Monumento

末広町(すえひろちょう)

shijia

2016/04/23

タグ: 上野戦争 千代田区町名由来板 旧幕府軍 上野寛永寺 江戸無血開城 新政府軍 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Hiromachi (suehirochou)
Once this area (Ikegami), and Suehiro-Cho (suehirochou) was known. Edo period, outside the current Kanda-Sanchome (blew a Sotho sannchoume) region's place in the South of the old Samurai residences, Kanda hiranaga town matsushiro (Hiragana chewed goose Daichi) and 柳井原 Iwai City (Weir is from said icho) matsushiro, Kojimachi Hirakawa-Cho 1-Chome (malt town Palms know choui. choume) ancient (mountain bit and just because) Yamamoto-Cho, Kanda, an ancient town can be found. Both merchants and artisans lived in town (town house), had been 商wa mainly household goods are conveyed.
To the contrary, on the north side of the town is kamiyashiki live Lord of echigo (echigo) (present-day Niigata Prefecture) Muramatsu clan Moat House, gathered dozen Bubu House. However, exactly at that time marked the end of Tokugawa rule, this area was exposed to the intense fires. The battle of Ueno 0/1868 (1868), Edo bloodless as Ueno kan'ei-ji Temple (kanneiji) in the barricaded former Shogunate forces and Government troops have fought it. Started by attacks from Government forces in Kanda-Sanchome, gathered outside the current urban warfare.
And only ended up on the victory of the new Government army so in anti-Japanese. Suehiro-Cho was born the following year in the battle of Ueno, 0/1869 (1869) that is. Especially Kanda neighborhood, caught up in the fighting or could disrupt residents lost family members and House.
A simpleton named Suehiro, maybe praying for "from this prosperous town in peace thrive in" so that the townspeople were put.
Chiyoda-ku address derived from plate Kanda-Sanchome Suehiro Town Council

auto-translate Hiromachi (suehirochiyou)
一旦得知了这一领域 (池) 和末广町 (suehirochou)。
江户时代,外面当前的神田三丁目 (吹梭托语 sannchoume) 在老旧的武士住宅,神田 hiranaga 镇松代 (平假名咀嚼鹅整固) 和柳井原 Iwai 城市南部地区的地方 (堰是从说 icho) 松代,麴町平川町 1 丁目 (麦芽镇棕榈树知道追。 choume) 古代 (山一点,只是因为) 山本町、 神田,可以发现一个古老的小镇。 商人和工匠住在城镇 (镇房子),已经转达了商wa 主要家用物品。 与此相反,在北边的小镇 kamiyashiki 是生活越 (越后) (今新泻县) 后的主村松家族护城河房子聚集打 Bubu 房子。
然而,正是在那个标志着德川统治结束的时候,这一领域被暴露的大火。 战役的上野 0/1868年 (1868 年),江户不流血上野 kan'ei 寺 (kanneiji) 在周围设置的路障前幕府部队和政府部队已经打过它。 开始由从神田三丁目,聚集在外面当前城市战政府军的攻击。 只对新的政府军队的胜利而告终,所以在抗日。
末广町出生在上野,0/1869年战斗中第二年 (1869 年) 这就是。 特别是神田附近,赶上在战斗中或可能会扰乱居民失去了家人和房子。 缺心眼命名 Suehiro,也许祈祷"从这个繁荣的城镇,在和平中成长在",镇上的人了。
千代田区地址来自板
神田三丁目末广镇议会

末広町(すえひろちょう)
 かつてこの界隈(かいわい)は、末広町(すえひろちょう)と呼ばれていました。
 江戸時代、現在の外神田三丁目(そとかんださんちょうめ)一帯は、武家の屋敷の南側にあたる場所には、神田平永町代地(かんだひらながちょうだいち)や柳井原岩井町(やないはらいわいちょう)代地、麹町平河町一丁目(こうじまちひらかわちょういっちょうめ)代地、神田山本町(かんだやまもとちょう)代地といった町名が見受けられます。いずれも商人や職人が住んだ町(町屋)で、おもに日用品が商われていたと伝わっています。反対に、町の北側は、越後(えちご)(現在の新潟県)村松藩堀家の藩主が住む上屋敷をはじめ、十数軒のぶ家の屋敷が集まっていました。
 ところが、徳川氏の支配が終わりを告げたまさにそのとき、この界隈は激しい戦火にさらされました。明治元年(1868)、江戸無血開城 を不服として上野寛永寺(かんえいじ)に立てこもった旧幕府軍新政府軍 とが戦った上野戦争 がそれです。この市街戦は、現在の外神田三丁目に集結した新政府軍からの攻撃によって始まりました。そして、わずか反日ほどで新政府軍の勝利に終わったのです。
 末広町が誕生したのは、上野戦争 の翌年、明治二年(1869)のことです。とくに神田界隈では、戦闘に巻き込まれい家族や屋敷を失った町民も少なくありませんでした。末広というおめでたい名前は、「これからは、末広がりで町が平和に繁栄しますように」という、町民の切実な祈りがこめられていたのかもしれません。
 千代田区町名由来板
  神田三丁目末広町会

テキスト化

shijia
2016-05-08 22:05 (677)
shijia

コメント・周辺画像

shijia shijia 7ヶ月

#<User:0x00000009fea868> 千代田区町名由来板 末広町

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 寛永寺 御成道 正月御成 将軍御成 auto-translate 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 auto-translate 東京都 千代田区
shijia (2016/06/11)
hanacoco (2016/08/25)
タグ: 校歌 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区教育委員会 滝沢馬琴 東京都 千代田区
shijia (2016/06/11)
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 東京都 千代田区