Monumento

岩亀楼の石灯籠

hamanobakeneko

2014/09/17

タグ: 横浜公園 神奈川県 横浜市中区

案内板

auto-translate Stone lantern of 岩亀
Yokohama public park area until the end of the Edo period in iriumi reclamation 0/1856 (1856 years) to the said person Nitta.
Yokohama, further reclamation Nitta swamp approximately 15000 square meters, and named the port of Cape Town, and opened 岩亀 building, such as in, opening flourished as an international meeting place.
Port of Cape Town region destroyed in the great fire of Keio two years (1866 years) ( aka pig shop fire ) and land awkwardly on at that time at the request of resident foreigners to play as Park, was born 0/1876 (1876 years) Japan's first Western-style Park (Yokohama Park).
Initially, and disadvantages Park, commonly called 0/1899 (1899 years) moved from the jurisdiction of the Kanagawa Prefecture Yokohama city administration, led to today is open to the public.
This lantern, connected 岩亀-Lou is carved on a stone from the 岩亀 building that was donated to the city of Yokohama (Yokohama port Museum) wonderful Temple (Minami-ku, Miharu units).
岩亀 Lou, first built in the port of Cape Town, burned in the great fire of Keio two years, been around since moved Eiraku-cho 0/1883 (1883 years), 0/1884 have gone out of business. Not known or when Meiji era first around what may be this lantern, was moved to the wonderful Temple.
Said that one thing a valuable cultural asset for Yokohama lost relics of civilization and enlightenment for many by the earthquake and war damage.
12/1982 Yokohama-shi

auto-translate 岩亀的石灯
横滨直到结束在填海工程 iriumi 0/1856年江户时代 (1856 年) 向该人新田公共园区。
横滨市进一步填海新田沼泽面积约 15000 平方米,名叫开普敦港口和打开岩亀大厦,如,开放作为一个国际会议的地方都能茁壮。
在庆应义塾两年 (1866 年) 又称猪店这场大火中被毁的开普敦港口地区开火) 和土地笨拙地在外国居民的要求,作为公园玩,当时,出生 0/1876年 (1876 年) 日本第一个西式公园 (横滨公园)。
最初,和缺点公园,通常被称为 0/1899 (1899 年) 从神奈川县横滨市行政管辖范围移动导致今天是向公众开放。
这盏灯,连接的岩亀楼是从被捐赠给横滨市 (横滨港口博物馆) 美妙的寺庙 (南 ku,三春单位) 的岩亀大厦的一块石头上刻的。
岩亀楼先建在开普敦港口,在庆应义塾这场大火烧了两年,一直围绕自搬永乐町 0/1883 年 (1883 年),0/1884年也已经停业。
没有已知或明治时代首先大约什么时候可能这盏灯,被移到美妙的寺庙。说一件宝贵的文化资产,为横滨失去了悠久的文明遗迹和对许多人因地震及战争损坏的启示。
12/1982 年
横滨市

岩亀楼の石灯籠
 横浜公園 一帯は江戸時代の末期までは入海で、安政三年(一八五六年)に埋立てられ太田屋新田といった。
横浜開港にともない、新田の沼地約一万五千坪が更に埋立てられ、港崎町と命名され、その中に岩亀楼などが開業し国際社交場として栄えた。
港崎町一帯は慶應二年(一八六六年)の大火(通称豚屋火事)で焼失し、跡地は当時在留の外国人の要望で公園として再生することにきまり、明治九年(一八七六年)日本最初の洋式公園(横浜公園)が誕生した。
当初、彼我公園と俗称され、明治三十二年(一八九九年)神奈川県の所管から横浜市の管理に移り、市民に公開され今日に至った。
この灯籠は、妙音寺(南区三春台)から横浜市(横浜開港資料館)に寄贈されたもので、石に刻んである「岩亀楼」の文字から、岩亀楼にちなむものであることがわかる。
岩亀楼は、はじめ港崎町に建てられ、慶應二年の大火で類焼、以後二転三転して明治十六年(一八八三年)永楽町に移り、明治十七年に廃業した。
この灯籠は明治初年頃のものと思われるが、いつ妙音寺に移されたかは判明していない。震災、戦災によって多くの文明開化期の遺物を失った横浜にとっては貴重な文化財の一つといえよう。
昭和五十七年十二月
横浜市

テキスト化

ogaworks
2014-10-15 08:57 (518)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
monumento (2014/02/18)
タグ: 陸奥宗光 高嶋嘉右衛門 高嶋嘉兵衛 太田徳次郎 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 中居屋重兵衛 生糸 中居屋 横浜開港見聞誌 auto-translate 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/16)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2015/01/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/16)
タグ: 神奈川県 横浜市中区