仁十郎は「芋銭を囲む会」で、芋銭を取手の人々に紹介する。仁十郎は、長禅寺境内に高村光太郎 の筆になる「小川芋銭先生景墓碑」をたてる。仁十郎の子の稔は、光太郎の姪の春子と結婚している。

菊池幽芳
明治3年(1870)~昭和22年(1947)
 新聞小説・家庭小説の第一人者。代表作には『己が罪』・『乳姉妹』がある。茨城第一中学校(現水戸一高)を卒業後、取手高等小学校で教員を勤める。杉浦たまと相思相愛の後に婚約、恵まれた結婚生活を送る。大阪毎日新聞の記者となり大阪に赴任する前に、二人は長禅寺の観音堂(さざえ堂)にのぼり、雄大な利根川の流れを前にしばしの別れを惜しんだ。

坂口安吾
明治39年(1906)~昭和30年(1955)
 『堕落論』、『白痴』などの作品で、戦後の混乱期に生きた作家。昭和14年(1939)5月から翌年1月までの約8ヶ月間取手に住む。昭和13年(1938)に自身の半生を描いた『吹雪物語』を刊行、不評のために絶望のふちにいた。取手を題材とした作品がいくつか見られる。なお安吾と深い親交があった劇作家・演出家の淀橋太郎 は、晩年を取手で過ごし、ここで亡くなっている。

正岡子規
慶応3年(1867)~明治35年(1902)
 俳人・歌人。俳句の革新運動をおこす。『水戸紀行』に、取手は東京を出てからは一番繁華な町で、西洋風の家も見受けられると書かれている。井野村普門院の住職福田昌健(号は井村)らを中心に結成された水月会の活動は、子規の『墨汁一滴』や『ホトトギス』にも記されている。この会には、小川芋銭も加わっていた。
(写真 愛媛県松山市立子規記念博物館所蔵)

高村光太郎
明治16年(1883)~昭和31年(1956)
 父は明治彫刻界の巨匠、高村光雲、東京美術学校(現東京芸大)で学ぶ。詩人として、妻の智恵子との恋愛時代から結婚生活、そして闘病生活を歌った『智恵子抄』は有名。この智恵子の身のまわりの看護をしたのが、姪の春子。昭和20年(1945)、春子は光太郎の紹介で取手の宮崎稔と結婚する。稔の父仁十郎と光太郎は親しく交際しており、光太郎は何度か取手を訪ねている。「利根川の美しさは空間の美である」との名言を残している。
(写真 北川太一氏所蔵)

平塚らいてう
明治19年(1886)~昭和46年(1971)
 女性運動家。明治44年(1911)に『青鞜』を発刊。創刊の辞「元始女性は太陽であった」は大きな反響を呼ぶ。『青鞜』の表紙を、後に高村光太郎の妻となる長沼智恵子が描いている。昭和17年(1942)から22年(1947)まで、小文間の戸田井で生活。言論統制・思想統制・物資や食料も不足する戦時生活であった。運動の目的は戦後改革として実現したが、終生女性運動と平和運動につくした。
(写真 大月書店所蔵)

テキスト化

tenma
2016-04-25 14:25 (2332)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/04/20)
タグ: 平将門 小林一茶 小川芋銭 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/20)
タグ: 平将門 取手市教育委員会 織部時平 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/21)
タグ: 徳川斉昭 取手市教育委員会 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/20)
タグ: 徳川斉昭 取手市教育委員会 取手宿 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/21)
タグ: 素盞嗚命 取手市教育委員会 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/22)
タグ: 徳川家康 聖冏 本多重次 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/22)
タグ: 光明寺 一本刀土俵入 長谷川伸 山野芋作 瞼の母 南天の寺 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/04/21)
タグ: 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/11/04)
タグ: 千葉県 我孫子市