Monumento

どまん中ふくろい

kawa_sanpo

2016/06/20

タグ: 袋井宿 静岡県 袋井市

案内板

auto-translate Middle bag.
Tokaido Honjin Honjin in the Edo period feudal lords and nobles, government officials who refers to the hotel to rest, or stay the night. Kanei shougun system has begun accelerating improvement from the years around the base is always placed in the post town of 5.
Unlike Honjin inns can accommodate visitors are allowed in the special build a gate, door, terrace and influential people of the town were allowed family name wearing a sword, the main character of the Honjin.
Base lodging Fukuroi-Juku-Higashi team situation Fukuroi city designated cultural properties describing the status of the 17 years between 0/1618 (1618) and 0/1634 (1634) "base your guestbook" from wells.
An act clan system initial 2 years after starting with Fukuroi-Juku was established is very valuable. Stated that is extremely simple, use of the closed-is mentioned only by night, closed night charge, and users. To organize closed nights of every month over the past 17 years is all about, and as a whole exceeds and breaks and are both 30. Slightly break often, but almost half and half and the lodging establishment of other than 15 years late, but since it opened accommodation is quite active was considered. Also use number of times throughout the year, and about 20 to 40 times a year, the vast majority 0/1626 is (16 d 6) and 0/1634 (1634) offers over 70 times by the influence of generals cospatio is worth noting. Also, with regard to the use of monthly compared to other 附ki for December is larger.
Shougun is institutionalized, the Tozama daimyo shift ended April 1 and fdai large name change during June many became, but cannot because unfortunately this book is is divided by 0/1634 (1634), revised the Buke of shipwrecked next year system of sankin, knowing the situation since the holiday night.
Considered were utilized for the ISE Kobe Castle 15000 stone MH naomori and Mikawa country treasure County katahara Gosen, Matsudaira Qing was reused Higashi honganji team in 17 years to and from the territory and the Edo period.
Use of the Honjin Take advantage of the Honjin daimyo such procedures. First for each base reportedly closed night booking, if available from the Honjin submits the confirmation. Originated the harbinger to avoid this after the 差合 and the other Lords, vassals, Lords from meet up prior to the harness into the local's accommodations, hoisted on deck, lined curtain with crests on the front door, light a lantern, and formal dress is the base b and the slip Inn.
Given the preparation time for 4:00 Customs is the departure of the matrix 1:00-was probably the 2 at getting up.
Management system of Honjin It was not closed per night fee is the main income of the Honjin, but especially determined to leave night fee, referred to as "his gift" personality. Higashi honganji staff using numerous "naomori Ichiyanagi and Matsudaira Qing consistent sentences from 2 sentences (1000 statements-2000) had paid lined coat, Katabira (taremaku), cloth and paper, as well as the money that often seems. Also there was Imperial and various types of assistance from the floor (d) is difficult to maintain which means holiday nights always exceeded 00 square edifice that was struggling.
Said "rarely is back 10 you pay 50, pipe" quite as was required on a replenishment of these items is taken away to the base provided, like bowls, plates and other furniture from hateha to folding screens, bedding, clothing and spending. Gradually from when aggravating financial management of the Honjin, are slightly more during the Boshin dragon war, after the Meiji Restoration, Tashiro home base go out of business, resigns post of tenma-Office (from Tonya renamed 6/1868). Postal servicesCombine with the opening of the Commission was the Commission, building of Higashi honganji and Fukuroi post office first.

auto-translate 中间包。

东海道本阵
本阵在江户时期封建地主和贵族,政府官员,他们指的是酒店休息,还是留下来过夜。 兼井 shougun 系统已开始加速改进从基地周围年始终放在 5 邮政镇。 与本阵饭店可容纳不同特殊内部版本允许参观门、 门、 阳台和有影响力的人的小镇被允许姓戴着一把剑,本阵的主要特征。
基地食宿
Fukuroi-补习-东银团队情况 Fukuroi 市指定描述状态的 0/1618年 17 年间的文化属性 (1618) 和 0/1634年 (1634)"基地意见簿"从井中。 初始的行为氏族制度 2 年后开始与 Fukuroi 补习成立是非常宝贵的。
说那就是极其简单,使用封闭-只有晚上,封闭的晚上充用户所提及。 组织封闭夜晚在过去的 17 年里每个月都只是作为一个整体超过和打破和两个 30。 略有打破经常,但几乎一半,另一半和审议其他住宿建立比 15 年较晚,但自从它打开的住宿是相当活跃。 此外使用次数在全年中,大约每 20 年至 40 倍,绝大多数 0/1626年是 (16 d 6) 和 0/1634年 (1634) 提供超过 70 倍的将军 cospatio 的影响值得注意的是。 此外,与顾及每月 12 日相比其他附ki 的用途是大的。 Shougun 制度化、 外样大名转移结束 4 月 1 日和 6 月许多人成为了,但不能因为不幸的是这本书是戴姆勒大名称变化除以 0/1634年 (1634 年),订正不渴遇船难者下一年制的羟,知道假日晚上以来的情况。
被认为是用于伊势神户城堡 15000 石头 MH 真盛和国之瑰宝三河县方原纤,重用 Matsudaira 清东本愿寺团队在 17 年,从领土和江户时代。
本阵的使用
本阵大名利用这种程序。 首次预订,每个基地据报封闭过夜如果索取本阵提交确认。 发源于预兆来避免这种情况后差合和其他上议院,附庸国,从见面前到当地的住宿、 束悬挂在甲板上上, 议院内衬与波峰上前门,灯一盏提灯,幕和礼服是基地 b 和滑移客栈。 海关给出的 4:00 的准备时间是离境的矩阵 1:00-可能是在起床 2。
本阵管理系统
它没有关闭每晚费用是主要收入来源的本阵,但尤其是下定决心要离开称作是"他的礼物"人格的过夜费。 东银本愿寺工作人员使用众多"真盛 Ichiyanagi 和 Matsudaira 清支付了一致的句子从 2 句子 (1000年语句-2000) 内衬外套、 卡塔比亚 (taremaku)、 布和纸,以及经常看起来的钱。 也有被帝国和各种类型的援助从地板 (d) 很难保持这意味着节日的夜晚总是超过 00 平方米的大厦而陷入困境。 说:"很少是回你支付 50,10 管"很是需要补充这些项目带走到基地提供,像只碗、 盘子和其他家具从 hateha 到屏风、 床上用品、 服装和支出。
逐渐从时加重财务管理的本阵,是稍微戊辰龙战争期间之后明治维新时期,田大本营歇业,辞职天马办公室一职, (从托尼亚更名为 6/1868年)。 邮政服务开放结合是委员会的委员会、 东银大厦本愿寺和 Fukuroi 邮局第一。

どまん中ふくろい

東海道の本陣
 本陣とは江戸時代に大名や公家、幕府の役人なごが宿泊したり、休憩する宿泊施設のことです。参勤交代の制度が始まった寛永年間ごろから整備が本格化し、五街道の宿場にはかならず本陣が置かれていました。本陣は一般の旅行者が宿泊できる旅籠とは違い、門・玄関・式台などを造ることが特別に許され、宿場の有力者が本陣の主人となり、苗字帯刀を許されていました。
本陣の宿泊
 袋井宿 東本陣の利用状況は元和四年(一六一八)から寛永十一年(一六三四)までの十七年間の状況を記した袋井市指定文化財「本陣御宿帳」からうかがい知ることができます。袋井宿が開設されてから二年後に始まる幕藩体制初期の宿帳は大変に貴重なものです。
その記載は極めて簡略で、利用の月日、休・泊の別、休泊料、そして利用者のみの記載となっています。この十七年間のすべてについて、月ごとにその休泊の状況を整理すると、全体として宿泊と休憩とはいずれも三〇回を越えています。若干休憩が多いようですが、ほぼ半々となっており、宿の設置は他の宿場より十五年遅れましたが、開設当初から宿泊の利用がかなり盛んであったと考えられます。また、年間を通しての利用回数をみると、二〇〜四〇回程度の年が大半で、寛永三年(一六ニ六)と寛永十一年(一六三四)は将軍の上洛の影響によって七〇回を越えて利用されていることは注目されます。また、月別の利用をみると、他の附きに比べて十二月の利用が多くなっています。参勤交代が制度化されて以降は、外様大名の交代期四月と、譜代大名の交代期六月が多くなったようですが、残念ながらこの宿帳は寛永十一年(一六三四)まででおわっているため、その翌年に武家諸法度が改訂され、参勤交代が制度化されて以降の休泊の状況を知ることはできません。
 十七年間で繰り返し東本陣を利用したのは伊勢国神戸城一万五千石の一柳直盛と三河国国宝郡形原五千石の松平清直で、領地と江戸を往復するのに利用したと考えられます。
本陣の利用
 大名が本陣を利用するにはそれなりの手続きがありました。まず各本陣に対して休泊の予約を伝え、利用可能なら本陣から請書を提出します。この後、他の大名との差合を避けるために先触れを発し、家臣は大名の発駕に先だって現地に入り、宿割りを行い、関札を掲げ、玄関には定紋付きの幕を張り、提灯を灯し、本陣当主は礼装して宿はずれまで出迎えます。行列の出発は午前四時頃が慣習であったため、準備の時間を考えると午前一時~二時の起床であったと考えられます。
本陣の経営
 本陣の主たる収入は休泊料ですが、この休泊料に特に定められたものはなく、「御祝儀」と呼ぶにふさわしい性格のものでした。東本陣を数多く利用した「一柳直盛と松平清直は一貫文から二貫文(千文~二千文)でしたが、金銭だけでなく、袷羽織・帷子(たれまく)・反物・色紙などで支払われることも多かったようです。また幕府から下賜金や各種の補助がありましたが、建坪ニ〇〇坪を越える大建造物を、つねに休泊に応じられるように維持することは大変な苦労でした。「きせるなどは五〇本出せば一〇本返ってくるのはまれである」といわれたように、本陣備え付けの椀・皿などの什器類から、はては屏風・布団・衣類にいたるまで持ち去られ、これらの補充に要する出費もかなりのものだったようです。
 本陣の経営は享保の頃からしだいに苦しくなり、戊辰戦争時には利用率が若干多くなりますが、明治維新以後、田代家は本陣を廃業し、伝馬所(明治元年六月に問屋場から名称変更)の元締役となりました。郵便業務の開業とともに、その取次所も兼ねることとなり、東本陣の建物は、最初の袋井郵便局となりました。

テキスト化

tenma
2016-07-01 14:02 (1525)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 東海道宿村大概帳 袋井市教育委員会 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 袋井宿 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 照姫 藤原宗茂 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 袋井宿 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 高札場 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 常夜灯 秋葉講 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 東海道五十三次 袋井宿 袋井市教育委員会 静岡県 袋井市
kawa_sanpo (2016/06/20)
タグ: 静岡県 袋井市