Monumento

横浜公園の歴史

hamanobakeneko

2014/09/17

タグ: 神奈川県 横浜市中区

案内板

auto-translate Yokohama Park history Yokohama Park began was the great fire of Edo period 1866 ( 0/1866 ) struck Yokohama in 11 months.
Placing the ruins of Nitta rated fire-fire mitigation, approximately one-third of the open ports, tied contract Yokohama settlement mods and horse racing Park Cemetery between the shogunate and various foreign countries, were burnt down in the great fire of old person port of Nagasaki (miyozaki) yukaku, both foreigners and Japanese are available "public park" was established. Park was planned in an integrated manner that separates foreign settlement and Japanese urban fire road (Japan main street) and the Pavilion was Hara designed by British engineer Blanton ( R.H.Brrunton ), Kanagawa Prefecture charge implementation design.
As a park and opened in February 1876 ( 0/1876 ), available to both sides of residence foreigners and Japanese now called each other (degenerate) Park.
Yokohama Park and then continues after 0/1975 current Yokohama stadium was built after the takeover in early Meiji era end Park area became Yokohama city administration, made reconstruction from the great Kanto earthquake, and after the end of the war, and a major remodeling across three times.
Arbor memorial monument by citizens took refuge in Yokohama Park perimeter now also posted Park Center fountain, with a longitudinal Groove scratch tiles heritage during a disaster recovery, in the Park, hip wall, earthquake, such as exists, and 2007 ( 0/2007 ) in February Japan Boulevard and Yamashita Park and along with country registration Memorial scenic spot and now.
Edited by: Yokohama city development Memorial Hall 0/2011 Yokohama city environmental planning Bureau.

auto-translate 横滨公园历史
横滨公园开始了江户时期 1866年 0/1866年) 大火袭击横滨 11 个月。放置的新田额定的火缓解,大约三分之一的打开的端口,捆绑合同横滨沉降 mods 和赛马公园公墓幕府与各种外国之间,旧人长崎港 (miyozai) 游鹤这次大火中被烧毁的废墟,外国人和日本都可用"公共公园"成立。
公园计划以综合的方式分隔外国人的定居点和日本城市消防道路 (日本主要街) 和亭子是由英国工程师布兰顿设计的哈拉 R.H.Brrunton),神奈川县负责实现设计。作为一个公园和打开在二月 1876年 0/1876年),提供给双方的外国人居留和日本现在被称为彼此 (退化) 公园。
横滨公园和后 0/1975年当前横滨体育场建成后在早期明治时代结束公园地区收购成为横滨城市管理,使重建从关东大地震,和结束这场战争,与主要的重塑跨三次后,然后继续。
在横滨公园周边现在也已过帐的公园中心喷泉,在灾难恢复,在公园、 髋关节墙、 地震、 纵向沟槽划痕瓷砖遗产如存在和 2007年 0/2007年) 在 2 月的乔木纪念碑由公民避难日本大道和山下公园以及国家登记纪念景区和现在。
编辑: 横滨市发展纪念馆
平成 29 年横滨市环境规划局。

横浜公園の歴史
 横浜公園誕生のきっかけは、幕末の1866(慶応2)年11月に横浜を襲った大火でした。開港場のおよそ三分の一を焼失した火災を受けて、幕府と諸外国との間で「横浜居留地改造及競馬場墓地等約書」が結ばれ、大火で全焼した旧太田屋新田の港崎(みよざき)遊郭の跡地に、外国人と日本人の双方が利用できる「公けの遊園」を設置することが定められました。
 公園は外国人居留地と日本人市街地を隔てる防火道路(日本大通り)と一体的に計画され、イギリス人技師ブラントン(R.H.Brrunton)による原設計をもとに、神奈川県が実施設計を担当して造営されました。1876(明治9)年2月に開園し、居留外国人と日本人の双方が利用できる公園として「彼我(ひが)公園」と呼ばれるようになりました。
 その後の横浜公園は、園域全体が横浜市の管理となった明治末期、関東大震災からの復興を遂げた昭和初期、そして終戦後の接収を経て、現在の横浜スタジアムが建設された昭和50年代と、三度にわたる大きな改造を経て現在に至っています。
 現在も園内には、震災復興時の遺産として、公園中央の噴水池や縦溝入りのスクラッチタイルを貼った外周の腰壁、震災時に横浜公園に避難した市民による謝恩植樹記念碑などが現存しており、2007(平成19)年2月には、日本大通り・山下公園とあわせて国の登録記念物(名勝地)となりました。
監修:横浜市発展記念館
平成23年 横浜市環境創造局

テキスト化

2014-09-17 13:10 (613)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 横浜公園 神奈川県 横浜市中区
kawa_sanpo (2017/03/04)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
monumento (2014/02/18)
タグ: 陸奥宗光 高嶋嘉右衛門 高嶋嘉兵衛 太田徳次郎 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 神奈川県 横浜市中区