Monumento

波除稲荷神社

kawa_sanpo

2014/09/15

タグ: 東京都 中央区

案内板

auto-translate Namiyoke Inari Shrine
20 Street 37, location of Chuo-ku Tsukiji 6-Chome Namiyoke Inari Shrine was first built reportedly Manji annual 1658-61. Is said that enshrined the image of Inari Myojin drifts to the sea when Manji annual advanced Tsukiji area reclamation and wave mastered the difficulties in construction, where waves of the reclamation work was completed successfully.
Wave except that honorary title, except navigation safety and calamity since the Edo period derives from this tradition, God, such as a good-luck charm to the people of worshippers came. Namiyoke Inari Shrine Festival is known as lion Festival from the Edo period, neri歩imashita town during the Festival many of lion head. Extant has been lost in the earthquake and war damage, including many of the lion head 0/1848 (1848) a pair (Chuo Ward cultural property) of the production as a company treasure enshrined in the main hall.
And that, even now every year at Tsukiji lion Festival in June big lion to ceiling charm and benzaiten on teeth-blackening lion circumambulation is, conveys the lion Festival tradition. Also, the rain-fed pot two (Central City resident cultural property) located in front is receiving those engaged in the unloading of cargo from the Owari clan ships dedicated to 0/1838 (1838). Edo period, in the southern half of the current Tsukiji fish market kurayashiki of the Owari Tokugawa family, had carried rice and Owari products, such as.
The ship safely, meteoric water bowl is a valuable cultural heritage convey faith in namiyoke Inari Shrine.
3/2010 Central City Board of education

auto-translate Namiyoke Inari 靖国神社
20 街 37,中央顾筑地 6 丁目的位置
Namiyoke Inari 神社始建据报仍然年度 1658年-61。据说,载入 Inari 明神飘向大海的形象,当曼吉年度先进区填海区筑波掌握在施工中,波的填海工程已成功完成的困难。波只是荣誉称号,除了航行安全和灾难自江户时代源于这一传统,神,如好运气的魅力对信徒的人来了。
Namiyoke Inari 神社节日被称为狮子节从江户时代,在节日期间的 neri歩kimashita 镇许多狮子的脑袋。现存已经丢失对地震和战争的破坏,其中包括许多狮子的头 0/1848年 (1848 年) 作为公司宝生产一双 (中央病房文化财产) 所载主殿。并且,即使现在在筑地狮子到天花板的魅力和牙齿变黑狮子朝圣的弁 6 月大狮子的节日,每年传达了狮子的节日传统。
此外,雨水灌溉锅两个 (中心城市居民的文化属性) 坐落在前面接收那些从事装卸货物从尾张氏族船献给 0/1838年 (1838)。江户时代,在当前的筑地鱼市场 kurayashiki 的德川家康的南半部分进行水稻和尾的产品,如。这艘船安全,大气水碗是一份珍贵的文化遗产传达 namiyoke Inari 神社的信心。
2010 年 3 月
中央市教育局

波除稲荷神社
所在地 中央区築地六丁目二〇番地三七号
 波除稲荷神社の創建は万治年間(一六五八~六一)と伝えられています。築地一帯の埋立てが進められた万治年間、波浪により工事が難航を極めた際、海中に漂う稲荷明神の像を祀ったところ波浪が治まり、埋立て工事が無事完了したと言われています。「波除」という尊称はこの故事に由来するもので、江戸時代以来、航海安全や災難除け・厄除けなどの神として人々に篤く信仰されて来ました。
 波除稲荷神社の祭りは、江戸時代から獅子祭りとして知られ、祭りの際には数多くの獅子頭が町をねり歩きました。獅子頭の多くは震災・戦災などで失われましたが、現存する嘉永元年(一八四八)制作の獅子頭一対(中央区民文化財)は社宝として本殿に安置されています。なお、現在でも毎年六月の「つきじ獅子祭」では「厄除け天井大獅子」や「弁才天お歯黒獅子」が巡行されることがあり、獅子祭りの伝統を伝えています。
 また、本殿前にある天水鉢二基(中央区民文化財)は、尾張藩船からの積荷の陸揚げに従事した小揚たちが天保九年(一八三八)に奉納したものです。江戸時代、現在の築地市場の南半分には尾張徳川家の蔵屋敷があり、米穀や尾張の特産品などが運び込まれていました。船の無事を祈って奉納したこの天水鉢は、波除稲荷神社への信仰を伝える貴重な文化財です。
平成二十二年三月
中央区教育委員会

テキスト化

2014-09-16 10:37 (582)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/09/15)
タグ: 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/09/15)
タグ: 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/09/15)
タグ: 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/09/15)
タグ: 関東大震災 auto-translate 中央区教育委員会 渡し 東京都 中央区