Monumento

区登録有形文化財 舟形地蔵・道標

kawa_sanpo

2016/06/11

タグ: 葛飾区教育委員会 坂東三十三観音霊場 東京都 葛飾区

案内板

auto-translate Registered tangible cultural properties of Japan funakura polymorphic & signposts
Location, Katsushika-Ku, Higashi-kanamachi 6-20-17,

Date of registration 3/25/1991. 0/1694 (1694) was built in July, in the Middle relief of jizo, the left (so until two RIS and a half), right (Miki said with the-on and Michi) and there.
Previously was along the road of 30 m south of here. Iwatsuki jion-ji Temple is known as no. 12 Temple of bando 33 Kannon pilgrimage, was gathering the faith of the people along the Edogawa. Has been used as a road carrying salt gyotoku up this way is called iwatsuki jion-ji Temple Road, waterway development. Came as a way of people going to pray that after jion-ji Temple.
An enthusiast had collected much faith from "kanamachi village Bank 235 people and carved. Katsushika City Board of education

auto-translate 日本船仓多态性和路标的注册有形文化特性
位置,葛饰区町东-金町 17/6/20,
登记日期 1991/3/25。

0/1694年 (1694 年) 始建于今年 7 月,在中间救济的菩萨,左边 (所以直到两 RIS 和半),右 (三木说与上和米奇) 和那里。 以前是沿着这里南 30 米的道路。
槻加入寺被称为号 12 bando 寺 33 观音朝圣,收集沿江户川人的信念。 一直用作携带盐株式会社这样一条路叫做槻加入吉寺路,水路发展。 作为一种方式的人要祈祷,后加入寺来。 爱好者收集了多大的信心,从"金町村庄银行 235 人和雕刻。
葛饰区市教委

区登録有形文化財 舟形地蔵・道標
所在地 葛飾区東金町六丁目20番17号
登録年月日 平成3年3月25日

 元禄7年(1694)7月に建てられたもので、中央に地蔵の浮彫、その左側に(そうか迄二里半)、右には(ミキいわつきしおんしミち)とあります。以前はここより30m南の街道ぞいにありました。
 岩槻慈恩寺は、坂東三十三観音霊場 の第十二番札所として知られ、江戸川ぞいの人々の信仰をあつめていました。この道は岩槻慈恩寺道と呼び、舟運が発達するまでは行徳の塩を運ぶ陸路として利用されました。その後慈恩寺へお参りにいく人々の道として賑わいました。「金町村 同行弐百三十五人」と彫られていることから、多くの信仰をあつめていた様子がうかがえます。
葛飾区教育委員会

テキスト化

tenma
2016-06-16 11:50 (325)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 鈴木松什 寥松 芭蕉翁発句類題集 葛飾区教育委員会 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 力石 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)