Monumento

御油のマツ並木

kawa_sanpo

2016/04/30

タグ: 東海道 国指定天然記念物 愛知県 豊川市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Oil of pine trees
Goyu pine trees at the beginning of the Edo period maintained as trees of Tokaido goyu and Akasaka-Juku, was controlled by the shogunate.
Edo period shukuba system was dismantled, where management was not clear, but local in goyu-Cho has continued to manage. Was designated as a natural monument surviving trees of goyu-Cho, concerned that, because of World War II many pine trees on a nationwide scale as fuel have been cut down to.
As a result, national monuments and 11/7/1944 reasons says "Tokaido pine trees for a representative". And launched his oil pine trees humane society 0/1972, 0/1975 a large pine tree planting was held. In addition, regular patrols around the ongoing conservation activities, such as cleaning and mowing down the pine trees and oil still retains now tree-lined landscapes of the Edo period.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 油的松树

国宇松树作为东海道国宇和赤坂-补习,树木维护江户时代初受幕府。
江户时期 shukuba 系统被取消了,在哪里管理并不明确,但在国宇町的地方继续管理。
被指定为生存国宇町,有关由于二次世界大战许多松在全国范围内作为燃料的树木已被砍下来的树为天然纪念物。 作为一个结果、 国家纪念碑和 1944/11/7 原因说"东海道松树为代表"。
并推出他油松树树人文社会 0/1972 年,0/1975 大松树树种植举行。 此外,附近正在进行养护活动,例如清洗和刈割下来的松树和油定期巡逻仍然保留现在的林荫景观的江户时代。

御油のマツ並木

 御油のマツ並木は、江戸時代の初めには東海道 の並木として御油・赤坂宿間に整備され、幕府によって管理されていました。
 明治に入って宿場制度が解体され、管理の所在がはっきりしなくなりましたが、地元御油町で管理を続けてきました。
 その後、太平洋戦争のため全国的に多くの松が燃料として切り倒されていることを憂慮し、御油町の人たちが並木を存続させるため、天然記念物指定を受ける働きかけを行ないました。その結果、「東海道の松並木として代表的なもの」と言う理由により、昭和19年11月7日に国指定天然記念物 となりました。
 昭和47年には、御油松並木愛護会が発足し、昭和50年に大規模な松の補植が行なわれました。また、定期的な見回り、清掃や下草刈など継続的な保護活動によって、御油のマツ並木は江戸時代の並木景観を現在もなお留めています。

テキスト化

tenma
2017-02-06 11:52 (371)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/04/30)
タグ: ocr-generated 愛知県 豊川市
kawa_sanpo (2016/04/30)
タグ: ocr-generated 愛知県 豊川市
wawa (2017/05/06)
タグ: ocr-generated 愛知県 豊川市
wawa (2017/05/06)
タグ: 天然記念物 東海道 御油宿 御油の松並木 愛知県 豊川市