Monumento

松永町

shijia

2016-04-23

タグ: 森鴎外 新撰東京名所図会 狩野派 千代田区町名由来板 松永町 狩野探信 江戸買物独案内 狩野探幽 auto-translate 東京都 千代田区

案内板

auto-translate 永町 This was once called Matsunaga-Cho.
Was this street now from about 300 years before the Genroku (1688-1704) of trying. 0/1698 (1698), as part of Edo Castle, from the Kamakura City West Konya cut part of the town's 15-Cho (currently, Chuo-ku), expanded the moat along the way. Given, out of the current sensitivity 1-Chome around an ancient people who lived in these towns the following year, and moved.
This was toki付ke's Matsunaga-Cho. About the origin of the name remains a clear record.
0/1900 (1900) published "Shinsen-Tokyo-meisho (Shenzhen Tokyo your Shizue) ' the people at that time, a new city to live in in hopes that"pine always green in the town of perpetual hustle and bustle in hope", chose the name"Matsunaga"is written. Matsunaga, originally developed as a town of merchants and craftsmen are deep relations with the Bakufu land. "Bunsei offering books on (which town or Takaki up)" to according the town was at the time, there was a town, shogunate and hired artist Kano looking Makoto (kanoutannshinn) consecrated residence. Flourished as the shogunate and the Imperial Court patronized painter Kano tan'yu (tannyuu all) father of probing, nijō Castle ninomaru and Cormorant Fishing (ukai) depicting paintings known the
Also in 0/1824 (1824) "Edo (Edo's hitoriannnai) ' is also inhabited by goyo-shokunin make tools used to shoot a bow 鞢 (yukage) (deerskin gloves) and 釘元 or" recorded.
In the Meiji era, was writer Mori ogai outside (moriougai) residence in the town, and Natsume Soseki's stone (natsumesouseki) is also, in the novel 'kusamakura' correspond to Matsunaga,.
Matsunaga town meeting
-----
Kano tan'yu Chiyoda-ku address derived from plate

auto-translate 永町
这一次叫做 Matsunaga 町。 这是街头现在从大约 300 年前元 (1688年-1704) 的尝试。
0/1698年 (1698),作为江户城堡,从镰仓市西科尼亚部分切镇 15 町 (目前,中央区) 的一部分,扩大沿途护城河。 给出当前灵敏度 1 丁目周围的古代的人,第二年,生活在这些城镇和移动。 这是 toki付ke 的 Matsunaga 町。
关于名字的起源仍然是一个明确的记录。 0/1900年 (1900) 发表"神泉-东京-名所 (深圳市东京你静枝) ' 人们在那个时候,一个新的城市,住在"松总是绿色希望永久的喧嚣和热闹的小镇",选择"永"名称的希望写。
松永,最初作为一个镇的商人和工匠都与幕府土地的深厚关系。 "悲情祭书上 (其中城市或木了)"根据镇当时,有一个小镇,幕府和雇佣的艺术家卡诺看诚 (kanoutannshinn) 祝圣居住。 作为幕府与朝廷光顾画家卡诺 tan'yu (tannyuu 所有) 父亲的探测、 nijō 城堡史迹和鸬鹚捕鱼 (鹈) 描绘画已知能茁壮 此外在 0/1824 年 (1824 年)"江户 (Edo 公司的 hitoriannnai) ' 还居住着五洋-日本 「 职人使工具用于拍摄弓鞢 (yukage) (鹿皮手套) 和釘元或"记录。
在明治时代,是镇 (moriougai) 住宅外的作家森鸥外和夏目漱石石 (natsumesouseki) 也是,在小说 '漱' 对应 Matsunaga。
永城市会议
-----
卡诺 tan'yu
千代田区地址来自板

松永町
 ここはかつて松永町と呼ばれていました。この町名ができたのは今から三百年ほど前の元禄(1688~1704)のころです。
 元禄十一年(1698)、江戸城整備の一環として、鎌倉町から西紺屋町(現・中央区)までの十五の町の一部を削って、外堀沿いの道が拡張されました。その翌年、これらの町に住んでいた人々が、現在の外感度一丁目周辺代地を与えられて移り住みました。このとき付けられたのが、「松永町」です。
 名前の由来については明確な記録が残っていません。明治三十三年(1900)刊行の『新撰東京名所図会(しんせんとうきょうめいしょずえ)』には、当時の人々が、新たな町に住むにあたって「松がいつも緑であるように、この町に賑わいも永久のものであってほしい」という願いを込め、「松永」という名を選んだのではないかと記されています。
 商人や職人の住む町として発展をとげた松永町ですが、幕府とのかかわりも深い土地でした。『文政町方書上(ぶんせいまちかたかきあげ)』によれば、町ができた当時、幕府お抱えの絵師・狩野探信(かのうたんしん)の拝領屋敷も町内にありました。狩野派 は幕府や朝廷の御用絵師として栄え、探信の父の探幽(たんゆう)は、「鵜飼(うかい)図屏風」や二条城二の丸の障壁画などで知られています。また、文政七年(1824)の『江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)』には、弓を射るときに用いる鞢(ゆかげ)(鹿革の手袋)という道具をつくる御用職人・釘元又左衛門が住んでいたことも記録されています。
 明治時代には、文豪森鴎外(もりおうがい)の住居も町内にあったと伝わっており、夏目漱石(なつめそうせき)もまた小説『草枕』の中で、この松永町にふれています。
 松永町町会
-----
狩野探幽
千代田区町名由来板

テキスト化

shijia
2016-05-27 09:05 (0)
shijia
shijia
2016-05-27 09:05 (0)
shijia
shijia
2016-05-27 09:04 (20)
shijia
shijia
2016-05-02 07:59 (7)
shijia
shijia
2016-05-02 07:57 (751)
shijia

コメント・周辺画像

shijia shijia 7ヶ月

#<User:0x00000008b7dc18>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

shijia (2016/04/23)
タグ: 千代田区町名由来板 練塀 河内山宗春 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 藤堂和泉守 伊藤伊兵衛 東京都 千代田区
itog (2015/02/14)
タグ: 関東大震災 東京大空襲 千代田区町名由来板 上屋敷 中屋敷 関東大震災協力防火の地 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 運河 護岸 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 auto-translate 佐久間平八 材木商 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 東京都教育委員会 神田明神 万世橋 秋葉原UDX 筋違橋 御成小路 東京都埋蔵文化財センター 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 千代田区町名由来板 佐久間平八 材木商 薪 炭 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 徳川幕府 auto-translate 跡地 東京都 千代田区
kunitenten (2016/07/17)
タグ: 東京都 台東区