Monumento

登録文化財 二水会館(旧水海道町役場)

kawa_sanpo

2016/04/28

タグ: 常総市教育委員会 茨城県 常総市

案内板

auto-translate Book cultural heritage 2 water Hall (formerly mitsukaido Town Hall) 2 water Hall is built as the town of mitsukaido Sakae-Cho, Dong Hotel 0/1913 (1913).
Hall balconies be sure hands of craftsmen and master carpenter with the enthusiasm of the populace to such as are replaced by railway transportation of the kinu River was at that time, the cornerstone of the cultural and economic exchanges, a new era was a time when local town hall building is the symbol of the area at that time thought-provoking progressive spirit. And the main hall of the Western-style design, (4.5 tatami), corridor, Japanese-style room (ft.) to the North in the design of Japanese-style next to the 1 line (now modified).
South Western and Northern style double structure, similar things such as culture House in Taisho period Japanese consists of Western and then the other with a Japanese-style house as a Western-style of hospitality and life at the Meiji era and the parlor houses should. Central Hall with front width 11 m, depth 7.2 m, 4.4 meters high ceiling space is actually in a one-story, exterior Windows arranged horizontally, turning torso bellows between have built second floor winds.
-Western-style architecture of the early Meiji period, such as with canopy on the front porch, has out Western-style feel better as a whole, and canopy columns with leading Japanese line, epitomizes the Western style with traditional techniques to make something there. 0/1984 (1984) after the 2 rivers of the Kinugawa River, kokai River, was moved to its present location and was christened 2 Hall.
0/1997 (1997) than the countries listed registered cultural asset.
Institutional buildings such as registration cultural asset system = construction after 50 years has passed, have contributed to the historical landscape of the country, have become the norms of expressing is not easy to protect, and then saved as a cultural asset, utilize support token. Joso City Board of education

auto-translate 书文化遗产 2 水 (以前 mitsukaido 大会堂) 厅

2 水堂建是 mitsukaido 东酒店 0/1913年荣町镇 (1913 年)。 大厅阳台可确保手工匠和熟练的木匠师傅与民众的热情,如取而代之的是铁路运输的职河是当时,基石的文化和经济交流,一个新的时代也时当地市政厅大楼区域在那时间发人深省的进取精神的象征。
主殿的西式设计,(4.5 榻榻米),走廊,向北 (现在修改) 1 行旁边的日式风格设计的日式房间 (英尺)。 南西部和北部风格双重结构,如文化日本大正时期的房子西方由和组成然后其他日式房子与西式的热情好客和生活在明治时代和客厅房子应该类似的事情。
中央大厅前台宽 11 米,深度 7.2 m,高 4.4 米吊顶空间实际上在一层、 外部 Windows 水平排列,转动躯干波纹管之间有建二楼风。 -西方-风格建筑的明治初期,如与冠层在前门廊,已出西式的感觉作为一个整体和冠层列与领先的日本生产线,更好地集中体现了西方风格与传统的技术,使那里的东西。
0/1984年 (1984 年) 后鬼怒川河、 科考伊河、 2 河流移动到其目前的位置,被命名为 2 厅。 0/1997年 (1997 年) 比国家列出已注册的文化资产。
机构的建筑物,例如注册文化资产系统 = 施工后 50 年过去了,历史景观的国家作出了贡献,已成为规范的表达并不是容易保护,然后作为一项文化资产保存、 利用支持令牌。
上层市教委

登録文化財 二水会館(旧水海道町役場)

 二水会館は、大正二年(一九一三)栄町字宝洞宿に水海道町役場として建てられた。当時、文化・経済の交流の要であった鬼怒川の水運が鉄道にとってかわられるなど、新たな時代を迎えようとしていた時期で、住民の熱意と棟梁をはじめとする地元の職人の確かな「手」になるホール・バルコニーを備えた町役場の建物は、進取の気風に富む当時の地域のシンボルであった。 
 西洋風デザインのホールを主とし、北側に和室(四・五畳)、廊下、和室(八畳)が和風のデザインで横に一列に並ぶ(現在は改造されている)。南側が洋風、北側が和風という二重構造は、接客としての洋館と生活の場としての和館をもつ明治期の邸宅や、応接間を洋室としその他は和風で構成される大正期の文化住宅などの住宅建築と同様のものである。
 正面の間口十一メートル、奥行七・二メートル、天井高四・四メートルの大空間を持つ中央ホールは、実際は平屋であるが、外観は窓を上下二段に配し、間に胴蛇腹を廻して二階風に造られている。玄関ポーチにはキャノピーが付き、全体としては洋風の感じが良く出ているが、キャノピー柱の持ち送りなどに和風の線が見られ、伝統的技術をもって西洋風のスタイルを具現化させるといった、明治初期の擬洋風建築に通じるものがある。
 昭和五十九年(一九八四)現在地に移築、鬼怒川・小貝川の二河川にちなんで「二水会館」と命名された。平成九年(一九九七)には国より「登録文化財」に指定されている。
「登録文化財制度」=建築後五十年を経過し、国土の歴史的景観に寄与しているもの、造形の規範となっているもの、表現することが容易でないといった建造物を守り、文化財として保存し活用していくことを支援しる制度。
常総市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-05-27 10:18 (740)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/05/14)
タグ: 茨城県 常総市
kawa_sanpo (2016/05/15)
タグ: 銀行 茨城県 常総市
kawa_sanpo (2016/05/15)
kawa_sanpo (2016/05/15)
kawa_sanpo (2016/05/14)
タグ: 水海道城 田村弾正 秋場権左衛門 秋場八左衛門 常総市教育委員会 茨城県 常総市