Monumento

御釜神社の史跡と伝説

hamanobakeneko

2016/05/06

タグ: 釜 製塩 奥鹽地名集 和賀佐彦 宮城県 塩竈市

案内板

auto-translate 釜神, historical and legendary
Shrine Shrine Shinto shrine called the shrine or the God pot 4 mouth iron kettles are enshrined.
Shiogama names are derived from this cauldron. In shiogama from ancient times had been salt. Also reduced seawater from nearby shell-Midden sites, pottery shards have been found many. Turning into a salt with iron pots pottery salt is, during the Heian period in General. By the use of iron pots, salt production will be developed rapidly. Nowadays Kama shioyaki shiogama symbol had already become like that of shiogama 0/1300 painted landscapes, depicting two kettle is known.

These 4 iron cauldrons, but when around of what is unknown, but we are drawn to drawings of the early Edo period shiogama these already.
The legend of the shrine Time is not always filled with water in the God pot 4 there is no roof, but still here is also a perennial, in the Edo period, the unforeseen, changes color of the water of the shrine as its forerunners had said. Also in shiogama geography back salt place collection of pot is 7 mouth once, which carried away thieves or split the legend is written. According to bite, sank at the bottom of the kettle-Fuchi (abyss of shinhama, the Tohoku National Fisheries Research Institute), another tidbit is buried in the rice field of Noda Kamada (shiogama crossovers per below), in addition to other tidbits have sunk in the pond, referred to in 志戸田-Mura, Kurokawa shiogama (志戸田 tomiya-Cho line shrine) and is written.

There was the legend now also said to these local.
Seaweed salt baked ritual
Seaweed salt baked ritual testifying the ancient salt-making methods, here's 釜神 annual July from 4 August 6 undergoing. First day (7/4) is the hanabuchi off (7 months Hama-Cho) in shaves of seaweed Sargassum. This is the algae harvesting ceremony. 二日 (7/5) is in kamabuchi months seawater at high tide, put in a wooden barrel carrying carry the this pour it to the shrine. This is the water ritual renewal.
Third eye (7/6), iron kettle is put on the kamado onto bamboo shelves Sargassum, pouring water, lit with Flint boiling pot of seawater, creates a rough salt.

Is that based on the traditional Thai method specified in Miyagi Prefecture's intangible folk cultural property.
Rattan whips and bull stone
Here a rattan whip company and bull rock compendium of NaCl places, back says legends, such as the following. Cattle carrying salt, Camellia Kazuhiko God is his 7-year-old children were withering. Cows stone is that the cow was stone. You can see the water change ceremony once a year when the and Sun stone in the pond there are now still reminiscent of beef back. This pond is connected with the sea and also also said.
Also God is propped up with rattan whip (Temple of rattan whips) said that enshrines the whipping of laid branches grew thick, wisteria flowers were in bloom. Rattan whips and bull stone.
God pot and conveys profound relation to salt making today. NPO Minato Shiho still

auto-translate 釜神,历史和传奇
靖国神社
靖国神社神社称为靖国神社或神锅 4 口铁壶被载入。 盐釜的名字取自这个大锅。
从远古时代的盐釜了盐。 也减少海水从附近的壳蚂蚁网站,陶器碎片发现了很多。 变成了盐铁盆陶器盐是,平安期间一般。 利用铁盆,将盐生产发展迅速。 如今 Kama shioyaki 盐釜符号已经成为这样的盐釜 0/1300年被绘的风景,描绘两个水壶而闻名。 这些 4 铁坩埚,但当周围的什么是未知的但我们是绘制图纸的早期的江户时期盐釜这些已经。

靖国神社的传说
时间不总是装满了水神锅 4 在没有屋顶,但仍然在这里也是多年生草本,在江户时代,不可预见,更改靖国神社水的颜色像所说的它的先行者。 也在盐釜地理回盐地方集合是锅的写 7 口一次,,带走小偷或分割的传说。 根据咬,沉没在水壶富池大 (shinhama,东北国家渔业研究所深渊) 的底部,另一珍闻埋在稻田的野田佳彦烟田 (盐釜分频器每低于),除了其他花絮有沉没在池塘里,志戸田村,黑川盐釜 (志戸田富町线神社) 所述,写。 曾有传说,现在还说到这些地方。

海藻盐焗的仪式
海藻盐焗仪式作证古代制盐方法,这里是釜神每年 7 月从 4 8 月 6 日进行。
第一天 (7/4) 是在刮胡子的海藻羊栖菜关闭 (7 个月哈马町) hanabuchi。 这是收获仪式的藻类。 二日 (7/5) 在 kamabuchi 个月海水涨潮,放在一个木桶携带的携带这把它倒到神社。 这是水仪式续签。 第三只眼 (7/6),铁水壶放到竹架子羊栖菜灶门,倒水,用锅沸腾的海水,火石点燃创造粗盐。
这基于传统的泰国方法在宫城县的无形民俗文化属性中指定。

藤鞭和牛石
这里的藤鞭公司和 NaCl 牛岩简编的地方,回来说 ︰ 传说中的,如以下。
牛携带盐,茶花和彦神是他今年 7 岁儿童被枯萎。 牛石是牛石。 你可以看到水变化仪式每年一次当和太阳石在池塘里有现在仍让人联想到牛肉回来。 这个池塘是与大海相连,还补充说。 神也撑起藤鞭 (藤鞭寺) 说,体现奠定了树枝鞭打了厚厚的、 紫藤花正在盛开。
藤鞭和牛石。 神锅和传达盐使今天的深刻关系。
非营利组织都港区志保仍

御釜神社の史跡と伝説
御釜
 御釜神社には、御釜とか神釜と呼ばれる四口の鉄製の が祀られています。塩竈の地名はこの釜に由来するものとされています。
 塩竈では古くから製塩が行われていました。近辺の貝塚遺跡からは、海水を煮詰めた土器の破片も数多く発見されています。土器製塩が鉄釜による製塩 へと変わるのは、一般的には平安時代とされています。鉄釜の使用によって、塩の生産は飛躍的に発展したことでしょう。西暦一三〇〇年頃に描かれた塩竈津の風景画には、二基の釜が描かれており、この頃すでに塩焼きの釜が塩竈のシンボルになっていたらしいことが知られます。これら四口の鉄釜が、いつ頃のものかは不明ですが、江戸時代初期の塩竈の絵図にはすでにこれらが描かれております。

御釜の伝説
 四口の神釜には屋根がありませんが、ここに湛えられている水は、常に溢れることも涸れることもないとされ、江戸時代には、世に変事のある時、その前触れとして御釜の水の色が変わるといわれていました。また塩竈の地誌「奥鹽地名集」には、釜はかつては七口あり、そのうち三口は盗賊に持ち去られたという伝説が記されています。それによると一口は、釜ヶ淵(新浜町の東北区水産研究所の先の淵)の海底に沈み、別の一口は、野田の釜田(塩竈陸橋下あたり)の田の中に埋まり、さらにもう一口は、黒川郡志戸田村の塩竈殿(富谷町志戸田の行神社)と称される所の池に沈んでいると記されています。これらの現地には、それぞれ今もなおそうした言い伝えが残されています。

藻塩焼神事
 古代の製塩法を今に伝える「藻塩焼神事」は、ここ御釜神社で毎年七月四日から六日にかけて行われています。
 まず初日(七月四日)は、花渕沖(七ヶ浜町)で海藻のホンダワラを刈り取ります。これが藻刈神事です。二日目(七月五日)は、釜ヶ淵で満潮時の海水を汲み、木の樽に入れて担いで運び、これを御釜に注ぎ入れます。これが水替神事です。三日目(七月六日)は、竈に鉄釜をのせ、竹棚の上にホンダワラを広げ、海水を注ぎかけ、燧石で点火して釜の海水を煮詰め、荒塩を作ります。
 古式に則ったその製塩法は、宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

藤鞭社と牛石
 ここにある藤鞭社と牛石について「奥鹽地名集」は、次のような伝説を伝えています。
 昔、和賀佐彦 という神様が七歳の子どもの姿となって、塩を載せた牛を曳かれました。その牛が石になったとされるのが牛石です。そこの池の中には、今もなお牛の背を思わせる石が沈んでおり、一年に一度の水替え神事の際、その姿を見ることができます。またこの池の水は海と繋がっているとも言われています。また神様が立てかけ置いた藤の鞭に枝葉が茂り、藤の花が咲いたのをお祀りしたのが藤鞭社(藤鞭の祠)といわれています。
 藤鞭社と牛石。神釜とともに、塩造りとの深い関わりを今日に伝えています。
NPOみなとしほがま

テキスト化

monumento
2016-05-06 14:22 (1200)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2016/05/05)
タグ: 松尾芭蕉 おくのほそ道 多賀城 大野朝臣東人 藤原朝獦 那須国造碑 多胡碑 日本三古碑 多賀城市教育委員会 大野東人 宮城県 多賀城市
hamanobakeneko (2016/05/06)
タグ: 松尾芭蕉 古今和歌集 多賀城市教育委員会 後拾遺和歌集 宮城県 多賀城市
hamanobakeneko (2016/06/18)
タグ: 源義家 利府町教育委員会 宮城県 宮城郡利府町
kawa_sanpo (2014/09/26)
タグ: auto-translate 桂島 鹽竈神社 奥津比古老翁神 奥津比賣老女神 奥州三観音 松島四大観 多聞山 金華山 宮城県 塩竈市
hamanobakeneko (2016/05/06)
タグ: 松尾芭蕉 藤原俊成 新古今和歌集 雲居禅師 宮城県 宮城郡松島町
kawa_sanpo (2016/10/22)
タグ: 宮城県 宮城郡松島町
kawa_sanpo (2016/10/22)
kawa_sanpo (2016/10/22)
kawa_sanpo (2016/10/22)