Monumento

実験的癌研究に途を開いた 山極勝三郎 医学博士住居跡

hanacoco

2016/05/06

タグ: 文京区教育委員会 東京帝国大学 山極勝三郎 市川厚一 東京都 文京区

案内板

auto-translate Yamagiwa katsusaburo m.d. dwelling opened the road to cancer research
2-5-14, nishikata, bunkyo-Ku (0/1917-0/1930) PROF. KATSUSABUROU YAMAGIWA, M.
D. (1863-1930)

lived here from 1917 through 1930 Professor at Tokyo Imperial University. Pathologist. 0/1863-0/1930 (1863-1930).
Carcinogenicity of chemical substances became a key enemy of mankind should be called the "cancer" of the 0/1915 (1915) in the world for the first time successfully. Dr. study in Germany from Tokyo Imperial University in Ueda city, Nagano Prefecture. Virchows Archiv a prominent pathologist of the University of Berlin (R.
Virchow) of the affected. The chronic stimulation theory proved, and succeeded in making the skin cancer in a test after returning to Japan, Ichikawa thick one passenger cooperation, continue to coal tar paint on rabbit ears for a long time.
Is valued as the world's first landmark study results, the doctor's name is widely known to researchers around the world. Dr. sickly here from rickshaws, akamon in laboratory (now medical library on site) to through the continued study.
Clause celebrates the success of the experiment, he wrote
"Cancer can be a morale and high spirits 2 step three steps" River
Cultural folk love to bring up
Board of education of bunkyo-Ku 3/1995

auto-translate Yamagiwa 克三郎医学博士住宅打开了通向癌症研究
14/2/5,西片,文京 (0/1917年-0/1930)
教授 KATSUSABUROU YAMAGIWA,M。 D.(1863年-1930)
从 1917 年在这里经历 1930

东京帝国大学的教授。 病理学家。 0/1863年-0/1930 (1863年-1930)。 致癌性化学物质又是一个关键的人类的敌人应该被称为"癌症"0/1915 年 (1915 年) 世界上第一次成功。
在德国从长野县上田市东京帝国大学的博士研究。 Virchows 档案馆 University of Berlin (R.突出病理学 • 魏尔啸) 受影响。
慢性刺激理论证明,并成功地使皮肤癌中检测后回到日本,市川厚厚的一名乘客合作,继续对煤沥青漆上兔子的耳朵很长时间。 价值作为世界上第一个具有里程碑意义研究结果,医生的名字广泛地向世界各地的研究者。
博士体弱多病这里从人力车,akamon 在实验室 (现在医学图书馆网站上) 到通过持续的研究。 子句庆祝实验的成功,他写道 ︰
"癌症可以士气和高昂的斗志 2 步三个步骤"的河
文化的民间爱情造就
文京教育理事会
3/1995

実験的癌研究に途を開いた 山極勝三郎 医学博士住居跡
文京区西片2-5-14(大正6年~昭和5年)
PROF. KATSUSABUROU YAMAGIWA, M.D. (1863-1930)
lived here from 1917 through 1930

 東京帝国大学教授。病理学者。文久3年~昭和5年(1863〜1930)。人類の敵ともいうべき”癌”の本態を解く鍵となった化学物質による発癌実験に、大正4年(1915)世界で初めて成功した。
 博士は、長野県上田市の出身で東京帝国大学 からドイツに留学。ベルリン大学の著名な病理学者ウィルヒョー(R. Virchow)の影響をうけた。
 帰国後、市川厚一 助手の協力を得て、長期間にわたってウサギの耳に石炭タールを塗り続ける実験で皮膚癌を作ることに成功し、その慢性刺激説を証明した。世界最初の画期的な実験的研究として、その成果は高く評価され、博士の名は世界中の研究者にひろく知られた。
 病弱であった博士は、ここから人力車で、赤門内の研究室(現在医学図書館敷地)に通って研究を続けた。実験の成功を喜び自ら詠んだ句
”癌出来つ 意気昂然と二歩三歩” 曲川
郷土愛をはぐくむ文化財
文京区教育委員会
平成7年3月

テキスト化

tenma
2016-05-30 09:22 (526)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/08/12)
タグ: 文京区教育委員会 夏目漱石 新撰東京名所図会 樋口一葉 東京都 文京区
kunitenten (2016/08/07)
タグ: 樋口一葉 備後福山藩 東京都 文京区
hanacoco (2016/08/12)
タグ: 徳川将軍 大岡越前守 番屋 東京都 文京区
hanacoco (2016/05/06)
タグ: 中山道 岩槻街道 駒込宿 東京都 文京区
hanacoco (2016/05/06)
タグ: 文京区教育委員会 東京都 文京区
hanacoco (2016/05/06)
kawa_sanpo (2015/05/16)
タグ: 江戸砂子 旧町名案内 町屋 百姓町屋 auto-translate 東京都 文京区
hanacoco (2016/05/06)
タグ: 坪井正五郎 文京区教育委員会 夏目漱石 新撰東京名所図会 田口卯吉 木下杢太郎 上田敏 佐佐木信綱 和辻哲郎 東京都 文京区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 一里塚 文京区教育委員会 東京都 文京区