Monumento

前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡

hanacoco

2016/06/01

タグ: 板橋区教育委員会 東京都 板橋区

案内板

auto-translate Ruins of the town district and Maeno-Cho Kumano Northern ruins
IDEI River Sanchome Maeno-Cho 5-Chome and spring water 24-Cho, Izumi of Shimizu municipal children's amusement park as the main source to capital fast item line current flowed from the numerous settlements (villages) since ancient times was conducted. 0/1935, Maeno-Cho Shimura area is land readjustment for the great Kanto earthquake, were rife with the discovery of the ruins. Especially Maeno-Cho region (approximately 1700 years from now) Kofun period from the late Yayoi period pottery village of numerous discovered and collected them from the southern Yayoi era apocalyptic signs form and with "before-expression" and named to Maeno-Cho the name widely in the world of archaeology was.
4-Chome, Maeno-Cho joraku hospital and keeps the pottery became a sign of them, many are Tokyo, designated tangible cultural property. Maeno-Cho Kumano North remains the guide plate around around 50-is named after the place in ruins with a spread of 100 meters, located in the North area of Kumano ancient place name (s). 8/1998, Nikkan in Maeno-Cho-Sanchome 44, remains within the range seen from August 2006 through September conducted a survey confirmed that remains following construction heights the City Board of education made soundings so far, so. This was also called the late Yayoi period settlement ruins Maeno-Cho ruins first point where Showa 13 years at that time in the plant and found ruins upon.
Jomon period remains late Yayoi period settlement by land due to the previous plant as a result of this investigation, but it had not been confirmed until now older (approximately 3800 years ago from now) of new facts have been added to the history of Maeno-Cho district, and found numerous pieces of pottery used three dwellings and cook.
3/2001 Itabashi City Board of education

auto-translate 镇区和前野町野北部废墟遗址
出井伸之河三丁目前野町 5 丁目和春天水 24-Cho,市政府儿童游乐园作为资本快速项目线电流的主要来源从众多定居点 (村庄) 流出,因为远古时代进行的清水泉。
0/1935 年前, 野町志村地区土地整理的关东大地震,都充斥着废墟的发现。 尤其是前野町地区 (从现在起大约 1700 年) 坟时代从晚弥生时期陶器村里的许多发现和收集他们从南部的弥生时代世界末日迹象形式和与"之前表达"并命名前野町到世界考古学已广泛在的名称。 四丁目、 前野町常乐医院和保持陶器成为了他们的标志,很多是东京,指定有形文化财产。
前野町野北仍然是导光板周围大约 50-100 米,位于北方地区的野古地名 (s) 蔓延成为一片废墟的地方的名字命名。 8/1998 年,在前野町-三丁目 44 日刊仍在范围内,从 2006 年 8 月通过 9 月进行了一项调查证实,这仍然是继建设高地市教育委员会作探测到目前为止,所以。 这也被称为晚弥生时期解决遗址前野町遗址在昭和 13 年,在厂里的时间,发现遗址后的第一个点。 绳纹时代期间仍然晚弥生时期解决由土地,由于以前的植物,由于这次调查,但它尚未得到确认直到如今年纪大了 (大约 3800 年前从现在起) 的新的事实已加入的前野町区历史和发现许多片断的陶器用三个住宅和厨师。
3/2001
板桥市教委

前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡
 前野町三丁目から五丁目にかけては、泉町二四番の区立清水児童遊園部分の湧き水を主な源泉として、現在の首都高速五号線部分を流れていた出井川に沿い、古くから数多くの集落(むら)が営まれていました。
 昭和十年代、前野町を含む志村一帯は関東大震災を契機とした土地区画整理が行われ、遺跡の発見が相次ぎました。特に前野町地域は弥生時代後期から古墳時代前期(今から約一七〇〇年間)にかけての集落が数多く発見され、それらから採集された土器は、南関東地方の弥生時代終末の標識形式として「前野町式」と名づけられたため、前野町の地名は広く考古学界に知れわたりました。なお、それらの標識となった土器の多くは前野町四丁目の常楽院に保存されており、東京都指定有形文化財となっています。
 前野町熊野北遺跡は、この案内板を中心に周囲約五〇~一〇〇メートルの広がりをもつ遺跡で、昔の地名(字)「熊野」の北域に位置しているところから名づけられています。平成十年八月、同遺跡範囲内の前野町三丁目四四番におけるニッカン見次ハイツ建設計画に伴い区教育委員会が試掘調査を行ったところ、遺跡が残っていることが確認されたので同年八月から九月にかけて本調査を実施しました。ここは昭和十三年当時工場建設に際し遺跡の存在が確認され、弥生時代後期の集落遺跡前野町遺跡第一地点と呼ばれた場所でもありました。本調査の結果、弥生時代後期の集落は以前の工場建設に伴う整地により残っていませんでしたが、今まで確認されていなかったそれより古い縄文時代後期(今から約三八〇〇年前)の住居跡三軒と、煮炊きなどに使用した土器の破片などが数多く発見され、前野町地区の歴史に新たな事実が追加されました。
平成十三年三月
板橋区教育委員会

テキスト化

tenma
2016-06-07 18:41 (745)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/06/01)
タグ: 東京都 板橋区
hanacoco (2016/06/01)
タグ: 弘法大師 興教大師 専誉僧正 真言宗 空海 覚鑁 東京都 板橋区
hanacoco (2016/06/01)
タグ: 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2016/10/16)
タグ: 東京都 板橋区
sanpocafe (2014/09/12)
タグ: 江戸時代 善徳寺 大伝馬町 伝馬役 馬込家 増上寺 東京都 北区
hanacoco (2015/08/12)
タグ: 板橋区教育委員会 近藤登之助 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/07/04)
タグ: 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 東京市 板橋宿 橋 板橋区教育委員会 江戸名所図絵 1798 板橋 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/07/04)
タグ: 東京都 板橋区