Monumento

藤堂和泉守(どうとういずみのかみ)の上屋敷を彩った樹々

shijia

2016/05/08

タグ: 藤堂和泉守 伊藤伊兵衛 東京都 千代田区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Temple Izumi Mamoru (support of Izumi) of trees colored kamiyashiki
Edo period, this area is the Tsu domain in Ise Province (ISE of especially one I) Lord, Izumi TODO Mamoru (thank you bite If Izumi) of kamiyashiki was.
Many of the daimyo's residences and gardens large and small has planted trees of IHEI Ito (itouihee) served as a plant post todo's from generation to generation, here. In the Edo period ahead of world horticulture has flourished, ranging from generals to daimyo and Samurai, commoner became popular appreciation of trees and flowering plants and cultivation. IHEI Ito (itouihee) in the Edo period the most famous gardener, which was hereditary name of IHEI, Genroku age from (late 1600s-early 1700's) to IHEI Ito, who played third, three was (would like to feed I of-), fifth 藤伊 IHEI Masatake (would like to Masa bamboo) (also fifth 4 doctrine) driving a number of books and especially famous for the excellent discernment skills, which grows naturally in the wild, such as azaleas and Maple plant to produce various new species from the Temple in many vegetable and flower illustrated in. "Splendid pillow (gold embroidery pillow)", 3 core (sannnojou) published by 0/1692 (1692) in the world and first azalea encyclopedia it is.
100 years later, Siebold and fortune, as well as botanists and plant hunters from Japan, told the European plants of Japan and its diversity.
I say-they contributed to the development of the horticultural world. From the Edo period, the world-famous horticultural heritage to tell future generations, Japan 30 different native species and horticultural species of trees are planted.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 寺泉卫 (Izumi 支持) 的树木彩色 kamiyashiki
江户时代,这一领域是在 Ise 省台联域 (ISE 的尤指我) 主啊,泉 TODO 卫 (谢谢你咬如果泉) 的 kamiyashiki 是。
许多的大名的住宅和花园大型和小型已植树担任厂邮政 todo 的从一代一代,这里的 Ito 季刊 (itouihee)。
在江户时期世界园艺蓬勃发展,从将军到大名和武士,平民成为流行赏析树木和开花植物和栽培。 伊兵 Ito (itouihee) 在江户时代最著名的园丁,是遗传性的季刊,源六的名称从 (十七世纪早期晚期) 季刊 Ito,打了第三个,到三岁是 (想要喂我的-),第五藤伊伊兵正 (很想去马萨竹) (也是第五 4 学说) 驱动大量的书,尤其是著名的优秀的甄别能力,其中自然生长在野外,如杜鹃花和枫工厂来生产各种新物种从许多蔬菜和花卉在寺中所示。 "灿烂枕头 (金片绣枕)",3 核心 (sannnojou) 发表 0/1692年 (1692) 在第一的杜鹃花百科全书,它是与世界。 100 年之后,西博和财富,以及植物学和植物猎人从日本,说日本和其多样性的欧洲植物。
我说-他们世界园艺界的发展做出贡献。
来自日本江户时期,世界著名的园艺遗产告诉后代,日本 30 不同树种和种植园艺品种的树木。

藤堂和泉守(どうとういずみのかみ)の上屋敷を彩った樹々
江戸時代、このあたりは伊勢国津藩(いせのくにつはん)主、藤堂和泉守(とうどういずみのかみ)の上屋敷でした。
大名屋敷の多くには大小様々な庭園があることから、ここは藤堂家の植木職を代々務めた伊藤伊兵衛(いとういへえ)に円のある樹木を植えています。
江戸では世界に先駆けて園芸が隆盛し、将軍から大名武士、庶民に至るまで樹木や草花の鑑賞、栽培が流行しました。伊藤伊兵衛(いとういへえ)は江戸で最も有名な植木屋であり、伊兵衛の名を世襲しましたが、元禄から享保期(1600年代後半~1700年代前半)に活躍した三代伊藤伊兵衛三之丞(いとういへえさんのじょう)、五代伊藤伊兵衛正武(いとういへえまさたけ)(四代目説もあり)が特に有名で、見識技量に優れ、ツツジやモミジなど山野に自生する植物を元に様々な新種を作出すると同寺に、数多くの園芸植物の図解入りで記載した多くの著作を起こしてます。三之丞(さんのじょう)が元禄5年(1692)に出版した「錦繍枕(きんしゅうまくら)」は世界初といえるツツジ図鑑です。100年余り後、シーボルトやフォーチュンといったヨーロッパの植物学者やプラントハンターらが来日し、日本の植物とその多様性をヨーロッパに伝えました。
そのことからも彼らは世界的な園芸の発展に貢献したと言えます。
江戸時代から続く、世界に誇る園芸文化を後世に伝えるべく、ここには30種類の日本在来種および園芸種の樹木を植えています。

テキスト化

shijia
2016-05-18 09:52 (634)
shijia

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

itog (2015/02/14)
タグ: 関東大震災 東京大空襲 千代田区町名由来板 上屋敷 中屋敷 関東大震災協力防火の地 東京都 千代田区
shijia (2016/04/23)
タグ: 森鴎外 新撰東京名所図会 狩野派 千代田区町名由来板 松永町 狩野探信 江戸買物独案内 狩野探幽 auto-translate 東京都 千代田区
shijia (2016/05/08)
タグ: 千代田区町名由来板 auto-translate 佐久間平八 材木商 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 運河 護岸 東京都 千代田区