Monumento

旧役場跡記念碑の建立について

kawa_sanpo

2016/06/11

タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区

案内板

auto-translate About town hall ruins monument erected
This business plans as part of the 35 anniversary of municipal organization enforcement of 6/1988 regular City Council meeting in old town 1 六ka村 Town Hall ruins monument erected to petition was adopted by and conducted from fiscal year Heisei 2 strategic times. In pursuit of the implementation, the old town hall ruins memorial monument erected deliberation Committee was established, and give careful consideration regarding the purpose of the monument and monument erected, form, material, where the inscription obtained the definite plan. Erected in the old town hall ruins, devoted one 2 million yen expenses.
7/1989 hit the 35 anniversary municipal organization enforcement shall cause engineering from the Jain temple village, since SHINWA, Dori, Kawai, k. soil and conducted sequentially with each village of the iwatsuki city erected as incident.
In this monument is widely used in public, get a further understanding of the performance history of the towns and villages of our ancestors and love of.
As for conveying long, also pray for this city more and more development takamasa, 刻shi history of the monument was erected, built 1 monument here.
7/1990
Good luck iwatsuki-Shi long Saito
Old town hall ruins memorial monument erected Board
Chairman Morita Seiji 撰文 Omura base

auto-translate 关于市政厅遗址纪念碑

这个商业计划作为市政组织执法 6/1988年市理事会例会在老 1 六ka村镇大会堂的 35 周年的一部分遗址纪念碑竖立,呈请通过,并从财政年度平成 2 战略时期进行。
实施,在旧市政厅遗址纪念馆纪念碑竖立的审议委员会成立,并仔细考虑关于纪念碑和纪念碑的目的、 形式、 材料、 题字从何处获得明确的计划。 竖立在老市政厅遗址,有一个专门 200 万日元的费用。 7/1989年命中 35 周年市政组织执法须自新和、 通、 川的 k.土壤工程从耆那教庙村,并与竖立作为事件槻市每个村按顺序进行。
在这座纪念碑是广泛使用在公共场合,更进一步了解性能历史的城镇和村庄的我们的祖先和爱。
为这座城市中传送很久,也祈祷更多和更多发展隆昌,刻shi 历史的纪念碑被竖立起来,建 1 座纪念碑在这里。
7/1990 年
祝你好运槻石长斋藤
老市政厅遗址纪念碑竖立板
主席盛田昭夫 Seiji
撰文大村基地

旧役場跡記念碑の建立について

 この事業は、昭和六十三年六月定例市議会において、旧一町六か村役場跡地に記念碑を建立することについての請願が採択されたことにより、市制施行三十五周年記念行事の一環として計画し、平成元年度から二か年度にわたって実施した。
 実施に当っては、旧役場跡記念碑建立審議委員会を設置し、記念碑及び碑の建立趣旨、形態、材質、建立位置、碑文等について慎重審議し、成案を得た。建立地は旧町村の役場跡とし、経費は一基二百万円を充てた。市制施行三十五周年に当る平成元年七月吉日をもって、慈恩寺村から工を起し、以後新和・川通・河合・和土・柏崎の各村と順次実施し、岩槻町建立を結びとしてつつがなく完了した。
 この記念碑が広く市民に活用され、旧町村の歴史や先人の業績の理解、及び郷土愛の涵養に資し得れば幸いである。
 よって、ここに一碑を建てて記念碑建立の経緯を刻し、その功を永く伝えるとともに、併せて当市の益々の発展隆昌を祈念するものである。
平成二年七月吉日
岩槻市長 斎藤伝吉
旧役場跡記念碑建立審議委員会
委員長 森田清治
撰文 大村進

テキスト化

tenma
2016-07-04 11:11 (466)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 一里塚 日光御成道 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: 岩槻城 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 岩槻市教育委員会 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 鐘 新編武蔵国風土記稿 岩槻市教育委員会 阿部正春 永井直信 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 岩槻城 高力清長 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/10)
タグ: さいたま市教育委員会 児玉南柯 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/06/30)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区
kawa_sanpo (2016/07/01)
タグ: 埼玉県 さいたま市岩槻区