Monumento

Erwin von Baelz (エルウィン・フォン・ベルツ) 1849~1913

hanacoco

2016-06-14

タグ: 東京大学 チュビンゲン大学 ライプチヒ大学 相良元貞 ハイデルベルグ大学 auto-translate ベルツ スクリバ 李鴻章 大津事件 東京都 文京区

案内板

auto-translate rwin von Baelz (Erwin von baelz) 1849-1913 Born in beatichheim in southern Germany. Enrolled in Tubingen University School of medicine and graduated with highest honors from Leipzig University. Sagara Yuan of annual 1 medicine international students admitted to Leipzig University Hospital with the hospital, and was invited to Tokyo igakko yawara fountain bridge period to 0/1876. 0/1902 26 years, medicine, education and medical treatment, laid the Foundation of medicine in our country. 0/1881 served as Chief of the teachers from the University of Tokyo School of medicine. Tsutsugamushi disease, Lung fluke, balneotherapy, anthropology, Ethnology, such as research and the first lung absorption insect eggs found in the world. After retirement served as a court physician, returned to 0/1905. Diary of the belts is known as historical documents recorded the modernization of Japan.

The 0/1913 died due to aneurysm.

Julius Karl Scriba (Julius Karl scriba) 1848-1905 Born in the Grand Duchy of Hesse lindheim. Studied medicine at the University of Heidelberg, who served as Assistant at Freiburg University Department of surgery. 0/1881 in Japan, laid the Foundation for surgery in Japan engaged in educational, medical treatment at the University of Tokyo School of medicine for 20 years. Called introduced the aseptic and bloodless surgery using the esmarch tourniquet. Russia Prince attacked in Otsu 0/1891 treatment and Li Hongzhang 0/1895 attended the Peace Conference of the Sino-Japanese war, and was a sniper for the force of the Government. 0/1901 finishes his term at Tokyo Imperial University, and then became St. Luke's International Hospital Chief 0/1905 sank due to pulmonary tuberculosis and diabetes in Kamakura.

Sleeping in the Aoyama reien foreign cemetery.
***
Otsu incident The University of Tokyo

auto-translate rwin von Baelz (Erwin von baelz) 1849年-1913年

出生在德国南部的 beatichheim。 在图宾根大学医学院临床医学专业录取,以从莱比锡大学的最高荣誉毕业。 佐良元的年度 1 医学留学生莱比锡大学医院和医院,入院,应邀到东京 igakko yawara 喷泉桥至 0/1876年。 0/1902年 26 年、 医学、 教育和医疗,奠定了我国医学的基础。 0/1881年担任首席教师从东京大学医学院临床医学专业。 恙虫病、 肺吸虫、 浴疗法、 人类学、 民族学研究和发现世界上第一肺癌吸收昆虫鸡蛋等。 退休后担任法院医生,返回到 0/1905 年。 日记的皮带被称为历史文献记录日本近代化。 0/1913年死于动脉瘤。

朱利叶斯 · 卡尔 Scriba (朱利叶斯 · 卡尔 scriba) 1848年-1905年

在黑森大公国 lindheim 出生。 学习了的医学在海德堡大学担任助理在弗赖堡大学部的手术。 0/1881 年在日本,奠定了在日本从事 20 年在东京大学医学院临床医学专业的教育、 医疗治疗手术。 被称为介绍使用骨科止血带无菌和不流血的手术。 俄罗斯王子攻击 Otsu 0/1891年治疗和李鸿章 0/1895年出席和平会议的中日战争,并且是狙击手力的政府。 0/1901年完成他长期在东京帝国大学,然后成为了圣路加国际医院首席 0/1905年因肺结核和糖尿病在镰仓沉没。 睡在青山 reien 外国公墓。

***
大津事件
东京大学

Erwin von Baelz (エルウィン・フォン・ベルツ) 1849~1913

南ドイツのビーティヒハイムで生れる。チュビンゲン大学 医学部に入学し、ライプチヒ大学医学部を最優秀の成績で卒業した。ライプチヒ大学 病院に入院した第一回医学留学生の相良元貞 を診察したことがきっかけとなり、明治9年に下谷和泉橋時代の東京医学校に招聘された。明治35年までの26年間、内科学の教育と診療にあたり、わが国の内科学の礎を築いた。明治14年以後は東京大学医学部の外国人教師の主任を務めた。ツツガムシ病、肺ジストマ、温泉療法、人類学、民族学などを研究し、世界で最初に肺吸虫卵を発見した。退任後は侍医を務め、明治38年に帰国した。「ベルツの日記」は日本の近代化を記録した歴史的資料として知られる。大正2年に大動脈瘤により没した。

Julius Karl Scriba (ユリウス・カール・スクリバ) 1848~1905

ヘッセン大公国ラインハイムに生れる。ハイデルベルグ大学 で医学を学び、フライブルク大学外科で助手を務めた。明治14年に来日し、20年間にわたり東京大学 医学部で教育・診療に従事し、わが国の外科学の礎を築いた。無菌手術とエスマルヒ駆血帯を用いた無血手術を導入したといわれる。明治24年に大津で襲われたロシア皇太子の治療と明治28年に日清戦争の講和会議に出席して狙撃された李鴻章 の治療のため、政府より派遣された。明治34年に東京帝国大学での任期が終了、その後、聖路加国際病院主任に就任したが、明治38年に肺結核と糖尿病により鎌倉で没した。青山霊園外国人墓地に眠る。

***
大津事件
東京大学

テキスト化

hanacoco
2016-08-22 00:47 (18)
hanacoco
tenma
2016-08-21 10:23 (686)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

hanacoco hanacoco 6ヶ月

#<User:0x0000000b5a8b78>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/06/14)
タグ: 東京大学 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
hanacoco (2016/06/14)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
タグ: 加賀藩 前田利常 九谷焼 後藤才次郎 auto-translate 一里塚 東京都 文京区
hanacoco (2016/07/19)
タグ: 東京大学 ベルリン大学 佐藤三吉 司馬凌海 青山胤道 水谷徹也 auto-translate スクリバ 東京都 文京区
hanacoco (2016/07/19)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
タグ: 東京大学 石垣 安山岩 溶結凝灰岩 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
タグ: 東京大学 朝倉文夫 ベルリン大学 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
タグ: 東京都 文京区