Monumento

岩槻藩遷喬館(せんきょうかん)

kawa_sanpo

2016/06/10

タグ: さいたま市教育委員会 児玉南柯 埼玉県 さいたま市岩槻区

案内板

auto-translate Iwatsuki domain transonic Qiao hotel (sennkyoukann) Transonic Qiao Hotel cram in the late Edo period 0/1799 (1799) iwatsuki domain scholar Kodama Minami Ke (kodamanannka) was founded for the education of youth, later became a clan.
Plum-Tei home, expansive grounds with plum at its peak during martial arts training Institute, Sugawara no michizane Kan God Temple (shrine), Minami-Ke, rockery, pond, gazebo was established.
Building was used as a transonic Qiao hotel building (building) which has 15 tatami mat and tatami mat 9 deffinately manners.
Clan during the Edo period had many students across the country, stored in the transonic Qiao hotel is the only one in the 3/31/1939 was designated in Saitama Prefecture cultural asset (historic site).
3/2006 Saitama city Board of education

auto-translate 槻域跨音速桥酒店 (sennkyoukann)

跨音速桥酒店补习班在晚江户时期 0/1799年 (1799) 槻域学者儿玉南柯 (kodamanannka) 成立为教育的青年,后来成为了一个家族。 梅花麻地回家,膨胀的理由与梅花在全盛时期武术训练研究所,菅原没有道真菅直人上帝庙 (神社),南柯,假山、 池塘、 凉亭成立。
建筑被用作跨音速桥酒店的建筑物 (建筑) 15 榻榻米垫子和榻榻米垫子 9 嫌礼仪。
江户时期氏族有许多学生在全国各地,存储在跨音速桥酒店是唯一一家在 1939/3/31 被指定在埼玉文化资产 (历史遗址)。
2006 年 3 月
埼玉市教育委员会

岩槻藩遷喬館(せんきょうかん)

 遷喬館は、江戸時代後期の寛政十一年(一七九九)に岩槻藩の学者児玉南柯(こだまなんか)が青少年の教育のために創立した家塾で、後に藩校となりました。最盛期には梅林を伴った広大な敷地の中に、武芸稽古所、菅原道真を祀る菅神廟(天神社)、南柯の自宅「梅亭」、築山・池泉、展望台などが設けられていました。
 現存する建物は、遷喬館の学舎(校舎)として使用されていたもので、十五畳と九畳からなる二間続きの教場を備えています。
 江戸時代には全国に多くの藩校がありましたが、県内において保存されている藩校は、遷喬館が唯一のもので、昭和十四年三月三十一日に埼玉県の文化財(史跡)に指定されました。
平成十八年三月
さいたま市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-07-04 11:10 (322)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 岩槻城 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 一里塚 日光御成道 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 岩槻城 高力清長 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 岩槻市教育委員会 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区